国分ハウジングの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

国分ハウジングの口コミや評判

国分ハウジングの詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(3.4)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
国分ハウジングの注文住宅本体価格の目安:1400万円~坪単価の目安:40万円~
フルコミホームの注文住宅本体価格の目安:2100万円~坪単価の目安:60万円~
ロイヤルホームの注文住宅本体価格の目安:2100万円~坪単価の目安:60万円~
換気システム
1種

目次

国分ハウジングってどんな会社!?

国分ハウジングは鹿児島県地盤の地域密着型の工務店です。「自己資金ゼロ、月々5万円から叶う理想の注文住宅」を掲げたローコスト住宅をメイン商品としていますが、同グループ内は価格帯によってブランドを複数揃えているので、ローコスト住宅からハイクラス住宅まで全価格帯の顧客をカバーしています。国分ハウジングの展開しているグループブランドは以下の通りです。

・国分ハウジング
「自己資金ゼロ、月々5万円から叶う理想の注文住宅」

・フルコミホーム
高級注文住宅「豪華な設備を全てフルパッケージング」

・ロイヤルホーム
パナソニックのテクノストラクチャー工法を採用した超耐震住宅

・かえるホーム
家計に負担を掛けない、理想の住まいが直ぐに「かえる」、建売専門ブランド。

・リノベホーム
リフォームやリノベーションを専門にしたブランド。

超ローコスト住宅から、豪華設備の揃った高級注文住宅、またはパナソニックのテクノストラクチャー工法による超耐震住宅など、豊富なブランドを揃えているので、予算や好みに合った家づくりを行う事が可能です。グループ全てを合わせる鹿児島県内で県内シェアNO,1となっており、地元の方にも多く選ばれている工務店です。

メインブランドの「国分ハウジング」では「安いだけではないコスパの良い住まい」をコンセプトに掲げています。標準仕様で発泡ウレタン断熱を採用したり、熱交換型第1種24時間換気システムを採用したり。本体価格1500万円以下でも満足度の高い住まいを提供しています。

また、高級注文住宅「フルコミホーム」では豪華な住宅設備と工法、構造を採用する事で標準仕様で長期優良住宅に対応しています。予算に余裕のある方はこちらのブランドも検討してみては如何でしょうか。

鹿児島県内で注文住宅をお考えの方は、国分ハウジング及び同グループ内の商品は候補に含めておきたいところです。まずはカタログのお取り寄せをして、どの位の予算でどのようなマイホームを実現出来るのか、チェックしてみては如何でしょうか。きっと素敵なプランが見つかると思います。

国分ハウジングの会社概要

工務店名国分ハウジング
会社名株式会社 国分ハウジング
所在地鹿児島県 霧島市 国分中央3丁目3-3
電話番号0995-45-8886
代表者久保 範和
設立1988年
資本金100(百万円)
売上高4960(百万円)
従業員数88名
着工数134件
施工エリア鹿児島県
キャッチコピー月々5万円からの注文住宅
売り文句・強みただ安いだけではなく、品質の良さも追求したコストパフォーマンスに優れた住まい。

国分ハウジングの価格や坪単価を知る

国分ハウジングは同グループ内に複数の注文住宅ブランドを展開しています。今回はその中でも人気のブランドを3つピックアップして紹介したいと思います。

国分ハウジングの注文住宅

  • 本体価格の目安:1400万円~
  • 坪単価の目安:40万円~
「自己資金ゼロ、月々5万円台から」をコンセプトにしたローコスト住宅プランで、主力ブランドになります。グループ全体で鹿児島県内NO,1の着工数を活かしたスケールメリットと様々なコスト削減施策により、低価格ながらも高品質な住まいを目指した家づくりをコンセプトにしています。標準仕様で現場発泡ウレタン断熱なども採用しています。
国分ハウジングの注文住宅外観画像
国分ハウジングの注文住宅内覧画像1
国分ハウジングの注文住宅内覧画像2

