道北振興株式会社の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

道北振興株式会社の口コミや評判

道北振興の詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(4)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
道北振興の家本体価格の目安:2000万円~坪単価の目安:55万円~
断熱材
ネオマフォーム
窓仕様
Low-Eトリプルガラス+アルゴンガス
換気システム
第一種ダクトレス換気システム

目次

道北振興株式会社ってどんな会社!?

道北振興は北海道旭川市に本拠を置く工務店です。創業は1957年と古く、道北エリアを中心に累計6500棟も一戸建て住宅を手掛けて来た実績があります。

現在は旭川市以外にも「帯広」「釧路」「札幌」などにも営業エリアを拡大しており、高水準な住宅性能と洗練されたデザイン性を両立した注文住宅を手掛けています。

家づくりのコンセプトは「ミライのSUTEKIをつくる」。
人生の中で多くの時間を過ごす事になる家は、家族にとって快適な空間でなければなりません。道北振興の注文住宅は設計の自由度が高く、施主の家族構成やライフスタイルに合う素敵な住まいを実現する事が可能です。

また冬の寒さが厳しい北海道では、家の気密性や断熱性は死活問題です。高気密高断熱住宅を実現する為には施工技術や経験が必要なので、施工実績の少ない会社や、技術力の伴わない会社に依頼をしてしまっては大変です。その点、道北振興株式会社は北海道を地盤に累計6500棟もの一戸建て住宅を手掛けて来た実績がありますから、高気密高断熱住宅はお手の物です。

気密性や断熱性に優れる住まいは快適な住環境を実現出来るだけでなく、毎月の光熱費も大幅に節約する事が出来ます。生涯住まいに掛かる費用「ライフサイクルコスト」を抑える事が出来るという点もメリットとして考えたいです。

また近年は家の中の気温差により起こるヒートショックの事故が増えていますので、家の中の温度を一定に保つ事が出来る道北振興株式会社の注文住宅は健康リスクを抑える事も出来ると考えて良いでしょう。

北海道の道北エリアを中心に60年以上も地元の方に選ばれて来た老舗の工務店「道北振興株式会社」は該当エリアにお住まいの方なら、候補に含めるべき1社になるでしょう。まずはカタログをお取り寄せしてみて情報収集から始めてみては如何でしょうか。きっと素敵な出会いになると思います。

道北振興株式会社の会社概要

工務店名道北振興
会社名道北振興株式会社
所在地北海道 旭川市 5条通6丁目右1号
電話番号0166-23-0211
代表者谷口清貴
設立1957年
資本金20(百万円)
売上高3900(百万円)
従業員数55名
着工数6500件
施工エリア北海道
キャッチコピーミライのSUTEKIをつくる
売り文句・強み北海道地盤に累計6500棟の施工実績!北国の家づくりならお任せください。
画像出典元・HPhttps://www.d-shinkou.co.jp/

道北振興の価格や坪単価を知る

道北振興は完全自由設計の注文住宅を手掛けています。商品という概念はなく、一邸一邸、施主の希望をヒアリングした上でベストな提案を行う方針です。家族構成やライフスタイル、希望の間取りに合った素晴らしい提案に期待出来そうです。

道北振興の家

  • 本体価格の目安:2000万円~
  • 坪単価の目安:55万円~
道北振興会社の注文住宅は基本的に完全自由設計。施主の家族構成やライフスタイルに合わせて理想のプランを提案してくれます。お洒落なデザインにも定評があり「モノトーン」「インダストリアル」「シンプルモダン」「ナチュラルスタイル」等の統一感のあるデザインタイプを選択可能で、誰でも簡単にお洒落な家に仕上げる事が出来るのも魅力の一つ。またペットに配慮した床材等も採用する事が可能で、家族が快適に過ごす為の様々なアイデアが盛り込まれています。機能性とデザイン性、そして家族の快適な住空間を実現出来る素敵なプランに期待出来そうです。
道北振興の家外観画像
道北振興の家内覧画像1
道北振興の家内覧画像2

道北振興の家の特徴

  • 設計自由度の高さと優れたデザイン性
  • 北海道地盤の断熱性能「UA値0.28」
  • 累計6500棟の施工実績と安心感

道北振興の家の住宅性能を確かめる

道北振興で家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZEH住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

