アイムホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

アイムホーム スティーモ(STYMO) 外観①

アイムホームの詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(4)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
スティーモ(STYMO)本体価格の目安:1800万円~坪単価の目安:60万円~
プローボ(PROVO!)本体価格の目安:1800万円~坪単価の目安:60万円~
プレタポルテ本体価格の目安:1740万円~坪単価の目安:58万円~
特に無し

目次

アイムホーム(沖縄県)ってどんな会社!?

アイムホームは沖縄県で近年、着工数を伸ばしている新進気鋭のビルダーです。

アイムホームは沖縄の気候風土に合った「鉄筋コンクリート造(RC造)」の家を手掛けている点が最大の特徴。

日本の一戸建て住宅は、全国的には木造建築が圧倒的に多数ですが、沖縄に限れば一戸建ての9割以上を鉄筋コンクリート造の建物が占めています。これは戦時中に沖縄の山林が焼けてしまい木材が手に入りにくくなったことも要因の一つですが、一番の要因は沖縄が台風被害の多いエリアだからでしょう。鉄筋コンクリート造の建物は非常に耐風性が高く、大きな台風にもびくともしません。

また鉄筋コンクリート造の家は耐風性だけでなく、耐震性・耐火性・耐水性・遮音性・耐久性などさまざまな住宅性能に優れています。鉄筋コンクリート造のアイホームは自然災害の多い沖縄の気候風土に非常に適した住まいです。

優秀な性能を誇る鉄筋コンクリート造の建物は木造や鉄骨造に比べて建築コストが高くなる点が弱点ですが、アイムホームの価格帯は「坪単価58~70万円」前後がボリュームゾーン。木造住宅と比べると若干高めではありますが、鉄筋コンクリート造としては比較的リーズナブルな価格帯です。アイムホームが着工数を伸ばしているのはリーズナブルな価格帯で、あらゆる災害に強い鉄筋コンクリート住宅を提供していることが大きな理由でしょう。

沖縄県で自然災害に強い堅牢なマイホームを建てたい方は、ぜひ一度アイムホームの住宅カタログをチェックしてみましょう。

なお、アイムホームという会社は日本全国に複数社存在しますが、当ページでは「沖縄県北谷町」に本社を置くアイムホームについての特集記事となります。

アイムホームの会社概要

工務店名アイムホーム
会社名株式会社アイムホーム
所在地沖縄県 北谷町 桑江251-2
電話番号098-989-1659
代表者渡久川 剛
設立2009年
資本金20(百万円)
売上高7400(百万円)
従業員数52名
着工数101件
施工エリア沖縄
キャッチコピーお客様の「想い」を第一に考えた、より良い「住まいづくり」
売り文句・強み沖縄の環境・風土に適した理想の住まいづくり

アイムホーム(沖縄県)の価格や坪単価を知る

次にアイムホームの具体的な価格・坪単価を割り出していきましょう。

アイムホームは自由設計の注文住宅商品とセミオーダーの規格住宅をどちらも手掛けています。この項目では、アイムホームの自由設計の注文住宅「スティーモ(STYMO)」「プローボ!(PROVO!)」、規格住宅「プレタポルテ」の3商品をピックアップして、参考価格とともにご紹介させていただきます。

スティーモ(STYMO)

  • 本体価格の目安:1800万円~
  • 坪単価の目安:60万円~
スティーモ(STYMO)はアイムホームの鉄筋コンクリート造で建てる自由設計の注文住宅です。直線的なフォルムが印象的なシンプルモダン風の外観となります。鉄筋コンクリート造ならではの重厚で高級感のある外観は非常に素敵です。頑丈な鉄筋コンクリート造の建物は地震や台風に非常に強い点も大きな特徴です。鉄筋コンクリート造の建物は木造建築に比べて建築コストが高いですが「坪単価60万円~」で自由設計の注文住宅が建てられるため、比較的リーズナブルな価格設定と言えるでしょう。
スティーモ(STYMO)外観画像
スティーモ(STYMO)内覧画像1
スティーモ(STYMO)内覧画像2

スティーモ(STYMO)の特徴

  • 鉄筋コンクリート造の自由設計注文住宅
  • 直線的なシンプルモダンの外観
  • 鉄筋コンクリート造ならではの重厚なデザイン
  • 地震・耐風などあらゆる災害に強い

プローボ(PROVO!)

