ピースホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

宮崎県のピースホーム口コミや評判

ピースホームの詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(4.2)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
ARCHI(アーキ)本体価格の目安:1600万円~坪単価の目安:45万円~
CRAFT(クラフト)本体価格の目安:1400万円~坪単価の目安:40万円~
ウッドボックス/カーサ本体価格の目安:1000万円~/1350万円~坪単価の目安:36万円~/45万円~
断熱材
DCPウォールor現場発泡ウレタン
窓仕様
サーモスX
制振装置
制震装置ミライエ

目次

ピースホームってどんな会社!?

ピースホームは宮崎県に本拠を構える地域密着型の工務店です。

デザイン性に優れたオリジナルの注文住宅・規格住宅をメインで取り扱っていますが、《ウッドボックス》や《カーサキューブ》といった人気の規格住宅ブランドのフランチャイズにも加盟しています。


ウッドボックス
・ピースホーム加盟の「ウッドボックス」
全国フランチャイズ展開している規格住宅ブランド「ウッドボックス」は、本体価格1000万円前後ながらも「内装漆喰壁」や「無垢の床材」などが標準装備!「耐震等級3相当」「省エネ等級4相当」の住宅性能も魅力です!

カーサシリーズ
・ピースホーム加盟の「カーサ」
全国にフランチャイズ展開している規格住宅ブランドで、主力商品の「カーサキューブ」は外壁にドイツ製の塗り壁仕上げを採用したお洒落なシンプルスタイルが人気です。他にも12種類の商品ラインナップが用意されているのでチェック推奨です!

上記のフランチャイズブランド以外にも、ピースホームではオリジナル商品もラインナップしています。

こちらのオリジナル商品もかなり魅力的なのでご注目下さい。

オリジナル商品「ARCHI(アーキ)」と「CRAFT(クラフト)」は「耐震性能」「制震性能」「意匠性」「断熱性能」を重視した家づくりを重視しています。

特に「耐震性能」に関しては、熊本地震の被害が大きかった九州エリアでは重視すべき項目になると思います。ピースホームのオリジナル商品「ARCHI(アーキ)」なら、熊本地震で半壊・全壊ゼロの実績を持つ制震装置「ミライエ」が標準装備されています。

制震装置ミライエ

また「意匠性」の面では、外壁の塗り壁仕上げが標準装備されている点は見逃せません。塗り壁の外壁は高級注文住宅で採用されるケースが多く、エクステリアに高級感と重厚感を与えてくれます。ピースホームの大きな魅力の一つです。

そしてこの塗り壁には、継ぎ目がなく高い断熱性能を誇る「DCPウォール」が採用されています。この「DCPウォール」は断熱効果の高い「外張り断熱仕様」が施されているので、標準仕様のままで「高気密高断熱住宅」を実現する事が出来ます。

お洒落なデザインと住宅性能が魅力のピースホームは、宮崎県で一戸建てを検討するなら、候補に含めておきたい1社だと思います。興味をお持ちの方は、まずはカタログのお取り寄せをして、どのようなマイホームを実現可能かチェックしてみては如何でしょうか。

また、他の工務店のチェックも同時にされる事を推奨致します。比較をしっかり行う事で、マイホーム計画で失敗する事を防ぐ事が可能ですし、相場感も養われます。値引き交渉を行う際の大きな武器にもなるので、数社分のカタログを一緒にお取り寄せして、しっかりと比較検討を行うようにしましょう。

ピースホームの会社概要

工務店名ピースホーム
会社名株式会社ピースホーム
所在地宮崎県 宮崎市 江平西1丁目1-21
電話番号0985-33-9700
代表者福留 秀和
設立1982年
資本金調査中(百万円)
売上高調査中
従業員数26名
着工数調査中件
施工エリア宮崎県
キャッチコピー家造りの主人公は建物ではなく家族です。
売り文句・強み建築家と造る高性能な住まい、「ウッドボックス」「カーサ」などFC商品も施工可能。

ピースホームの価格や坪単価を知る

ピースホームでは2つのオリジナル商品を用意しています。完全自由設計の「ARCHI」と、規格住宅タイプの「CRAFT」、どちらを選んでも高性能住宅を実現する事が可能です。フランチャイズに加盟している2つの規格住宅ブランド「ウッドボックス」「カーサ」の商品も取り扱っているので興味がある方はチェック推奨です。

