昭和建設の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

昭和建設

昭和建設の詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(4)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
家族だんらんの家本体価格の目安:1800~1899万円坪単価の目安:48.8~51.5万円
セレクト100(Select100)本体価格の目安:1400万円~坪単価の目安:40万円~
断熱材
ミラフォーム
窓仕様
オール樹脂サッシ+Low-Eぺガラス
制振装置
木造軸組用摩擦ダンパー(FRダンパー)

目次

昭和建設ってどんな会社!?

昭和建設は、福岡県に本社を置き九州地方を中心に年間700棟以上の施工実績を誇る大手ビルダーです。

昭和建設は「よりよい住まいをより安く、より多くの方へ」をコンセプトに、性能バランスに優れたフルオーダーの注文住宅をローコスト価格で提供しています。昭和建設の主力商品「家族だんらんの家」の価格帯はおおよそ「坪単価41~48万円」前後と、ローコストでありながら標準仕様で長期優良住宅・省令準耐火構造・ZEH省エネ基準をクリア。また柱にはオール4寸の太い構造材、ヒノキの土台、オール電化など高品質な部材・設備も備えています。

1000万円台で安全性と快適性に優れた自由設計の注文住宅を建てられる点が昭和建設の最大の魅力と言えるでしょう。また、標準仕様でも選べる設備が多いとの声も多いです。自由設計の注文住宅をローコスト価格で検討している方は、ぜひ一度昭和建設の住宅カタログをチェックしてみるといいでしょう。

昭和建設の会社概要

工務店名昭和建設
会社名昭和建設株式会社
所在地福岡県 久留米市 国分町743-2
電話番号0942-21-3311
代表者戸田 誠二
設立1980年
資本金100(百万円)
売上高14200(百万円)
従業員数290名
着工数789件
施工エリア福岡,佐賀,熊本,大分,長崎,山口
キャッチコピーより良い住まいをより安く、より多くの方へ
売り文句・強み長期優良住宅・省令準耐火構造・ZEH省エネ基準を標準仕様

昭和建設の価格や坪単価を知る

次に昭和建設の具体的な価格・坪単価を割り出していきましょう。

昭和建設は、自由設計の注文住宅「家族だんらんの家」が主力商品となりますが、家族だんらんの家の性能をそのままにプランを規格化した「Select100」も提供しています。この項目では、昭和建設の主力モデル「家族だんらんの家」と、規格モデル「Select100」について参考価格を添えてご紹介させて頂きます。

家族だんらんの家

  • 本体価格の目安:1800~1899万円
  • 坪単価の目安:48.8~51.5万円
「家族だんらんの家」は、標準仕様で長期優良住宅・省令準耐火構造・ZEH省エネ基準をクリアする昭和建設の自由設計の注文住宅モデルです。気密性・断熱性に優れた外張り断熱工法で、オール電化のため光熱費のランニングコストも軽減しています。自由設計のため、坪単価は広さやオプションによりますが、おおよそ坪単価50万円以内がボリュームゾーンとなります。
家族だんらんの家外観画像
家族だんらんの家内覧画像1
家族だんらんの家内覧画像2

家族だんらんの家の特徴

  • 昭和建設の自由設計の注文住宅
  • 長期優良住宅の基準をクリア
  • 省令準耐火構造
  • ZEH省エネ機運をクリア
  • 外張り断熱工法を採用
  • オール電化でランニングコスト軽減

セレクト100(Select100)

  • 本体価格の目安:1400万円~
  • 坪単価の目安:40万円~
セレクト100(Select100)は、昭和建設の主力モデル「家族だんらんの家」をベースに規格化した商品モデルです。長期優良住宅・省令準耐火構造・ZEH省エネ基準をクリアする住宅性能はそのままに内部仕様や窓などの限定することでコストカットを実現。またプランの打ち合わせが不要なため、期間の短縮にも繋がります。100プランが用意されていますので、きっと好みの外観・間取りが見つかると思います。自由設計よりもコストを抑えたい方にオススメです。
セレクト100(Select100)外観画像
セレクト100(Select100)内覧画像1
セレクト100(Select100)内覧画像2

