泉北ホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

泉北ホームの口コミや評判

泉北ホームの詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(4.2)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
泉北ホームのフル装備の家本体価格の目安:1555万円~2100万円坪単価の目安:50万円~60万円
ZEH SHELTER(ゼッチシェルター)本体価格の目安:1899万円~坪単価の目安:61万円~65万円
断熱材
現場発泡硬質ウレタンフォーム
窓仕様
サーモスX

目次

泉北ホームってどんな会社!?

泉北ホームは大阪に本拠を構える住宅メーカーで「京都府」「奈良県」「和歌山県」「兵庫県」に営業エリアを拡大しています。年間着工数も400を超えており、地元ではテレビCMも放映している有名企業。

人気の理由は価格を抑えながらも住宅性能に優れた住まいを提供している点と、建ててから直ぐに入居する事が可能な「フル装備の家」を採用している点でしょう。

泉北ホームでは建物本体に諸費用、そして入居後必ず必要になるエアコンやカーテン、照明なども含めたコミコミ価格の「フル装備の家」としてパッケージングされています。全てコミコミ価格で提案されるので明朗会計で判り易く、予算計画を立て易いですし、意外に費用が掛かる設備を始めから付けてくれるのは嬉しいポイントだと思います。

泉北ホームの注文住宅は全て「フル装備の家」で、予算に応じてグレードが分けられています。一番価格の安い「スマイルパッケージ」では、コミコミ1555万円から新築する事が可能です。

しかも泉北ホームの家はただ安いだけではありません。全棟で構造計算を実施した上で耐震等級3を取得していますし、一番価格の安いプランでも近畿圏のZEH基準を超えた断熱性能・気密性能を実現しています。それでコミコミ価格1555万円から新築可能な訳ですから、圧倒的なコストパフォーマンスを実感する事が出来るでしょう。

泉北ホームが価格を安く抑えられている理由の一つが年間400棟を超える着工数を安定して継続出来ている点。これだけ着工数があれば、当然資材の大量生産が可能ですし、一流メーカーの住宅設備も一括仕入れが可能になります。コストを抑える事が出来る大きな理由の一つです。

他にも泉北ホームは完全自由設計の注文住宅ではなく、予めプランの決まっている規格住宅からカスタマイズをしていく「規格住宅ベース」の家づくりを行います。規格住宅は設計の自由度こそ少ないですが、資材が規格化されているのでコストを抑える事が可能です。また泉北ホームが採用する木造2×4工法は施工する大工職人に技術があまり必要とされません。工期短縮に繋がりますし、人件費も抑える事が可能となります。

そう聞くと家の構造は大丈夫なのかと不安に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、木造2×4工法は北米や北欧で主流の工法として発展しています。地震や台風に対して、日本伝統の在来工法よりも強いとされています。より合理的に家づくりを行う事で価格を抑えながら優れた住宅性能を実現出来る、それが泉北ホームの行き着いた答えなのかもしれません。

低価格ながら豪華な住宅設備、そして高い水準の住宅性能を実現出来る泉北ホームは、近畿圏で新築を予定されている方なら是非とも候補に含めておきたいところです。興味のある方はまずカタログのお取り寄せをして、どのようなマイホームを実現する事が出来るのかチェックしてみては如何でしょう。

泉北ホームの会社概要

工務店名泉北ホーム
会社名泉北ホーム株式会社
所在地大阪府 堺市 中区深井中町3211
電話番号0120-36-6668
代表者山本隆
設立1976年
資本金50(百万円)
売上高調査中
従業員数237名
着工数455件
施工エリア大阪府,兵庫県,京都府,奈良県,和歌山県
キャッチコピーみんなの声で、できた家。
売り文句・強み木造2×4工法の高気密高断熱、高耐震住宅。フル装備の家は照明やカーテンまで全てコミコミ価格。

