ひらぎのの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

ひらぎのの口コミや評判

ひらぎのの詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(4)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
ひらぎのの注文住宅本体価格の目安:2100万円~坪単価の目安:60万円~
断熱材
現場発泡ウレタンフォーム
窓仕様
樹脂サッシ+Low-Eペアガラスアルゴンガス入り

目次

ひらぎのってどんな会社!?

ひらぎのは1977年創業の老舗工務店です。注文住宅、分譲住宅、リフォーム事業をメインに手掛けており、「いい家 ひと筋」を合言葉に、島根県と鳥取県で数多くの一戸建て住宅を手掛けて来た実績があります。

注目すべきは優れた住宅性能。ひらぎのが手掛ける注文住宅は、国が定めた住宅性能表示項目制度の6項目で最高等級を取得、標準仕様で長期優良住宅の認定条件をクリアしています。

ひらぎのがクリアしている住宅性能表示制度項目
  • 構造の安定「耐震等級3」
  • 構造の安定「耐風等級2」
  • 劣化の軽減「劣化対策等級3」
  • 維持管理への配慮「維持管理対策等級3」
  • 温熱環境「断熱等性能等級4」
  • 温熱環境「一次エネルギー消費量等級5」

特筆したいのが「温熱環境」の水準の高さ。ひらぎのの注文住宅は、建築物省エネルギー性能表示制度「BELSにおいて標準仕様で最高評価の★5つを取得しています。つまり断熱性能や省エネ性能に関しては、オプションを追加する事無くZEH基準を悠々クリア出来る水準を実現。太陽光発電や蓄電池などの「創エネ機器」を追加するだけで容易にZEH住宅を実現出来てしまう。これは大きなメリットになるでしょう。

他にも上質なデザイン性にも定評があり、施主の希望やライフスタイルに合った提案をトータルコーデイネイトしてくれます。所有する喜びを感じさせてくれるようなハイセンスでラグジュアリーな住まいを希望される方にとって、魅力的な工務店に感じるのではないでしょうか。

ひらぎのがつくる上質な注文住宅に興味がある方は、まずはカタログのお取り寄せから始められる事をオススメします。具体的にどのようなマイホームを実現出来るのかが見えて来ますし、デザインやトータルコーディネイトに定評のある会社なので、新しいアイデアも見つかるかもしれません。

ひらぎのの会社概要

工務店名 ひらぎの
会社名 株式会社ひらぎの
所在地 島根県 松江市 学園1-16-6
電話番号 0852-24-3882
代表者 平儀野 健一
設立 1985年
資本金 80(百万円)
売上高 4900(百万円)
従業員数 45名
着工数 調査中件
施工エリア 島根県,鳥取県
キャッチコピー いい家、ひと筋
売り文句・強み 標準仕様で長期優良住宅対応、「BELS」最高評価★5つも取得。

ひらぎのの価格や坪単価を知る

ひらぎのが手掛ける注文住宅は基本的に完全自由設計になるので「商品」や「定価」といった概念がありません。但し、過去の事例や数多く手掛けている分譲住宅の相場感から、おおよその価格帯や坪単価の目安を導く事は可能となります。

ひらぎのの注文住宅

  • 本体価格の目安:2100万円~
  • 坪単価の目安:60万円~
ひらぎのが手掛ける注文住宅は営業マンや設計士、インテリアコーディネイター、現場監督などがチーム体制を組み、施主の希望やライフスタイルに合った住まいをトータルプロデュースしてくれます。細部まで拘る事も出来ますし、建売住宅のプランから流用する事も可能です。デザインには定評のある会社なので上質なマイホームを実現する事が出来るでしょう。またひらぎのの注文住宅は標準仕様で長期優良住宅に対応可能です。高水準な住宅性能にも期待して良いでしょう。
ひらぎのの注文住宅外観画像
ひらぎのの注文住宅内覧画像1
ひらぎのの注文住宅内覧画像2

ひらぎのの注文住宅の特徴

  • 標準仕様で長期優良住宅対応
  • 標準仕様でBELS★5の最高評価
  • 上質なデザインと提案力

ひらぎのの家の住宅性能を確かめる

ひらぎので家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

図解でわかる!ひらぎのの住宅性能

【解説】
ひらぎのは住宅性能に拘った家づくりをしている工務店です。国が認める住宅性能表示制度6項目で最高等級を取得していますし、標準仕様のままで長期優良住宅にも対応可能です。追加オプション必要なく、初めから高い水準の住宅性能が備わっていると考えて良いでしょう。

コストをしっかり掛けた家づくりなので価格はその分高めの設定となります。ローコスト住宅と比較してしまうと割高に感じてしまう方も多いかもしれませんが、設計の自由度やデザインセンスの高さに定評がある会社なので、価値の捉え方は人それぞれではないでしょうか。

保証やアフターサービスに関しては公式ホームページ上に詳しく掲載されていない為、暫定で「3」評価としました。今は多くの競合が力を入れている項目なので今後の改善に期待したいです。