国分ハウジングの注文住宅の特徴

  • 価格が安くコスパ優秀
  • 標準仕様で発泡ウレタン断熱

フルコミホームの注文住宅

  • 本体価格の目安:2100万円~
  • 坪単価の目安:60万円~
国分ハウジンググループの高価格帯にあたるのがこちらのブランドです。他社では追加オプションが当たり前となるような「高性能樹脂サッシ」「太陽光発電システム」「自動洗浄バスルーム」など、グレードの高い住宅設備が全て標準装備されたモデルです。構造も耐力壁などが標準装備されているので住宅性能も高水準、標準仕様で長期優良住宅に対応しています。
フルコミホームの注文住宅外観画像
フルコミホームの注文住宅内覧画像1
フルコミホームの注文住宅内覧画像2

フルコミホームの注文住宅の特徴

  • 豪華設備が全て標準装備
  • 標準仕様で長期優良住宅に対応

ロイヤルホームの注文住宅

  • 本体価格の目安:2100万円~
  • 坪単価の目安:60万円~
木と鉄の強さを融合したパナソニックの独自工法「テクノストラクチャー」を採用した地震に強い自由設計の注文住宅です。頑丈な構造体の建物は、他の工法では難しい大空間リビングや吹き抜け、大開口の窓など開放的で自由な間取りも実現可能となります。
ロイヤルホームの注文住宅外観画像
ロイヤルホームの注文住宅内覧画像1
ロイヤルホームの注文住宅内覧画像2

ロイヤルホームの注文住宅の特徴

  • テクノストラクチャー工法による耐震性の高さ
  • 大空間リビングなど自由な設計が可能

国分ハウジングの家の住宅性能を確かめる

国分ハウジングで家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

図解でわかる!国分ハウジングの住宅性能

【解説】
国分ハウジングは価格帯によって複数の注文住宅ブランドを展開しており、各々で工法や構造が異なるので、住宅性能にも「差」が出ています。この項目では主力ブランドの「国分ハウジング」の住宅性能の評価を行いたいと思います。

国分ハウジングの注文住宅は「耐震等級」及び「断熱等性能等級」「UA値」など、住宅性能に関する数値や等級は公表していません。高級注文住宅の「フルコミホーム」や「ロイヤルホーム」では公表されている事を考慮すると、それよりも住宅性能が低い為に公表していない可能性もあります。当サイトでは暫定的に「3評価」としますが、実際に検討される場合は事前に確認を行うようにしましょう。


国分ハウジングの耐震性および耐震等級を知る

国分ハウジングでは基本的には木造軸組工法を採用しています。建物を柱や梁など軸組で支える構造をしているので、屋根が重たいと不可が大きくなってしまいます。そこで国分ハウジングでは特殊な軽量屋根を採用する事で、地震の揺れを小さくする事が可能としています。

また木造軸組工法は、地震エネルギーが接合部に集中し易い弱点が有るとされています。現在、多くのハウスメーカーや工務店では、この弱点を補う為に接合金物を採用したり、耐力壁を採用したりしています。国分ハウジングでも何かしらの施策を取り入れられているとは思われますが、公式ホームページ上では確認する事が出来ませんでした。

九州エリアも熊本地震以来、地震が頻発しているので耐震性能を重視している方も多いと思います。国分ハウジングで新築を検討される場合は、工法や構造、または「耐震等級いくつ相当なのか」についてしっかりと確認される事を推奨致します。


国分ハウジングの断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

国分ハウジングは標準仕様で現場発泡の硬質ウレタンフォーム断熱材が施工出来ます。高い断熱性能があるだけでなく、隙間なく施工する事が可能なので、気密性能を向上させる事も出来ます。

更に外側からは紫外線などの輻射熱を反射する、遮熱シートを施工しています。遮熱性を高める事で屋内の冷暖房効率を向上させたり、優れた透湿性で壁体内の湿気を放出し、結露を防止する事が出来ます。