泉北ホームの価格や坪単価を知る

泉北ホームは全ての商品が「フル装備の家」ですが、価格帯によってグレードが分けられています。安い方から「スマイル」「メジャー」「プレミアム」の3段階に分けられていて、住宅設備に違いがあります。またZEH対応に特化した「ZEH SHELTER」という商品も用意されています。

泉北ホームのフル装備の家

  • 本体価格の目安:1555万円~2100万円
  • 坪単価の目安:50万円~60万円
泉北ホームの「フル装備の家」は、本体価格だけではなく諸費用や照明、カーテン、エアコンなどの設備も付いたコミコミ価格。一番安い「スマイル」なら本体価格1555万円から新築可能です。大手メーカーと同等の住宅設備が装備された「メジャー」と大手メーカーより2ランク上の住宅設備が装備された「プレミアム」でそれぞれ価格差は200万円程度を見ておきましょう。
泉北ホームのフル装備の家外観画像
泉北ホームのフル装備の家内覧画像1
泉北ホームのフル装備の家内覧画像2

泉北ホームのフル装備の家の特徴

  • 予算に応じて3段階のグレードから選べる
  • どのグレードを選んでも耐震等級3
  • コミコミ価格で明朗会計

ZEH SHELTER(ゼッチシェルター)

  • 本体価格の目安:1899万円~
  • 坪単価の目安:61万円~65万円
泉北ホームが提案するZEHと防災シェルターも兼ね備えた住宅です。標準仕様で太陽光発電と蓄電池、ZEH対応エアコン等が装備されたプランで、万が一の災害時にはエネルギー自立型防災住宅として機能します。南海トラフ地震や毎年のように発生する大型台風、集中豪雨。これからの日本住宅は災害に強い家でなければ家族の安全を守る事が出来ません。あらゆる災害に対応出来るシェルターのような住まいを実現出来るプランです。
ZEH SHELTER(ゼッチシェルター)外観画像
ZEH SHELTER(ゼッチシェルター)内覧画像1
ZEH SHELTER(ゼッチシェルター)内覧画像2

ZEH SHELTER(ゼッチシェルター)の特徴

  • 太陽光発電と蓄電池が標準装備
  • 万が一の災害時にエネルギー自立可能
  • コミコミ価格で明朗会計

泉北ホームの家の住宅性能を確かめる

泉北ホームで家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

図解でわかる!泉北ホームの住宅性能

【解説】
泉北ホームは価格を抑えながらも高水準な住宅性能を実現した家づくりを行っています。価格の安いグレードでも「耐震等級3」を取得しているのは高評価ポイント。しかも偏心率なども考慮された「許容応力度計算」をしっかりと行っています。

断熱性能に関しても価格によって差はありますが、一番安いグレードでもZEH水準の断熱性能を実現。大手ハウスメーカーに比肩する高気密高断熱住宅を実現する事が可能です。

設計の自由度に関しては、ある程度のカスタマイズは可能ですが規格住宅ベースとなるので、完全自由設計の注文住宅には一歩及ばない部分があるでしょう。その分、コストを抑える事が出来るので価格に対する品質の良さからコストパフォーマンス優秀に感じる方が多いのではないでしょうか。


泉北ホームの耐震性および耐震等級を知る

泉北ホームの「フル装備の家」はどのグレードを選んでも「耐震等級3」を取得しています。これは施主にとっても安心出来る大きな材料です。

泉北ホームは木造2×4工法を採用しています。この工法は北米や北欧などの主流工法で、壁で建物を支える構造となります。地震の揺れに対して面で受け止める為、力を分散する事が出来るので地震に強い構造とされています。壁と天井、床を合わせて6面体を構成する構造を「モノコック構造」と呼んでおり、航空機や新幹線などでも採用されている程、外力に強い事が証明されている構造となります。