図解でわかる!道北振興の住宅性能

【解説】
道北振興の注文住宅は北海道で培った高気密高断熱住宅が最大の魅力です。

世界最高水準の断熱性能を誇るネオマフォームを「外断熱+内断熱」のダブル断熱で施工する事で、住宅業界トップクラスの「UA値0.28」を実現しています。断熱性能は文句無しの水準と考えて良いでしょう。

また設計の自由度も魅力の一つで、施主の家族構成やライフスタイルに合わせた提案が可能となり、細部に至るまで拘る事も可能です。道北振興の施工例を見ると、近年人気の大空間リビングや吹き抜け空間も採用可能なようで、思い描いていたマイホームを実現する事が出来そうです。

耐震性能に関しては、木造軸組在来工法と構造用合板を組み合わせるハイブリッド工法が採用されていて、一定水準以上の耐震性は確保されているものと思われますが、耐震等級に関しては取得されていないようなので、当サイトの基準としてはマイナス評価としました。

また保証やアフターサービスに関しても地場工務店としては及第点レベル。こちらに関しては今後の改善に期待したいと思います。


道北振興の耐震性および耐震等級を知る

道北振興では日本伝統の在来工法(木造軸組工法)に構造用合板を組み合わせたハイブリッド工法が採用されています。在来工法は柱や梁で建物を支える構造で、設計の自由度が高い反面、建物強度に課題が有るとされていましたが。道北振興株式会社ではその弱点を補う為に構造用合板を組み合わせる事で、面で建物を支える構造を融合し頑丈な構造躯体を実現しました。

・一般的な在来工法一般的な在来工法
・道北振興のハイブリッド工法道北振興のハイブリッド工法

現在、大手ハウスメーカーを始め在来工法を採用する多くの会社で採用されている工法で地震に強いとされている構造です。道北振興株式会社の注文住宅でも一定水準以上の耐震性能は確保しているものと思われますが、残念ながら「耐震等級」に関しては取得はしていないようです。

そもそも耐震等級を取得するには高額な費用が必要となりますから、施主の負担を減らす為に道北振興では「敢えて取得していない」事が予想されますので、どうしても気になる方は事前に「この設計の場合、耐震等級いくつ相当になりますか」と質問するようにしましょう。


道北振興の断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

寒冷地である北海道で注文住宅を建てる以上は断熱性能は必ず重視すべき項目です。

道北振興は創業以来60年以上に渡り、地域に根差した家づくりをしてきた実績があります。当然、北海道で快適に過ごす為のノウハウも蓄積されています。高気密高断熱な住まいづくりも熟練の域と考えて良いでしょう。

道北振興では「外断熱+内断熱」のハイブリッド断熱工法が採用されています。柱などの構造材の外側から断熱材を施工する「外断熱工法」は家の中を断熱材ですっぽり包み込む事で室内を魔法瓶のような効果に期待する事が出来ますが、更に内側からも断熱材を施工するダブル断熱工法で、万全の断熱仕様とされています。

尚、道北振興で採用している断熱材は世界最高水準の熱抵抗値が有る「ネオマフォーム」。こちらはコストも高いのですが、性能もズバ抜けて高い優秀な断熱材です。熱損失率の大きな窓断熱には「Low-Eトリプルガラス+アルゴンガス入り」とこちらも高性能なものが標準装備。北海道で注文住宅を建てる以上は断熱材にはコストを掛けるべき。そんな姿勢を伺う事が出来る断熱仕様ではないでしょうか。

断熱性能は「UA値(外皮平均熱貫流率)」という数値で性能を評価する事が出来ますが、道北振興は「UA値0.28」と住宅業界屈指のハイスペックな数値。北海道の省エネ基準「UA値0.46」を大きく超える高性能住宅を実現しています。

北海道の寒い朝、道北振興の注文住宅なら布団から出るのが億劫な日々ともおさらば出来る可能性が高そうです。

断熱性の良し悪しはマイホームの満足度に大きく影響します!