  • 本体価格の目安:1800万円~
  • 坪単価の目安:60万円~
プローボ(PROVO!)も鉄筋コンクリート造で建てる自由設計の注文住宅です。プローボは南仏(プロヴァンス地方)のエレガントな邸宅イメージした輸入住宅風の外観が特徴的です。沖縄の太陽光に映える赤茶色のスペイン瓦や曲線を描くアイアンの装飾など非常におしゃれです。また、木造住宅では難しい、構造に曲線を多様するデザインも得意としています。価格設定は「スティーモ(STYMO)」とほぼ同価格帯となります。
プローボ(PROVO!)外観画像
プローボ(PROVO!)内覧画像1
プローボ(PROVO!)内覧画像2

プローボ(PROVO!)の特徴

  • 鉄筋コンクリート造の自由設計注文住宅
  • 曲線的でエレガントな輸入住宅風の外観
  • 鉄筋コンクリート造ならではの重厚なデザイン
  • 地震・耐風などあらゆる災害に強い

プレタポルテ

  • 本体価格の目安:1740万円~
  • 坪単価の目安:58万円~
プレタポルテはアイムホームがおすすめする高品質かつ低価格の規格住宅モデルです。ベースプランは「坪単価58万円~」と、自由設計の注文住宅よりも若干安い価格設定となっています。外観は2つのタイプから選べるほか、内装・間取りも豊富なプランが用意されています。構造躯体は通常の注文住宅と同様に堅牢な鉄筋コンクリート造となります。少しでも価格を抑えたい方にオススメのプランです。
プレタポルテ外観画像
プレタポルテ内覧画像1
プレタポルテ内覧画像2

プレタポルテの特徴

  • 鉄筋コンクリート造の規格型住宅
  • 外観は2つのタイプから選べる
  • 内装・間取りは豊富なパターンを用意
  • 地震・耐風などあらゆる災害に強い

アイムホームの家の住宅性能を確かめる

アイムホームで家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

図解でわかる!アイムホームの住宅性能

【解説】
それではアイムホームの住宅性能についてみていきます。

まず耐震性についてですが、アイムホームは建物の構造種のなかでも特に頑丈な「鉄筋コンクリート造(RC造)」で家を建てています。

鉄筋コンクリート造は文字通り「鉄筋」と「コンクリート」からなる構造で、内部の鉄筋は「引っ張る力」に強く、外部を覆うコンクリートは「圧縮する力」に強い性質をもっています。それぞれ異なる二つの性質が合わさることで、地震の縦揺れ・横揺れいずれにも強い耐震性を誇る住まいとなります。アイムホームの家は特に耐震等級を取得しているわけではありませんが、地震に対しては強い構造と言えるでしょう。

また鉄筋コンクリート造の家は、耐震性が高いだけでなく耐風性・耐火性・止水性も高いため、台風や火災、水害などほぼあらゆる災害に強いです。さらに鉄筋コンクリート造は安全性だけでなく、気密性・遮音性などの住宅性能も概ね木造住宅より優れています。ただし断熱性能に関しては、使用している断熱材や断熱層の厚み、窓断熱の仕様にもよりますので、断熱性については直接ヒアリングすることをオススメします。

このように全般的に非常に高い性能をもつ鉄筋コンクリート造の家は、木造や鉄骨造に比べて過酷な自然環境に長期間耐えられる点が大きな特徴です。台風が多く、雨も降りやすい沖縄では、鉄筋コンクリート造の家は非常に理にかなった住まいです。

なお、アイムホームの家は高い住宅性能を誇るうえ、鉄筋コンクリート造ならではの重厚なデザインも人気です。アイムホームでは、直線的なデザインを取り入れたシンプルモダンモデル、曲線的で柔らかい印象の輸入住宅風モデルを得意としており、いずれも高級感があります。重厚な見た目が好みの方は要チェックです。