ひらぎのの耐震性および耐震等級を知る

ひらぎのの注文住宅は「耐震等級3」を取得しています。非常に高い耐震性能を有している事になります。

ひらぎのは設計自由度の高い在来工法(木造軸組工法)を採用しています。在来工法は接合部に地震のエネルギーが集中し易く地震に脆い弱点がありますが、接合部にN値計算に基づいた適切な接合金物を採用する事で弱点を補う事が出来ます。

また、土台・柱・梁に耐久性の高い「構造用ハイベストウッド」を配置する事で一体化した耐力壁を構成します。壁と天井・床を合わせて6面体を構成した「モノコック構造」は、新幹線や航空機にも採用される程の強固な構造です。剛性が高いので耐震性にも強い構造躯体を実現する事が出来ます。

他にも地震や台風に強い屋根組や、地震の横揺れに強い剛床工法を採用するなど、様々な耐震技術が採用されています。これにより、ひらぎのの注文住宅は全棟で「耐震等級3」を実現しています。


ひらぎのの断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

ひらぎのは高気密高断熱住宅にも注力しています。天井や壁部分には「ノンフロン発泡ウレタン」を断熱材として採用します。硬質ウレタンフォームはポリウレタン樹脂に発泡剤を加えた断熱材です。現場で発泡するので柱や壁に隙間なく施工する事が可能で、断熱性だけではなく気密性の向上も実現する事が出来ます。

床の断熱材には世界最高水準の断熱性能を誇るフェノバボードを採用。フェノール樹脂と非フロンガスを採用しており、経年劣化も少ない非常に優れた断熱材です。これら断熱仕様を見ても、コストをしっかり掛けた家づくりを行っている事が判ります。

また、ひらぎのは窓断熱もしっかりです。窓などの開口部は一番熱損失の高い箇所とされていますが、高性能な窓サッシを採用する事でしっかりとカバーしています。窓枠に関しては耐久性の高い樹脂アルミハイブリッド「LIXIL製」か、耐久性は劣るものの高い断熱性能に期待出来る樹脂窓の「YKK AP製」から選択する事が出来ます。

断熱性能に関しては「断熱等性能等級」をクリアしていますし、次項で触れさせて頂きますが、標準仕様のままでもZEH基準を上回る省エネ性能を実現しています。かなり高い水準の断熱性能を確保していると考えて良いでしょう。


ひらぎのは省エネ・創エネ住宅も得意

ひらぎのが手掛ける注文住宅は高気密高断熱住宅ですが、省エネ機器にも注力した家づくりを行っているので、標準仕様で「BELS」最高評価★5つを取得しています。

※「BELS」とは…建築物省エネルギー性能表示制度「BELS」は、2016年から始まった国土交通省による公的な制度で、住まいにおける省エネ性能を示す評価制度となります。一次エネルギー消費量基準の「BEI」と建物の省エネ性能を格付けし、最高★5までの評価となります。

つまり、ひらぎのの家は標準仕様のままでZEH基準を超える省エネ性能を実現している事になるので、太陽光発電をプラスするだけでZEH住宅を実現する事が可能です。ZEH住宅を希望されている方にとって、とても敷居が低く感じられるのではないでしょうか。

ZEH住宅は一次エネルギー消費量をプラスマイナスゼロにする住宅の事で、年間の光熱費を大幅に削減する事が可能です。これから何十年と暮らして行くマイホームのライフサイクルコストを考慮すれば、ひらぎので新築するならZEH住宅は是非とも検討に入れたいところです。

ひらぎのの実例を一部紹介

ひらぎの実例1
ひらぎの実例2

アシンメトリーな外観デザインとクールとナチュラルが融合した他社ではあまり見られないデザイン。完全自由設計だから実現出来る理想のマイホームを実現可能です。

ひらぎの実例3
ひらぎの実例4

存在感のある大屋根に銀色の瓦屋根。ボルドーカラーの外壁材にモザイクタイルの出窓。オーナーの拘りが詰まった北欧スタイルの佇まいです。

ひらぎの実例5
ひらぎの実例6

女性に人気の南欧風デザインも実現可能です。暖色系の石州瓦と白い外壁がお洒落な外観を彩ります。

ひらぎのの保証やアフターサービスを紹介

マイホームを新築した場合、構造上重要な箇所と雨水の侵入を防ぐ箇所に関して、施工業者には最初の10年間は「瑕疵担保責任」が法律で義務付けられています。つまり、ひらぎので新築した場合でも初期保証最低10年間は用意されている形となります。

尚、ひらぎのの公式ホームページでは保証延長制度やその条件、また引き渡し後の無料定期点検の回数や期間などは表記されていませんでした。もしひらぎので新築を検討される場合は、必ず事前に確認される事をおすすめ致します。

ひらぎのは値引きできる?