住宅性能のなかでもっとも日々の暮らしの中で性能の良し悪しを実感することになるのは「断熱性能」です。

耐震性は地震が起きない限り性能を実感することはないですし、耐久性も長年住んで初めて実感する性能ですが、断熱性は家の中の体感温度を決定づける性能なので毎日の暮らしのなかで「暑さ/寒さ/エアコンの効き」などを肌で実感することになります。住み始めてから「夏は涼しく冬は暖かい快適な温熱環境」を実現できていればマイホームの満足度は格段にアップするはずです。

しかし断熱性のよくない家を建ててしまうと大変です。断熱材は壁内に埋め込まれていますから、家を建ててからは簡単に仕様変更できません。結果的に断熱性に不満があってもこの先何十年と「夏は暑く冬は寒い・光熱費がかさむ…」というストレスを感じながら暮らしていくことになりかねません。せっかく注文住宅を建てるのですから、断熱性ははじめから重視しておくべきです。

特に北海道は冬の寒さが厳しいエリア。施工技術が高く、長く地元の方に選ばれてきた工務店を選びたいです。道北振興株式会社は創業1957年、地元に根差し累計6500棟も一戸建て住宅を手掛けてきた信頼の実績があります。標準仕様の「UA値0.28」は非常に優秀な数値、北海道で快適な住まいを実現したいとお考えの方は、道北振興の家ならば満足出来ると思います。

北海道の高気密高断熱住宅なら「道北振興」


道北振興の換気システムについて

高気密高断熱な住まいはどうしても家の中が密封されてしまいますから、計画的な換気を行う必要があります。特に北海道のような寒いエリアは家の換気を行うのに窓を開けるのは現実的ではありません。高性能な換気システムを採用する事で常に室内を新鮮な空気に入れ替える事が可能となります。

道北振興では低コストで換気後も暖かさをキープする事が出来る「第一種ダクトレス換気システム」が採用されています。この換気方式は、機械で給気と排気の両方を担うので最も計画的な換気を行う事が出来ます。また熱交換器を取り付ける事により、効率的な冷暖房効率を実現出来るので毎月の光熱費を大幅に節約する事が出来るでしょう。

尚、「ダクトレス換気」は家じゅうにダクトを張り巡らせる必要がないので低コストですし、ダクト内の掃除や修繕などの必要もないのでお手入れも簡単です。直接壁に取り付けられるので、吹き抜け空間やスキップフロア等にも採用出来る自由度も魅力の一つ。当サイトとしても推奨している換気方式の一つとなります。

道北振興の実例を一部紹介

道北振興の施工例1

施主様の夢だった「カラオケルームのある家」を実現。

道北振興施工実例2

近隣から視界を遮る形でバルコニーが設計されているので様々な用途で利用できます。

道北振興施工実例3

光と影で絶妙な陰影感を与えてくれる千陶彩タイルを採用した邸宅仕様の玄関ホール。

道北振興施工事例4

マットな黒で統一したキッチンスペースはラグジュアリーさを演出されています。

道北振興の施工実例5

設計自由度が高いので開放的な吹き抜け空間も実現できます。

道北振興の施工実例6

玄関や階段にお洒落なニッチを作成するのも自由自在。

道北振興の施工実例を見ると、やはり「設計自由度の高さ」が目を惹きます。吹き抜け空間のある大胆な間取り設計や、スキップフロアでワーキングスペースを配置したり、防音性能を備えたカラオケルームやご近所の視線を気にせずバーベキューを楽しめるバルコニーなど、思い描いていた夢のマイホームをほぼ制限なく実現する事が出来るのは大きな魅力です。

道北振興の保証やアフターサービスを紹介

マイホームを新築した場合、構造上重要な箇所と雨水の侵入を防ぐ箇所に関して、施工業者には最初の10年間は「瑕疵担保責任」が法律で義務付けられています。道北振興でも同様に最初の10年間は無償の保証期間が設けられているのでご安心ください。尚、地盤保証に関しては30年間の長期保証が設けられている点も強調材料です。

道北振興株式会社の保証制度

また、引き渡し後の無料の定期点検は「1年目」「2年目」に実施され、「10年目」以降はJHS(ジャパンホームシールド株式会社)の点検員や建築士が点検を実施する形です。20年目まで、無料の定期点検が継続されるのは評価すべきポイントでしょう。

道北振興は値引きできる?