アイムホームの価格帯はおおよそ「坪単価58~70万円」前後がボリュームゾーン。木造住宅と比較するとやや高めの価格帯に思えますが、鉄筋コンクリート住宅の価格帯(坪単価)としてはむしろリーズナブルな価格帯です。沖縄県で一戸建てマイホームを建てる以上、鉄筋コンクリート造の住まいにこだわりたい方は多いと思います。沖縄県でマイホーム計画を検討されている方は、ぜひ一度はアイムホームの住宅カタログをチェックしてみましょう。


アイムホームの耐震性および耐震等級を知る

次に「アイムホームの住宅は地震に対してどれほど強い家なのか?」という点についてもう少し掘り下げて解説していきます。

アイムホームの家は、建物の構造種のなかでも特に頑丈な「鉄筋コンクリート造(RC造)」で建てられています。鉄筋コンクリート造は「鉄の配筋」と「コンクリート」からなる構造ですが、内部の鉄筋は「引っ張る力」に強く、外部を覆うコンクリートは「圧縮する力」に強いというそれぞれ異なる性質をもちます。地震の横揺れには鉄筋の引っ張り耐性が有効で、地震の縦揺れにはコンクリートの圧縮耐性が有効のため、いずれに対しても高い耐震性が確保されています。

鉄筋コンクリート造はマンションや高層ビルなど大型の構造物にも採用されるとおり、非常に頑丈で地震にも強い構造です。アイムホームでは、特に耐震等級を取得しているわけではないようですが、鉄筋コンクリート構造の建物である以上、耐震性の面では心配はないと思われます。もし耐震等級にこだわる場合は、事前に「耐震等級3(最高等級)」を取得可能かどうかヒアリングすることをオススメします。


アイムホームの断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

次にアイムホームの断熱性能についてもう少し深堀りしていきますが、アイムホームの家は断熱性能については若干不透明な部分が多いです。断熱材の種類・厚み・断熱性の数値(UA値)などは基本的に公開されておらず、また気密性の数値(C値)も特に公開されていません。おそらく、アイムホームの施工エリアの沖縄県は国内でも非常に温暖なエリアなので、気密性・断熱性にはそこまで力をいれていないのかもしれません。

ただし、アイムホームの採用する鉄筋コンクリート造の建物は気密性は非常に確保しやすい構造です。C値に関しては極端に数値が悪いとは考えにくいです。おそらく平均以上の気密性は確保されているとは思われますが、気になる場合は必ず事前にC値の目安をヒアリングしましょう。

アイムホーム(沖縄県)の実例を一部紹介

次にアイムホームの手掛けた建築実例をいくつかピックアップしてみましょう。実例をご覧頂くとイメージしやすいはずです。

アイムホームの建築実例1
こちらはアイムホームのプローボの建築実例です。沖縄の青い空に白い外壁・スペイン瓦の赤茶が映えています。

アイムホームの建築実例2
白を基調とした広々リビング。大開口の窓で光も目いっぱい取り入れています。

アイムホームの建築実例3
こちらもプローボの建築実例です。鉄筋コンクリート造ならではの重厚な外観です。

アイムホームの建築実例4
広いバルコニーはウッドデッキ仕様に。

アイムホームの建築実例5
室内は木質感を感じるナチュラルな雰囲気。折上げ天井で空間が広く感じます。奥にはスタデイスペース。

アイムホームの建築実例6
ダウンフロアとスケルトン階段を採用した開放感あふれる室内空間。高級感抜群です。

アイムホームの建築実例7
まるで高級ホテルのような寝室。

アイムホーム(沖縄県)の保証やアフターサービスを紹介

次は、アイムホームの保証やアフターサービスについてみていきましょう。

アイムホームの「構造躯体の重要な部分」と「雨漏りを防止する部分」の初期保証は「10年間」となります。

新築マイホームを建築する場合は品確法という法律によって「構造躯体の重要な部分」と「雨漏りを防止する部分」に関しては10年間の初期保証が義務付けられているため、アイムホームの初期保証(10年)の部分は法律で義務付けられた最低範囲となります。特に延長保証システムなども用意されていないようです。

また、他社ハウスメーカー・工務店では独自の点検スケジュールを公式ホームページに掲載していることが多いですが、アイムホームでは点検スケジュールも特に記載がありません。「点検サポートを付けていない」ということは考えにくいですが、気になる場合は直接ヒアリングすることをオススメします。

アイムホーム(沖縄県)は値引きできる?