ARCHI(アーキ)

  • 本体価格の目安:1600万円~
  • 坪単価の目安:45万円~
「建築家と造る高性能の家」をコンセプトに掲げたピースホームのオリジナル商品です。こちらのプランは建築家とコラボし、施主と丁寧にヒアリングを行った上でデザインに拘った住まいを実現する事が出来ます。デザイナーズ建築のような洗練された「デザイン性」と、安全で快適な「住宅性能」を両立する事が可能です。外壁が塗り壁仕上げなのも大きな魅力の一つです。
ARCHI(アーキ)外観画像
ARCHI(アーキ)内覧画像1
ARCHI(アーキ)内覧画像2

ARCHI(アーキ)の特徴

  • デザインにとことん拘れる自由設計
  • DCPウォール断熱で「UA値0.56以下」
  • 制震装置「ミライエ」標準装備

CRAFT(クラフト)

  • 本体価格の目安:1400万円~
  • 坪単価の目安:40万円~
過去の施工事例や建築家が過去に手掛けたプランを基に、そこから自分好みにカスタマイズをしていく規格型ベースのセミオーダー住宅です。ゼロから設計していく「ARCHI」に比べてストレスのないスピーディーな家づくりが可能で、規格住宅なのでコストを大幅に抑える事も可能です。
CRAFT(クラフト)外観画像
CRAFT(クラフト)内覧画像1
CRAFT(クラフト)内覧画像2

CRAFT(クラフト)の特徴

  • 規格住宅ベースからのカスタマイズ
  • 現場発泡断熱で高気密高断熱
  • セルフクリーニング機能付き外装材

ウッドボックス/カーサ

  • 本体価格の目安:1000万円~/1350万円~
  • 坪単価の目安:36万円~/45万円~
ピースホームが加盟しているフランチャイズの規格住宅ブランドです。ウッドボックスは超ローコスト価格の住まいが特徴で、本体価格1000万円前後から新築可能です。カーサシリーズは上質なデザイン住宅を価格を抑えながら提供する人気の規格住宅ブランド。どちらも多彩な商品が用意されているので、一度はチェックしておく事を推奨致します。
ウッドボックス/カーサ外観画像
ウッドボックス/カーサ内覧画像1
ウッドボックス/カーサ内覧画像2

ウッドボックス/カーサの特徴

  • フランチャイズ加盟の規格住宅ブランド
  • ウッドボックスはローコスト価格
  • カーサはデザイン性が魅力

ピースホームの家の住宅性能を確かめる

ピースホームで家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

図解でわかる!ピースホームの住宅性能

【解説】
ピースホームは複数のフランチャイズ規格住宅ブランドに加盟していますが、こちらの項目はピースホームオリジナル商品の住宅性能から評価をしたいと思います。

ピースホームでは全棟で耐震等級3相当の設計を目指しています。構造計算をしっかり行った上で、ベストな提案をしてくれるので、施主としても安心して依頼する事が出来ます。また制震装置が標準装備されている点も強調材料です。

断熱性能に関してはDCPウォールを採用した場合は「外張り断熱工法」、それ以外の場合でも標準で「現場発泡ウレタン断熱」が採用されます。DCPウォールを採用した場合は宮崎県のZEH基準値をクリアする高気密高断熱住宅を実現する事が出来ます。


ピースホームの耐震性および耐震等級を知る

ピースホームでは設計自由度の高い在来工法(木造軸組工法)を採用しています。在来工法は柱や梁で建物を支える構造御為、接合部に地震エネルギーが集中し易い弱点がありますが、ピースホームでは「ブレスターZ」という筋交い接合金物を採用する事で建物強度を高めています。他にも適材適所に耐力面材を使用する事で、壁で建物を支える構造とする事で高い耐震性能を実現しています。

ピースホーム耐震金物

またピースホームの「ARCHI(アーキ)」では、耐震等級3(最高等級)前提の設計を提案しています。構造計算を行い、間取りの自由度を損なう事無く理想の提案を行う、これこそがプロの設計士の仕事です。デザイン性と機能性を両立した住まいを実現する事が出来るのは大きな魅力でしょう。