また、泉北ホームでは全棟で「許容応力度計算」による構造計算を行っています。基本的に木造の住宅は2階建て以下の場合は構造計算の必要は無いとされていますが、泉北ホームはしっかりと全棟で綿密な構造計算を実施、一般的な「壁量計算」ではなく、強度、偏心、部材にかかる力を計算する「許容応力度計算」を行っています。

これは泉北ホームの前身である山本工務店が1995年に阪神淡路大震災を経験した事で、家づくりにおける根幹としている事。南海トラフ地震が起きる事も想定した上で、頑丈で安全な家づくりをしている事の証明でもあります。他社では簡単な「壁量計算」しかしない所が多い中で、しっかりとした「許容応力度計算」を行ってくれるのは、プラス評価すべき点でしょう。


泉北ホームの断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

泉北ホームは価格を抑えながらも高気密高断熱を重視した家づくりを行っています。

泉北ホームでは価格帯によって3つのグレードが用意されていますが、凄いのは一番価格の安い「スマイル」でも、ZEH基準のクリアする断熱仕様を標準仕様としている点です。以下が泉北ホームで公表されている断熱性能「UA値」と気密性能「C値」となります。

スマイルUA値0.58
メジャーUA値0.58
プレミアムUA値0.50

使用している断熱材は現場発泡の硬質ウレタンフォームで、隙間なく施工する事が可能です。家全体を断熱材で魔法瓶のように包み込むので高い断熱性能を実現する事が出来ます。

最上位グレードの「プレミアム」なら更に窓断熱にアルミの1000倍もの断熱効果が期待出来るオール樹脂サッシ、玄関には最高ランクの断熱ドアを採用しているので、更に高い断熱性能に期待出来るでしょう。

これだけでも必要十分な断熱性能を有していますが、もっと高気密高断熱住宅を実現したい方には「+サーモ」と呼ばれる「HEART20 G2」の基準を超えたオプションも用意されています。こちらのオプションを採用した場合、断熱材を分厚く施工出来る木造2×6工法が採用され、断熱性能「UA値0.38」気密性能「C値0.47」と大手ハウスメーカーに負けない高気密高断熱住宅を実現する事が可能となります。


泉北ホームは耐火性能も優秀

泉北ホームは「耐震性能」「断熱性能」だけではなく、「耐火性能」も重視した家づくりを行っています。マイホームを建てる上で「火災」に対する対抗策も重視すべき項目です。

日本では年間1万件以上の住宅火災が発生しています。自分達が気を付けていても、隣の家から延焼する事もありますし、またその逆も有り得るかもしれません。万が一の火災発生時に「家族が避難出来る時間を確保出来る家」を考慮しなければなりません。

泉北ホームの「フル装備の家」では「省令準耐火構造」を標準仕様。「省令準耐火構造」は公的機関が認めた耐火住宅の事で、火事に強いだけではなく火災保険料が半額以下になるなどの恩恵を享受する事が可能です。

また泉北ホームでは「ファイヤーストップ構造」が採用されており、石こうボードによる防火被覆が施されています。火事発生時に隣の部屋に燃え移るスピードを抑える事が可能となります。

泉北ホームの実例を一部紹介

泉北ホーム外観実例1
泉北ホーム外観実例2
泉北ホーム外観実例3
泉北ホーム外観実例4

泉北ホームの外観デザインは日本の住宅街に馴染む和モダンな佇まい。

泉北ホームの内装実例1
泉北ホームの内装実例2
泉北ホームの内装実例3
泉北ホームの内装実例4

好みに応じてナチュラル、モダン、ヴィンテージ、カジュアルなど選べるので個性豊かなカスタマイズが可能となります。

泉北ホームの保証やアフターサービスを紹介

マイホームを新築した場合、構造上重要な箇所と雨水の侵入を防ぐ箇所に関して、施工業者には最初の10年間は「瑕疵担保責任」が法律で義務付けられています。泉北ホームでも無償で受ける事が出来る初期保証として10年間用意されています。

10年目以降に関しては5年毎の有料メンテナンス工事を受ける事で最大30年目まで保証期間を延長する事が出来ます。尚、保証期間が過ぎてしまった場合でも、有料での点検やメンテナンス対応はいつでも可能となっています。地盤保証は20年間最高5000万円の保証期間が用意されています。これは他社と変わらぬ水準です。

引き渡し後の無料定期点検に関しては「1年目」「2年目」「5年目」「10年目」に行われます。

泉北ホームは値引きできる?

