土屋ホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

土屋ホーム 北海道 口コミ 評判

土屋ホームの詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(4.4)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
カーディナルハウス「CARDINAL HOUSE」建物価格の目安:2500万円~坪単価の目安:70万円~
リズナス「LIZNAS」建物価格の目安:1508万円~坪単価の目安:45万円~
断熱材
SEベストボード
窓仕様
樹脂サッシ+トリプルガラス

目次

土屋ホームってどんな会社!?

土屋ホームは北海道札幌市に本社を置く注文住宅メーカーで、施工エリアは北海道・東北・関東甲信エリアと北日本を中心に展開しています。親会社にあたる土屋ホールディングスは東証2部に上場している企業です。長年に渡り北海道を地盤に高気密高断熱住宅を手掛けてきた実績と経験があるので、北海道や東北エリアのような寒冷地でも快適に過ごせる住宅を建てて下さる信頼性の高い工務店です。

「世界で一つ、あなただけの家」を掲げた完全自由設計の注文住宅と、予め用意された提案プランからカスタマイズをして行く規格住宅の両方を商品ラインナップに揃えているので、予算に合わせたマイホーム計画を進める事が出来ます。

土屋ホーム最大の特徴は、住宅業界最高レベルの高気密高断熱住宅を手掛けている事です。後述致しますが、高気密高断熱をウリにしている全国区の大手ハスウメーカーよりも優れた断熱性能を実現する事が出来ています。これも北海道を地盤に、50年以上の長い年月を掛けて、暖かい家を研究・開発して来た土屋ホームの技術や経験が結集されているからでしょう。

夏涼しく冬温かいマイホームを建てたいとお考えの方であれば、是非一度はカタログのお取り寄せとショールーム見学に行かれる事をオススメします。当サイトとしても土屋ホームは信頼のおける工務店としてご紹介出来ます。
土屋ホームの会社概要

工務店名土屋ホーム
会社名株式会社土屋ホールディングス
所在地北海道 札幌市 北区北9条西3丁目7番地
電話番号011-717-5556
代表者土屋昌三
設立1976年
資本金711481(百万円)
売上高調査中
従業員数779名
着工数301件
施工エリア北海道,青森,秋田,岩手,宮城,山形,福島,茨城,栃木,埼玉,千葉,東京,神奈川,群馬,長野
キャッチコピー世界で一つ、あなただけの家
売り文句・強み住宅業界最高水準の高気密高断熱住宅を自社育成アーキテクトが責任施工
画像出典元・HPhttps://www.tsuchiyahome.jp/

土屋ホームの価格や坪単価を知る土屋ホームの価格や坪単価を知る

ここからは、まずみんなが気になる土屋ホームの価格や坪単価を代表的な商品ごとに割り出していきます。

土屋ホームでは完全自由設計の「カーディナルハウス」と規格住宅の「リズナス」の2つに大きく分かれた商品構成となっています。

カーディナルハウス「CARDINAL HOUSE」

  • 建物価格の目安:2500万円~
  • 坪単価の目安:70万円~
「世界で一つ、あなただけの家」をキャッチコピーにした完全オーダーメイドの注文住宅ブランドです。自社育成アーキテクト(設計士)によるゼロから行うプランニングで、世界で一つだけの個性的なマイホームを実現出来ます。大空間リビングや吹き抜け空間など、自由度の高い間取りを実現しながらも、住宅業界最高水準の外皮性能(断熱性能)を実現、氷点下10℃以下の冬でもTシャツ1枚で過ごす事の出来る住環境は北海道地盤の土屋ホームだからこそ成せる業でしょう。
カーディナルハウス「CARDINAL HOUSE」外観画像
カーディナルハウス「CARDINAL HOUSE」内覧画像1
カーディナルハウス「CARDINAL HOUSE」内覧画像2