工務店値引き

次にアイムホームの家は値引き交渉が可能かどうか?という点を見ていきましょう。

一般的に注文住宅を建てる場合、本体価格の3~8%程度であれば値引き交渉に応じてくれるハウスメーカー・工務店が多く、おそらくアイムホームも同程度の値引きであれば交渉の余地があると思われます。

値引きに関しては選ぶ商品プランや、購入のタイミングなどによっても異なるため、確実なことは申し上げられませんが、購入の意思が固まったら「ダメでもともと」という気持ちで積極的に値引き交渉を行ってみることをオススメします。なお、当サイトでは値引き交渉のコツのほか、オプション交渉のコツに関しても詳しく特集しています。ぜひ以下のリンクよりチェックしてみてください。

アイムホーム(沖縄県)の口コミから評判を確認

【アイムホームへの口コミ】
アイムホームで建てました。奮発しましたが、見た目はほぼほぼ理想通りになりましたし、周りからの評判も良いです。住宅性能も鉄筋コンクリート造なので、基本的に優秀。特に遮音性は抜群で雨音もほとんど感じないです。RC造なので固定資産税が高いことだけが難点ですが、概ね満足しています。

【アイムホームへの口コミ】
沖縄で最近人気なところですね。鉄筋コンクリートの家にしては価格も比較的リーズナブルな方だと思います。アイムホームは専属の型枠大工がいるから、よそより安いのかな。

【アイムホームへの口コミ】
シンプルモダン風のおしゃれなマイホームですね。外観は文句なしにカッコイイです。着工数を伸ばしているのも理解できます。

【アイムホームへの口コミ】
南欧風のプローボは沖縄の雰囲気にピッタリの外観ですね。住宅性能もガッチリとしたRC造なので心配なし。沖縄で家を建てるならやっぱり鉄筋コンクリートでないと怖くて無理です。

【アイムホームへの口コミ】
曲線のあるエレガントな雰囲気が素敵です。曲線のあるデザインは木造住宅にはなかなかできないですよね。

アイムホームはインターネット上での口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

アイムホームの口コミ・評判をまとめると
  • 鉄筋コンクリート造の家は耐震性・耐風性が安心
  • 沖縄で一戸建てを建てるなら鉄筋コンクリート造でないと怖い
  • シンプルモダン風の外観がお洒落
  • 南欧風の外観も沖縄に似合っている
  • 鉄筋コンクリート造ならではの曲線が好み
  • 鉄筋コンクリート造にしては価格もリーズナブル

アイムホームの口コミ・評判をみると、鉄筋コンクリート造の堅牢な構造と優れた住宅性能に対して肯定的な意見が目立ちました。また、重厚で高級感のある外観デザインなども好評のようです。

アイムホームは、頑丈な鉄筋コンクリート造の注文住宅・規格住宅を手掛けるビルダーです。勢力の強い台風が頻繁に接近する沖縄では、一戸建て住宅も鉄筋コンクリート造のものが大多数です。耐震性・耐風性・耐火性などに優れる、あらゆる災害に強い鉄筋コンクリート造の建物は沖縄県の気候風土に非常に合っている構造と言えるでしょう。

また、木造住宅に比べて建築の工程が多い鉄筋コンクリート造は、初期費用も高くなりがちですが、アイムホームはコスト面でも優秀です。近年、アイムホームが着工数を伸ばしているのはリーズナブルな価格帯であらゆる災害に強い鉄筋コンクリート住宅を手掛けていることが大きな理由でしょう。

沖縄県で災害に強い鉄筋コンクリート造のマイホームをリーズナブルな価格帯で購入したい方はぜひ一度アイムホームの住宅カタログもチェックしてみましょう。

関連記事

  1. 一建設 口コミ 評判

    一建設の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. 東海住宅アイキャッチ

    東海住宅の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. 日興ホームの口コミと評判

    日興ホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. 夢ハウス

    夢ハウスの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. 紀の国住宅

    紀の国住宅の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. 南光の口コミや評判

    南光の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

工務店の対応エリアから選ぶ