国分ハウジングではこれらの断熱仕様が採用されていますが、断熱性能を表す指標となる「断熱等性能等級」や「UA値」などについては公表していません。「UA値」は断熱性能や断熱等性能等級、ZEH基準など様々な基準に採用されている数値なので、マイホームの断熱性能を測るのに役立つ指標です。

断熱性能は住み心地に直結する重要な項目なので、気になる方は事前に直接確認するようにしましょう。


国分ハウジンググループのテクノストラクチャー工法

国分ハウジンググループの「ロイヤルホーム」はパナソニックビルダーグループに加盟しているので、パナソニックが開発したテクノストラクチャー工法を採用する事が可能です。

テクノストラクチャー工法

パナソニックが開発した「テクノストラクチャー工法」とは、木と鉄の複合梁「テクノビーム」を採用する工法です。鉄の強さと木材の温もりを両立する事が出来るので、木造住宅でありながら鉄骨造のような構造躯体強度を実現する事が出来ます。

現在は多くの木造住宅が技術の改良により「耐震等級3相当」の強度が実現可能となりました。ですが、大空間や大開口、天井高や吹き抜け空間などを採用すると、どうしても地震に対して懸念が残ってしまいます。

この工法の最大のメリットは「耐震性能の向上」と「設計の自由度」です。木造住宅でありながら鉄骨造のような大空間や大開口などの自由な設計が可能になりますし、そのような間取り設計でも非常に頑丈な構造躯体なので耐震性能を維持する事が可能となります。また、コストや税金の面でも「木造住宅扱い」となるので有利な工法と考える事が出来るでしょう。

ホテルのロビーのような大空間や大開口のあるリビングに憧れている方は、ロイヤルホームのテクノストラクチャー工法の注文住宅を検討される事をおすすめ致します。

国分ハウジングの実例を一部紹介

国分ハウジングの実例1
国分ハウジングの実例2

黒い外壁とウッド調の外壁がお洒落な印象の外観デザイン。内装も木の温もりを感じるデザインを採用しています。

国分ハウジングの実例3
国分ハウジングの実例4

こちらは2階建てプランの外観デザイン。黒の基調とする事で、都会的な印象を与えてくれます。

国分ハウジングの保証やアフターサービスを紹介

マイホームを新築した場合、構造上重要な箇所と雨水の侵入を防ぐ箇所に関して、施工業者には最初の10年間は「瑕疵担保責任」が法律で義務付けられています。

国分ハウジングでも無償で受ける事の出来る初期保証期間として10年間が用意されており、地盤保証も10年間保証されています。尚、保証延長制度などは用意されていないようです。

無料の定期点検についても公式ホームページ上では明記されていません。家を建ててからの保証・アフターサポート体制は競合他社の多くが力を入れているので、少し物足りなく感じます。今後の改善に期待しましょう。

尚、保証制度や無料定期点検の頻度については、必ず事前に確認を行うようにしましょう。

国分ハウジングは値引きできる?

工務店値引き

マイホームはとても大きな買い物です。例え数%の値引きでも金額が大きいので数十万円~100万円以上のディスカウントとなる事も珍しくはありません。少しでも安く購入出来るのなら積極的に値引き交渉を行うべきです。

注文住宅業界は多くのハウスメーカーや工務店で値引き交渉が行われています。国分ハウジングの場合はローコスト住宅なので、高額の値引き交渉は難しいかもしれませんが、交渉のやり方やタイミング次第では何かしらの譲歩を引き出せる可能性はあるでしょう。

もし価格面での値引き交渉が難しい場合には、オプションや設備をサービスして貰えないか交渉してみるのも手です。少しでもお得にマイホームを新築したいとお考えの方は、下記の値引き交渉のコツや、効果的な交渉等をまとめた特集ページをチェックしてみて下さい。

国分ハウジングの口コミから評判を確認

【国分ハウジングへの口コミ】
ずっと賃貸暮らしだったのですが月5~6万円程度で新築出来るのは、僕みたいなマイホームなんて諦めていた世帯収入が低い家庭には魅力でした。担当の方も親身になって要望に応えてくれましたし、ベストな間取りも完成したと思います。住み心地も良くて、断熱性も賃貸の家に比べたら全然違うので感動しています。