工務店値引き

マイホーム計画を立てるにあたり、少しでも安く購入したいと考えるのは当然の事です。もし泉北ホームが値引き交渉可能なら、積極的に取り組むべきでしょう。では、泉北ホームは実際に値引き交渉が可能なのでしょうか。

泉北ホームはコミコミ価格で明朗会計を打ちだしている会社です。基本的には値引き交渉は難しいと考えるのが妥当です。ですが、注文住宅業界は多くのハウスメーカーや工務店で値引き交渉が行われています。数万円どころか、数十万円、時には100万円以上の値引きが行われるケースも珍しくはありません。泉北ホームにおいても交渉のやり方やタイミング次第では何かしらの譲歩を引き出せる可能性がありそうです。

もし価格面での値引き交渉が難しい場合には、オプションや設備をサービスして貰えないか交渉してみるのも手です。少しでもお得にマイホームを新築したいとお考えの方は、下記の値引き交渉のコツや、効果的な交渉等をまとめた特集ページをチェックしてみて下さい。

泉北ホームの口コミから評判を確認

【泉北ホームへの口コミ】
色んな会社と比較したけど、大阪近辺で建てるなら泉北ホームよりコスパ良いところは無かったな。次点でアイ工務店くらい。泉北ホームは断熱気密も良いし、設備のグレードも高いし。正直この値段で利益あるんかいなって思うくらい頑張ってると思う。まぁコミコミ価格言うても外構とかは別で必要だけど。

【泉北ホームへの口コミ】
標準仕様のままでも十分ですが断熱性能を重視したかったのでプラスサーモを付けたいと話しました。担当の営業マンは大阪で建てるならプラスサーモは余剰なので、プレミアムパッケージで設備を豪華にした方が満足度が高いと教えてくれて、そちらに変更。今となれば確かに営業マンの言う通りだったなと感じています。プレミアムパッケージは断熱材は普通ですが、オール樹脂サッシになるので気密性高いですし、水回りの設備も高くなるのでこちらで正解だったと思います。

【泉北ホームへの口コミ】
そんなに世帯年収高くないので、スマイルパッケージを選びました。流石に一番安いグレードなので色々と安っぽいですけど、賃貸アパート住まいに比べれば全然住み心地も良いです。カスタマイズするのも費用が掛かるのでほぼほぼ標準モデルで建てましたけど、安く済んで助かってます。照明とかカーテンとかも最初から付いてるのは本当に助かりました。

【泉北ホームへの口コミ】
大阪在住です。結構週末とかCMやってる会社なので信用出来るかなと思って決めました。規格ベースの自由設計なので細かい造作とかデザイン変更は難しいです。家の外観も良い意味で日本住宅に馴染むけど、要は地味。普通の家が欲しい人に丁度良いって感じです。でも断熱性は結構良くて、吹き抜け採用しても良い感じ。友達が一条工務店で建てたけど、そこまで差は感じないですね。見栄えは全然違うけど。

【泉北ホームへの口コミ】
スマイルパッケージはコミコミ1555万円と書いてあるけど、基本は記載されているものがコミコミ価格であって、外構費とか地盤改良費は別途掛かります。なので全然カスタマイズを予定していない方でもプラス300万円は見ておいた方が良いです。スマイルパッケージの設備は本当にグレードが低いので、結局良いやつが欲しくなっちゃって、何だかんだで2000万円は掛かると考えておいた方が良いかもしれないです。