尚、ピースホームでは制震ダンパー「ミライエ」が標準装備されています。地震エネルギーを吸収し、熱エネルギーに変換して放出する技術で、熊本地震で半壊・全壊ゼロの実績を持つ制震装置が標準装備されているのは嬉しいポイントになるのではないでしょうか。


ピースホームの断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

ピースホームのオリジナル商品は完全自由設計の「ARCHI」と、規格住宅タイプの「CRAFT」が用意されていますが、断熱仕様は以下の2通り用意されています。

・DCPウォールの外張り断熱仕様
完全自由設計の「ARCHI(アーキ)」では、外壁塗り壁仕上げと断熱材が一緒に同封されているDCPウォールによる「外張断熱工法」が標準採用されています。外張り断熱工法は寒冷地エリアで採用される事の多い断熱工法で、柱や梁の外側から囲い込むように断熱材が施工されているので、家の中が魔法瓶のような効果に期待する事が出来ます。ピースホームの「ARCHI(アーキ)」では、この断熱仕様を採用する事で「UA値0.56以下」を実現する事も可能です。

・現場発泡ウレタン断熱仕様
または規格住宅ベースの「CRAFT(クラフト)」では現場発泡の硬質ウレタンフォームが標準仕様。現場で発泡するので隙間なく施工する事が出来、高気密高断熱住宅を容易に実現する事が可能です。尚、ピースホームが標準仕様として採用している「アクアフォーム」は水で発泡するので環境と人の健康に優しい特徴があります。

尚、窓断熱にはアルミと樹脂の複合ハイブリッド窓「サーモスX」が採用されています。

ピースホームの実例を一部紹介

ピースホームの実例1
ピースホームの実例2

外装を塗り壁仕上げにする事でお洒落なエクステリアになります。特に南欧風のかわいい家が女性に人気です。

ピースホーム実例3
ピースホーム実例4

こちらは加盟のフランチャイズ「カーサ」のデザイン住宅実例。完成度の高い住まいを実現可能です。

ピースホーム実例5
ピースホーム実例6

こちらも同じくフランチャイズ加盟の「ウッドボックス」の人気平屋プラン「バンガロー」です。本体価格1000万円前後で新築可能と価格の安さも魅力です。

ピースホームの保証やアフターサービスを紹介

マイホームを新築した場合、構造上重要な箇所と雨水の侵入を防ぐ箇所に関して、施工業者には最初の10年間は「瑕疵担保責任」が法律で義務付けられています。

ピースホームでも無償で受ける事が出来る初期保証期間として最低10年間は用意されている形となります。またピースホームでは「MEAS 長期20年保証」という外注の保証制度にも加入しているので、20年間の保証制度と最長60年目迄の保証延長制度を受ける事が可能です。こちらは瑕疵担保責任とは異なる保証制度となるので、詳しくは事前に確認を行うようにしましょう。

尚、それ以外にも「地盤保証20年」「白蟻保証10年」「屋根塗膜保証15年」など、複数の保証制度が用意されています。

ピースホームは値引きできる?

工務店値引き

マイホームはとても大きな買い物です。例え数%の値引きでも金額が大きいので数十万円~100万円以上のディスカウントとなる事も珍しくはありません。少しでも安く購入出来るのなら積極的に値引き交渉を行うべきです。

基本的に注文住宅業界は値引き交渉が当たり前のように行われている傾向があり、多くのハウスメーカーや工務店で値引きに応じて貰えるケースが多々あります。値引き額の相場としては本体価格の5%程度が一般的ですが、値引き交渉のやり方やタイミング次第でももっと大きな譲歩を引き出せる場合もあります。

また、金額面での値引き交渉が難しい場合でもオプションをサービスして貰えたり、カーテンや照明などの設備をサービスして貰えたりする場合もあります。少しでもお得にマイホームを新築したいとお考えの方は、下記の値引き交渉のコツや、効果的な交渉等をまとめた特集ページをチェックしてみて下さい。

ピースホームの口コミから評判を確認

【ピースホームへの口コミ】
カフェ風のお洒落な家にしたいとずっと考えていたので、最初はフランチャイズのFREEQを考えていました。ただ、ピースホームさんのオリジナルの方が間取りの変更に融通が利き易いたので、そちらでお願いする事に。ガルバリウム鋼板の外壁ウッド調の外壁を併せると高級感とカフェっぽい雰囲気になったので凄く気に入ってます。耐震等級3と聞いていますし、制震ダンパー装備してあるのは安心感があります。