工務店値引き

マイホームは人生で一番大きな買い物となる方が殆どだと思います。少しでも安く購入する為には積極的に値引き交渉は行うべきです。では、ひらぎのは値引き交渉が可能な会社なのでしょうか。

注文住宅業界は多くのハウスメーカーや工務店で値引き交渉が行われています。数万円どころか、数十万円、時には100万円以上の値引きが行われるケースも珍しくはありません。一般的に値引き額の相場は本体価格の5%程度とされていますが、交渉のやり方やタイミング次第ではもっと大きな譲歩を引き出せる場合もあるでしょう。

もし金額面での値引き交渉が難しそうな場合は、オプションや設備をサービスして貰う等にシフトしてみるのも手です。

少しでもお得にマイホームを新築したいとお考えの方は、下記の値引き交渉のコツや、効果的な交渉等をまとめた特集ページをチェックしてみて下さい。

ひらぎのの口コミから評判を確認

【ひらぎのへの口コミ】
ひらぎの施主です。価格は決して安くはないですが、大手ハウスメーカーのような規格化された家ではなく、完全自由設計なので色々と面白いアイデアを盛り込みました。こちらの要望に嫌な顔ひとつせず、丁寧に対応して頂いて、とても感謝しています。かなり個性的な家になったので、世界に一つだけの自慢のマイホームが完成したと思います。

【ひらぎのへの口コミ】
学生時代にヨーロッパに旅行へ行った時から南欧風の家に憧れてました。最初は輸入住宅のメーカーを調べたのですが、凄くチープな所が多くて、偽物感が強かったんですよね。でも、ひらぎので見た家は凄く良い感じの質感に仕上がっていたのでお願いしました。リビングを天井高にして玄関ホールを吹き抜けにしたり、ミッドテリアをつくったり、設計の自由度は凄く高いです。それなのに住宅性能もしっかり両立しているので、安心して暮らす事が出来ます。

【ひらぎのへの口コミ】
しっかりコストを掛けた家づくりをしているのは分かるんだけど、正直言うと値段は高いと感じました。この位の値段になるとライバルは積水とか一条とかが当たり前になるので、凄く悩みましたよ。最終的に提案力が高かったひらぎのに決めましたが、大手のブランドに後ろ髪引かれたのは本当のところです。ただ住み心地は良いですよ。断熱性も物凄く良いって程ではないけど、しっかりしてるし。大きな地震はまだ経験してないから分からないけど、耐震等級3なので信頼してます。

【ひらぎのへの口コミ】
絵本に出てくるうような大きな三角屋根の家を作って貰いました。外観凄く気に入ってます。内装もナチュラル風にしたのでカントリースタイルで木の温もりを感じられます。凄く優しい家というイメージですかね。ひらぎの設計士さんやインテリアコーディネイターさんのセンスが良くて、お洒落な家に仕上げて貰いました。

【ひらぎのへの口コミ】
省エネ性が良いっていうのは本当で、光熱費が驚くほど安くなりました。今まで住んでいた賃貸に比べると、トータルで毎月2万円は変わって来ます。大袈裟な話ではなく、賃貸に住んでると資産にならないし光熱費まで高いんだなぁと実感しています。早く建てといて良かったです。

ひらぎのの口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

ひらぎのの口コミ・評判をまとめると
  • 設計の自由度が高い
  • 上質なデザインが得意
  • 断熱性、省エネ性に優れる
  • 価格が割高
  • 競合に比べるとブランド力が無い

ひらぎのが手掛ける注文住宅は、標準仕様で長期優良住宅に対応しています。国が認める住宅性能表示制度7項目で最高等級を取得していますし、「BELS」最高評価★5つも取得。コストをしっかり掛けて丁寧な家づくりを行う事で、しっかりとした住宅性能を実現する事が出来ます。

またデザインセンスの良さや設計の自由度に関しては評価が高く、フルオーダー注文住宅の醍醐味を楽しむ事が出来るでしょう。その分価格がやや高めとなるのは仕方のない部分かもしれません。

この価格帯となると、ライバルは全国的に認知度の高い大手ハウスメーカーとなるので、設備やブランド力の部分で差を感じてしまう事が多いかもしれません。

ひらぎのでマイホームを検討されている方は、まずは複数の候補と一緒にカタログのお取り寄せをして、スペック上の違いや装備されている住宅設備の違いなど、様々な角度から比較される事を推奨致します。マイホームは一生に一度の大切な買い物です。しっかりと比較をして理想のマイホームを実現させましょう。

関連記事

  1. 土屋ホーム 北海道 口コミ 評判

    土屋ホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. ディーズスタイルの口コミや評判

    ディーズスタイルの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. 東洋ハウジングの口コミや評判

    東洋ハウジングの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. 新昭和(ウィザースホーム)の口コミ評判

    新昭和(ウィザースホーム)の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. 町田工務店の口コミや評判

    町田工務店の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. パパまるハウス 工務店 口コミ 評判

    パパまるハウスの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

工務店の対応エリアから選ぶ