工務店値引き

マイホームはとても高額な買い物なので、僅か数%の値引きでも非常に大きな金額になります。値引き交渉が可能なら、積極的に行うべきというのが当サイトの見解です。

注文住宅業界は多くのハウスメーカー、工務店が値引き交渉に応じてくれる事例が多く、一般的には建物本体価格の5%程度が値引き額の相場とされています。道北振興株式会社でも交渉のやり方やタイミング次第で何かしらの譲歩を引き出せる可能性があるかもしれません。

但し、値引き交渉は必ず応じて貰える訳ではありませんので、過度な期待はせず、少しでもお得に買えればラッキーと考える位が丁度良いかもしれません。

尚、当サイトでは効果的な値引き交渉のやり方やコツを特集ページにまとめています。本格的な値引き交渉に入る前に知っておきたい知識としてまとめてあるので、興味のある方はチェックしてみて下さい。

道北振興の口コミから評判を確認

【道北振興への口コミ】
旭川でずっと育って来たので、変に東京の会社ではなく地元の工務店で建てようと思い、親戚もお世話になった道北振興さんを選びました。旭川では有名な工務店ですからね。ずっと賃貸暮らしだったので、家の暖かさに主人ともども驚いています。最初はトリプルガラスは重いのでは…と思いましたが、開閉スムーズで問題もありませんし、本当に快適に過ごす事が出来ています。

【道北振興への口コミ】
あまり広告に力を入れている会社ではないので、いざ工務店選びをした段階で道北振興さんを知りました。最初は思ったより価格が高いかな~と思いましたが、道北振興さんは標準仕様で選べる設備のグレードレベルが高いので納得。ローコストで有名な○○ホームさんもも見に行きましたが、やっぱり値段相応なものしか選べませんでしたから、変に拘りが無ければ標準仕様のままで十分満足出来ると思います。唯一不満があるとすればアフターサービスですね。2年目以降は外注になってしまうので少し寂しい感じがします。

【道北振興への口コミ】
昔はネオマ1枚だったそうですが、今は2枚使用のダブル断熱が標準になりました。窓もトリプルガラスになったので断熱性能は文句無しで良いと思います。同じ仕様で他社に見積もり出したらかなり高くなってしまったので、道北さんが一番コスパ優秀に感じました。デザインも統一感があってお洒落なので、友達からも羨ましがられて鼻高々です。

【道北振興への口コミ】
大手ハウスメーカーに比べるとどうしてもデザインとか品質感とかで見劣りしてしまう部分はありますが、地元でずっと家づくりをしてきた会社だから信用して依頼しました。間取りは天井高にしたり、スキップフロアを設けたり割と何でも対応して貰えます。標準仕様が充実しているので、オプション価格もそれ程掛かりませんでしたし、総額で考えれば良い選択をしたと思う。ただ、地元で長くやってる工務店にしてはアフターが手薄な感じがするのは否めないかな。そこだけが残念だった。

【道北振興への口コミ】
友人が道北振興の家を建てたので何度も遊びに行っています。率直な感想はとにかく冬でも家の中は暖かいです。大袈裟ではなく、むしろ暑くて上着要らない位です。最近の家が凄いのか道北振興さんの技術が凄いのかは分かりませんが、これなら1年中快適に暮らせるでしょうし、友人も電気代めちゃくちゃ安くなったと言ってました。多分、自分も道北振興の家を建てる事になりそうです。

道北振興はインターネット上での口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

道北振興の口コミ・評判をまとめると
    • 設計自由度が高い
    • デザインがお洒落で統一感ある
    • 断熱性が良くて北海道でも安心
    • 高級感などは少し足りなく感じる
    • アフターが手薄に感じる

道北振興は北海道で60年以上にも渡り培ってきた「北国ならではの家づくり」のノウハウや経験が蓄積されています。伝統の工法や技術を継承しながらも、最新の技術も取り入れる。例えば柱と梁に構造用合板を採用する事で建物強度を高めたり、世界最高水準の断熱材ネオマフォームをダブル断熱仕様としたり。伝統の技術を大切にしながらも最新の技術も採用されていて、より良い家づくりを追求している事が伺えます。

インターネット上の口コミや評判を見ると、優れた断熱性能や住み心地の良さ、デザインの良さを評価する声が多く、概ね満足されている方が多い印象を受けます。これも伝統の技術と最新の技術を融合させた道北振興株式会社の家づくりが優れているからでしょう。

勿論、良い家をつくる為には相応のコストは掛かるものです。価格の安さだけを前面に押し出したローコスト住宅と比較すれば、道北振興の家は少し価格も高く感じてしまう部分もあるかもしれません。