カーディナルハウス「CARDINAL HOUSE」の特徴

  • 自社アーキテクトによる完全オーダーメイド住宅
  • 設計自由度を実現しながらも住宅業界屈指の断熱性能
  • 施主の好みに応じて工法も選択可能

リズナス「LIZNAS」

  • 建物価格の目安:1508万円~
  • 坪単価の目安:45万円~
土屋ホームが50年以上積み重ねてきた実績を活かした規格住宅です。予め用意された提案プランから好みの形にカスタマイズして行きます。規格住宅の場合はイチから設計をしていく訳ではないのでコストカットが可能で、価格を抑える事が出来ます。勿論、価格を抑えながらも高気密高断熱住宅はそのままに実現可能なので、費用対効果の高いマイホームを実現する事が出来るでしょう。一番価格の安い「1シリーズ」なら本体価格1508万円から購入可能で平屋建てプランも対応可能です。
リズナス「LIZNAS」外観画像
リズナス「LIZNAS」内覧画像1
リズナス「LIZNAS」内覧画像2

リズナス「LIZNAS」の特徴

  • 北海道基準の断熱性能
  • 価格を抑えながらも高性能なコストパフォーマンス
  • ライススタイルに合わせた多彩な提案プラン

土屋ホームの家の住宅性能を確かめる

土屋ホームで家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

土屋ホームの住宅性能バランスチャート

【解説】土屋ホームは耐震等級3(最高等級)を取得しており、オプションで制震技術も採用可能です。地震に対する信頼感は高いと考えて良いでしょう。断熱/省エネ性に関しても住宅業界最高レベルです。設計自由度が高い反面、完全自由設計の「カーディナルハウス」は拘れば拘る程、価格も高くなってしまいます。予算に余裕の無い方は規格住宅「リズナス」を検討してみては如何でしょうか。


土屋ホームの耐震性および耐震等級を知る

土屋ホームは木造軸組工法と木質パネルを組み合わせた「BES-T構法」を採用しています。この工法は軸組構造と壁構造を組み合わせる事で、点と面で建物を支える事が出来、地震や台風などの外力に強い構造躯体を実現する事が出来ます。在来工法の設計自由度とツーバイ工法の頑丈さを合わせ持った工法と考えれば判り易いでしょう。

土屋ホームの「BES-T構法」では「エンジニアリングウッド」と呼ばれる構造用集成材が採用されていますが、一般的な無垢材の約1.2倍~1.5倍の強度があり、これに断熱材の入った「SEベストボード」を組み合わせる事で高い耐震性能を実現しています。

土屋ホームでは基本的全ての商品が「耐震等級3(最高等級)相当」ですが、制振装置のオプションを採用する事で更なる強化も可能です。


土屋ホームの断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

北海道を地盤に長年に渡り「暖かい家」を研究・開発して来た土屋ホームの断熱性能は、日本の住宅業界では最高水準です。

土屋ホームの外断熱工法は、構造躯体を外側から断熱材で包み込み、家の中を魔法瓶のような効果を齎します。柱や壁など構造材の外側から密封するように断熱材が施工されるので、断熱性・気密性を高める効果に期待出来ますし、結露を防ぐ効果にも期待出来ます。

使用されるのは、土屋ホームが独自に開発した「SEベストボード」と呼ばれる断熱材です。この断熱材は熱伝導率が低い上に水密性にも優れているので、積雪の多い北海道でも湿気に強いです。ちなみに大手ハウスメーカー等で採用される高性能グラスウールの約1.4倍の断熱性能が有ります。

土屋ホームで公表されている断熱性能「UA値0.25」は住宅業界最高レベルの水準です。北海道や東北エリアなどの寒冷地エリアは勿論ですが、関東エリアでも真冬にTシャツ1枚で過ごせてしまう位、暖かい家を実現出来るレベルと考えて良いでしょう。

土屋ホームの実例を一部紹介

土屋ホーム 実例1

※土屋ホーム「カーディナルハウス」は高気密高断熱でも大空間リビングを実現出来ます。

土屋ホーム 実例2

※土屋ホームはプロのアーキテクツ集団が上質なデザインを提案します。

土屋ホーム 実例3

※土屋ホームがプロデュースする、石の質感を活かした高級感のあるアイランドキッチン。

土屋ホームの保証やアフターサービスを紹介

土屋ホームは無償で受ける事の出来る初期保証は10年間です。構造躯体の重要な部分と雨漏りに関する部分のみ対象で、法律で義務化されている保証期間です。尚、10年目の有償メンテナンス工事を受ける事で、この保証期間を20年目まで延長する事が出来ます。定期点検や保証延長制度などの詳しい詳細については、公式ホームページ上にも掲載されていないので、直接ヒアリングされる事を推奨致します。

土屋ホームは値引きできる?