【ピースホームへの口コミ】
箱型の家ってデザイナーズ住宅みたいで格好良いですよね。宮崎県の海岸沿いに家を建てるならカリフォルニアスタイルか箱型の白い家って考えていたので、色々調べていく内にピースホームさんに行き着きました。外壁を白の塗り壁仕上げにして貰ったので、イメージ通りのお洒落な家が完成したと思います。

【ピースホームへの口コミ】
土地は無駄に広いので平屋建てを建てたいと考えていました。最初は大手ハウスメーカーを候補に考えていたのですが、予算的に厳しかったので地元の工務店にお任せしました。平屋でも昔っぽい家じゃなくて、今っぽいデザインが得意そうな工務店で言うと、宮崎ならピースホームさんだと思います。

【ピースホームへの口コミ】
ピースホームさんでウッドボックスのバンガローを建てました。規格住宅なので設計の自由度はありませんが、その分価格が安くて良い買い物をしたと思います。ウッドボックスの家は標準で内装の壁が塗り壁ですし、床が無垢材なので居心地がとても良いんですよ。これで本体価格1000万円程度なので本当におすすめです。

【ピースホームへの口コミ】
2021年にオリジナルの新商品を発売されたそうなのでとても気になってます。フランチャイズのビーノとかカーサとかも格好良いですし、どちらにするか悩みますね。選択肢が多いっていうのは施主側にしてみれば嬉しい事ですけど。来年には新築したいのでこれからじっくり吟味するつもりです。

ピースホームのインターネット上での口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

ピースホームの口コミ・評判をまとめると
  • FC含め商品ラインナップが豊富
  • お洒落なデザインが魅力
  • 制震ダンパーで安心
  • 断熱性が良くて快適

ピースホームはオリジナル商品の他に、複数の規格住宅フランチャイズに加盟しているので、完成度の高いデザイン住宅を低価格で実現する事が可能です。また徹底的にオンリーワンな家に拘りたい方には、完全自由設計の「ARCHI(アーキ)」も用意されています。選択肢が多いので、予算や要望に合った家づくりを実現する事が出来ます。

特にオリジナル商品の「ARCHI(アーキ)」では断熱材と外壁塗り壁が一緒になったDCPウォールが標準装備されています。こちらは北海道などの寒冷地で主流となる「外張り断熱工法」が採用されているので、高気密高断熱住宅を容易に実現可能となり、毎月の光熱費を大幅に節約する事が出来ます。また外壁塗り壁は意匠性が高く、高級注文住宅などで採用されるケースが多いので、エクステリアに高級感や重厚感を与える事が可能な点も魅力です。

価格を抑えた総合力の高いフランチャイズ商品と、徹底的に拘れる自由設計のオリジナル商品。どちらを選んだとしても洗練されたデザイナース建築のようなお洒落な家を目指せるのがピースホームの強調材料でしょうか。宮崎県でデザイン性に優れたマイホームを建てたいとお考えの方なら、候補に含めておく1社だと思います。

まずはカタログのお取り寄せをして、どのようなプランがあるのかチェックして頂く事を推奨致しますが、ローコスト住宅の場合は、出来れば同価格帯の競合他社も一緒にカタログを取り寄せて複数の会社をチェックしたいところです。

比較をしっかり行う事で、マイホーム計画で失敗する事を防ぐ事が可能ですし、相場感も養われます。値引き交渉を行う際の大きな武器にもなるので、数社分のカタログを一緒にお取り寄せして、しっかりと比較検討を行うようにしましょう。

関連記事

  1. ニッカホーム(ゼロイチ) らくママの家 外観

    ニッカホーム(ゼロイチ)の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. ヤマト住建

    ヤマト住建の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. フォーライフの口コミや評判

    フォーライフの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. トータテハウジングの口コミや評判

    トータテハウジングの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. タクトホーム

    タクトホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. カイテキホーム 茨城 口コミ 評判

    カイテキホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

工務店の対応エリアから選ぶ

工務店への最新口コミ