【国分ハウジングへの口コミ】
土地も一緒に探していて、国分ハウジングさんに依頼しました。もう建ててから3年経ちますが、普通に住み心地も良いですよ。大手みたいな高級感とかは無いですけど、その分安かった訳ですし、コスパは良いと思います。上モノだけの本体価格も1500万円台ならこの位でしょう。豪華な家を無理して建てるより、その分旅行に行ったりしたいと考えているので、これで良かったと思っています。

【国分ハウジングへの口コミ】
ローコスト住宅なので仕方ないかもしれませんが、品質は完全に建売住宅のそれでした。断熱だけはウレタン使ってるので良いかもしれないけど、標準装備の設備もグレードが低いし、施工も雑です。安かろう悪かろうとまでは言いませんが、値段相応の家です。耐震性も正直言うと不安ですね。安かったので決めてしまったけど、もう少し慎重に検討すべきだったかもと考えてしまいます。

【国分ハウジングへの口コミ】
熊本地震の時は私の住んでいるエリアは震度4でした。家が結構揺れてとても怖かったです。もし震度6以上の地震が来たら…と不安を感じました。これから家を建てる方は耐震性を重視した方が良いと思います。国分ハウジングは今はパナソニックの工法を採用出来るそうなので、初期費用を抑える事ばかり考えず、家族の安全を優先すべきだったと少し後悔しています。

【国分ハウジングへの口コミ】
最初は価格の安さに惹かれたのですが、色々と話を進めて行く内に住宅性能の高い家が欲しくなり、結局はフルコミホームの方を紹介して貰いました。設備も豪華ですし、耐震性能もそちらの方が良いので、予算オーバーでしたが、少し無理をしてそちらで建てて良かったと思っています。とても快適に過ごせています。

国分ハウジングのインターネット上での口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

国分ハウジングの口コミ・評判をまとめると
  • 価格が安い
  • 土地の相談も出来る
  • 断熱性が良い
  • 品質が安っぽい
  • 耐震性に不安
  • 保証やアフターが手薄

国分ハウジングは同グループ内に住宅性能を重視した「フルコミホーム」や「ロイヤルホーム」がありますが、ローコスト住宅が主力となる「国分ハウジング」は、住宅性能や品質に対しての不満が多いように感じました。価格が安いので仕方ない部分もあるとは思いますが、後悔しない為にも同価格帯の競合他社とは良く検討をしておいた方が良いでしょう。

また、耐震性に対する不安の声も多いので、国分ハウジングで新築を検討する場合は、耐震性能を向上させる為の耐力壁等のオプション採用を検討するようにしましょう。

住宅性能に少し注文が付くとはいえ、賃貸住宅の家賃と変わらぬ支払いでマイホームを建てられるというのは魅力的です。鹿児島県でマイホームを出来るだけ安く購入したいとお考えの方は、国分ハウジングは候補に含めておくべき1社になると思います。まずはカタログのお取り寄せをして、どの位の予算でどのようなマイホームを実現する事が出来るのか、情報収集される事を推奨致します。

また、同価格帯の競合他社のカタログも一緒にお取り寄せして、どのような「差」があるのか比較してみる事もおすすめします。競合他社と良く比較を行う事で相場観を養う事も可能ですし、他社の提案プランから思わぬアイデアが閃く場合もあります。マイホーム計画で失敗しない為にも、出来るだけ多くの工務店と比較を行うようにしましょう。

関連記事

  1. ロータリーハウス

    ロータリーハウスの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. サンクスホームの口コミや評判

    サンクスホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. ウンノハウス 山形 宮城 福島 口コミ 評判

    ウンノハウスの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. 中庭住宅の口コミや評判

    中庭住宅の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. 近鉄不動産の口コミや評判

    近鉄不動産の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. スタジオ・チッタ

    スタジオ・チッタの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

工務店の対応エリアから選ぶ