ですが、北海道で快適に過ごせる家をつくるために必要な水準を満たすには一定のコストは掛かるものと心得ましょう。実は高水準な断熱性能を実現しながらも高い設計自由度を実現出来る工務店はそう多くはありません。その点、道北振興株式会社の注文住宅は「機能性」「デザイン性」「設計自由度」、全てが高い水準で備わっています。品質と価格のバランスの良い工務店としてネット上の口コミや評判が概ね良いのも頷けます。

「家を建てるなら良い仕事をしてくれる工務店に依頼したい」

とお考えの方も多いかと存じますが、道北振興は冬の寒さが厳しい北海道で累計6500棟にも及ぶ施工実績があります。多くの大手ハウスメーカーが北海道に進出する中で、それでも地元の方に選ばれてきたという実績。それは道北振興株式会社が「良い仕事をする工務店」である事の証左ではないでしょうか。

北海道でマイホームを新築するなら、どれだけの実績があるかに注目すべきです。何故なら寒さの厳しい北海道で施工レベルの低い会社に依頼をしてしまうのは「死活問題」だからです。

近年は室内の温度差によるヒートショックで亡くなられる方が増えています。家族の健康の為にも、北海道で確かな実績を積み重ねて来た地場工務店ほど信頼のおけるものはないでしょう。

創業から60年余り、地元の方に選ばれ続けてきた道北振興株式会社はそういう意味でも信頼出来る工務店と考えて良いのではないでしょうか。

北海道の「道北」「道東」「道央」エリアで新築をお考えの方は候補に含めてみては如何でしょう。まずはカタログのお取り寄せから始められる事を推奨いたします。

道北振興では気軽にオンライン相談も出来ます!

初めての家づくりは分からない事だらけです。
例えばこんな悩みはありませんか?

「私の年収で住宅ローンは組めるのか」
「そもそも総額でどの位の費用が掛かるのか?」
「土地も一緒に探したいのだけど…」
「北海道はどの位断熱性能を重視すべき?」

などなど、家づくりにおける様々な悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。道北振興株式会社では「無料のオンラン相談」も実施しているので、わざわざ店舗まで行かなくてもこのような悩みを気軽に相談する事が出来ます。

資金面や住宅ローンの悩みは勿論、北国ならではの悩みにも全てお答え出来るのが、北海道で半世紀以上も家づくりを手掛けてきた「道北振興」の強み。これは大手ハウスメーカーでは決して真似の出来ない事です。

まずは気軽に「無料のオンライン相談」もしくは「簡単カタログお取り寄せ」をしてみては如何でしょうか。

道北振興は北海道「道北」「道東」「道央」で注文住宅を検討するなら絶対チェックしておきたい工務店の一つ。北海道で快適に暮らす為の高水準な断熱性能理想の暮らしを叶える完全自由設計を両立出来る施工レベルの高い工務店です。

「無料オンライン相談」及び「無料カタログお取り寄せ」はどちらも簡単に手続き可能なので、気軽にチェックしてみて下さい。

「道北振興」のカタログ取り寄せも手続き簡単!

関連記事

  1. リヴアースの口コミや評判

    リヴアースの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. アイ工務店の口コミや評判

    アイ工務店の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. ウッドシップ外観

    ウッドシップの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. マイトレジャーの口コミや評判

    マイトレジャーの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. 悠悠ホームの口コミや評判

    悠悠ホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. アイホーム宮崎県の口コミや評判

    アイ・ホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

    • 道北のレビュー
    • 評価:
      ★★★★★
      ★★★★★

    建てて7年位経ちますが、今も変わらず家の中は暖かいですし、大きな不具合等も起きていません。小さな不具合は幾つかありましたが、そちらも電話をすれば対応して下さりますし、特に不満もありません。デザインに高級感とかはあまり無いかもしれませんが、質実剛健って感じです。私の友人も道北で建てましたが、概ね同じような感想でした。

    • 光熱費の安い家
    • 評価:
      ★★★★★
      ★★★★★

    変にデザインに凝るより、旭川ら辺で家建てるなら何より断熱気密を重視した方が良い。最近は北海道も夏に30℃超えるようになったし、冬は冬で暖房やら灯油やらで余計にお金が掛かる。性能が良いと光熱費がかなり変わって来るから、下手なローコストで建てると後からが大変よ。道北振興は安くはないし、デザインは無骨で倉庫みたいな家建ててるけど、断熱気密はしっかりしてると思う。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

工務店の対応エリアから選ぶ

工務店への最新口コミ