【泉北ホーム】
フル装備の家はかなりお得に感じるけど、オプションが結構高額。変にスマイルパッケージからカスタマイズするなら最初からプレミアムにしといた方が絶対得。プレミアムは値段も高いけど、選べる設備が段違いだし、オール樹脂サッシで断熱性能も上がるのが大きい。あと、トイレとか風呂とか一流メーカーの最上位グレードだからね。ローコストって訳じゃないけど、価格と品質のバランスは間違いなく良い会社とは思う。ただデザインに関しては本当に無難。

泉北ホームの口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

泉北ホームの口コミ・評判をまとめると
  • 高気密高断熱で快適
  • 価格の割に品質が高くコスパ優秀
  • デザインは地味
  • オプション価格が高い
  • 設計自由度が低い

泉北ホームは価格を抑えながらも住宅性能に優れた住まいを提供している会社なので、やはりネット上でもコスパ優秀といった声が目立ちました。全棟で「許容応力度計算」による構造計算を行ってくれるのは、阪神淡路大震災を目の当たりにした創業者の方の想いが家づくりに活かされていると思います。

断熱性能、気密性能に関してもしっかりと数値で公表しているのは好感が持てますし、スマイルパッケージに関してはコミコミ価格の値段も明朗にしています。この辺りが近畿圏で多くの方に選ばれている理由かもしれません。

但し、コスト削減施策の為に規格住宅ベースでのカスタマイズとなるので設計の自由度が低かったり、デザインが地味といった声が多いのも事実。デザイナーズ住宅のような個性的なマイホームを実現したいとお考えの方には合わない可能性もあるかもしれません。

ですがこれだけ住宅性能を高水準に保ち、設備グレードも高いながらに価格を抑えているのはかなりの高評価ポイントになると思います。近畿圏でマイホームを検討されている方は泉北ホームは候補に加えておいて損は無い筈。まずはカタログのお取り寄せをして、どのようなマイホームを実現出来るのかチェックされる事を推奨致します。

関連記事

  1. ひらぎのの口コミや評判

    ひらぎのの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. 国分建設 茨城・千葉 口コミ 評判

    国分建設の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. ファイブイズホーム 埼玉 口コミ 評判

    ファイブイズホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. サンワ設計 茨城栃木 口コミ 評判

    サンワ設計の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. ゆめすみか吉村一建設の口コミや評判

    ゆめすみか(吉村一建設)の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. アイムの家

    アイムの家(宮城県)の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

コメント

  • コメント (5)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名

    安く建てたいならスマイルパッケージいいですよね。コミコミ価格なのは嬉しい。

    • 匿名

    価格の安い商品もありますが、私はプラスサーモが一番気になっています。
    開口部と窓と玄関を最上級グレードに変更してUA値を高めるそうですが、他にも壁断熱なども強化出来るのでしょうか。
    その場合、プラスサーモの費用内に収まるのでしょうか。気になります。

      • 匿名

      我が家はプラスサーモにしました。日本最高水準の高気密高断熱になるそうです。サーモにすると2×6工法になるので、自動的に断熱材に厚みが加わる事になります。それにプラスして窓断熱や玄関に上位クラスが装備されるので、本当に家の中が潜水艦のような密封空間になります。私がプラスサーモを採用したのは数年前ですが、その時で130万円くらいでした。この性能なら納得の価格でしたよ。

    • 匿名

    私もプラスサーモ悩んだのですが、大阪ではオーバースペックなんじゃないかと思って辞めてしまいました。今思うと付けておけば良かったかな~。毎年猛暑ですし。

    • 匿名

    泉北ホームは近畿圏の工務店なんだし、北海道仕様の断熱材までは必要ないと思いますね。スマイルパックあたりだと物足りないし、普通に住宅性能重視したい人はプレミアム位の性能があれば満足出来ると思いますよ。プレミアムでもYKKのAPW330クラスの窓断熱は選べますから、必要十分な性能だと思いますけどね。

工務店の対応エリアから選ぶ