工務店値引き

マイホームは高額な買い物ですから、少しでもお得に購入したいとお考えの方も多いかと存じます。土屋ホームでは値引き交渉は可能なのでしょうか。

結論から申し上げれば、土屋ホームでは「建物本体価格からの値引きは行なわない」会社方針のようです。値引き前提の価格では無く、最初から利益ギリギリの価格で提案をしてくれているので、値引き交渉で駆け引きなどを行う必要はありません。

但し、建物価格本体の値引きは難しくとも、設備やオプションのサービスに関しては交渉のタイミング次第では引き出せるケースがありそうです。値引き交渉の効果的なやり方やコツに関しては下記特集ページをご確認頂けましたら幸いです。

土屋ホームの口コミから評判を確認

【土屋ホームへの口コミ】
土屋ホームで昨年新築しました。担当の営業マンの方もとても感じが良くて、こちらの要望を真摯に聞いて頂けました。予算的にリズナスの方で建てましたが、初めから家事動線などが考慮された間取りだったので、大きな変更無しでも満足の行く住まいに仕上がったと思います。以前住んでいた賃貸住宅ではちゃんちゃんこが手放せなかったのですが、評判通り家の断熱性も良くて、冬でもパジャマ一枚で過ごす事が出来ます。暖かい家は本当に住み心地が良いですね。

【土屋ホームへの口コミ】
大手ハウスメーカーは契約したら下請けに丸投げの所が多いけど、土屋は自社内で大工や職人も育てているから、丁寧な仕事をしてくれます。マイホーム系のブログなんか読むと現場施工でのトラブルが本当に多いし、その点土屋ホームなら安心して任せられる。ストレス無く完成まで楽しみに待つ事が出来ると言うのは本当にメリットだと感じます。価格は正直少し高かったですけど、家の仕上がりには文句無いですし、とても満足出来るマイホームに仕上がりました。

【土屋ホームへの口コミ】
北海道在住ですが、家の暖かさは本物です。冬に暖房を消して就寝しても、朝まで部屋の中が暖かいので、布団から出るのも苦ではありません。外構工事に関しても土屋さんが紹介してくれた業者さんは仕事が丁寧でした。

土屋ホームのネット上での口コミや評判をまとめると以下のような声が多いようです。

土屋ホームの口コミ・評判をまとめると
  • ・断熱性能が素晴らしい
    ・自社で大工や職人を育成しているので仕事が丁寧
    ・規格住宅リズナスは価格の割に性能が高い

土屋ホームは大手ハウスメーカーよりも優れた断熱性能を実現出来る数少ない工務店です。完全自由設計の「カーディナルハウス」は相応に価格も高めですが、規格住宅タイプの「リズナス」ならば、価格を抑えながらも高性能な住宅を実現する事が出来ます。北海道で暖かい家に住みたいとお考えなら、必ず候補に含めておきたい1社です。

関連記事

  1. ゆめすみか吉村一建設の口コミや評判

    ゆめすみか(吉村一建設)の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. トミオ 千葉 茨城 口コミ 評判

    トミオの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!,

  3. 東洋ハウジングの口コミや評判

    東洋ハウジングの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. インターデコハウスの口コミや評判

    インターデコハウスの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. アーネストワン

    アーネストワンの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. 近藤建設埼玉の口コミや評判

    近藤建設の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

みんなの口コミや評判

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 評価:
      ★★★★★
      ★★★★★

    少し無茶な間取りをお願いしようとしたら、耐震等級3を維持出来なくなると設計士さんに言われました。耐震等級3の基準をクリアする為に出来る事、出来ない事があるとキッパリ言って貰えた方が、こちらとしても判り易くて逆に良かったですね。他社で相談したら「多分大丈夫です」としか言わない所もあって、逆にそういう所では建ててはいけないな、と感じた次第です。

    • UA値0.19
    • 評価:
      ★★★★★
      ★★★★★

    日本一の高気密高断熱の家を建てたいと設計士さんに依頼をしたらUA値0.19の提案をされました。HEATG20のG3をクリアしているので、これから先何十年も冬暖かい家を実現出来ると思いサインしました。一条などの他社ではここまでのスペックは出せなかったみたいです。

    • 名無し
    • 評価:
      ★★★★★
      ★★★★★

    業者泣かして儲かる会社

工務店の対応エリアから選ぶ

工務店への最新口コミ