セレクト100(Select100)の特徴

  • コスパに優れた規格住宅
  • 豊富な100プランを用意
  • 住宅性能は「家族だんらんの家」と同等

昭和建設の家の住宅性能を確かめる

昭和建設で家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

図解でわかる!昭和建設の住宅性能

【解説】
それでは昭和建設の家の住宅性能についてみていきます。

昭和建設は、ローコスト注文住宅を中心に手掛けているビルダーですが、住宅性能にも力を入れています。

まず耐震性についてですが、柱・土台ともに4寸角の太い木材を使用した木造軸組み工法で家を建てています。木造軸組み工法は、接合部分に地震エネルギーが集中しやすい弱点がありますが、昭和建設では強度の高い金物を用いることで接合強度をアップ。また基礎も分厚く、床には厚さ28mmの分厚いパネルで剛床工法にしていますので、地震に対しては一定の強さを誇ると言えるでしょう。

なお、昭和建設ではオプションで制震ユニット「木造軸組み摩擦ダンパー(FRダンパー)」を採用することが可能なので、より地震に備えたい場合は制震ダンパーの採用を検討してもいいかもしれません。

次に断熱性ですが、昭和建設は構造躯体を断熱材ですっぽり覆う「外張り断熱工法」を採用し「断熱等性能等級4」の基準(UA値0.87)を標準仕様でクリアしています。昭和建設の施工エリアは、比較的温暖な地域のため、断熱等性能等級4のレベルを確保していれば問題なく快適に過ごせるはずです。

その他、昭和建設の住まいは外壁や内壁に「ファイヤーストップ材(火が他の部屋に燃え広がってしまうことを遅らせる部材)」を用いた省令準耐火構造となり、万が一の火災にも強いです。また省令準耐火構造の家は、一般的な木造住宅と比べて火災保険も安く抑えられることもメリットと言えるでしょう。

昭和建設の価格帯はおおよそ「坪単価41~48万円」前後がボリュームゾーンとなるローコスト住宅です。価格を抑えつつも、標準で長期優良住宅の基準をクリアしている点は魅力的です。特に耐震性・耐火性などの安全面には非常に力を入れているため、家族の安全を第一に考える方にはオススメのビルダーと言えるでしょう。九州地方で、ローコスト価格で性能バランスに優れる注文住宅を建てたい方は、ぜひ一度昭和建設をチェックしてみましょう。


昭和建設の耐震性および耐震等級を知る

次に「昭和建設の住宅は地震に対してどれほど強い家なのか?」という点についてもう少し掘り下げて解説していきます。

昭和建設は、木造軸組み工法を採用して家を建てています。一般的に、木造軸組み工法はツーバイフォー工法や、パネル工法に比べて構造材同士の接合部分に地震の負荷が集中しやすい点が弱点と言われていますが、昭和建設ではこの弱点を補うために、横架材と主要柱との接合部等に「木製火打」「羽子板ボルト」「筋違金物」などを用い接合強度をアップ、そして隅角部にはL字に耐力壁を配置し耐震性を高めています。

また、昭和建設の家は、基礎の強度も高いです。基礎の配筋は建築基準法を上回る径13mmで15cm間隔で施工し、基礎立ち上がり幅も15cmと通常よりも分厚くなっています。また1階、2階の床には厚さ28mmの分厚い構造用合板を施工し、水平方向の地震の揺れに強い剛床工法を採用。

昭和建設では、公式ホームページに明確な耐震等級の記載はありませんが、昭和建設では全棟「長期優良住宅」の基準をクリアしているため、最低でも「耐震等級2相当」の耐震強度は確保されています。またさまざまな耐震性アップの施策が施されているため、耐震性については心配はないでしょう。

もし耐震性について心配であれば、昭和建設では、オプションで制震ユニット「木造軸組み摩擦ダンパー(FRダンパー)」を採用することが可能なため、導入を検討すると良いかもしれません。

昭和建設 FRダンパー

昭和建設 FRダンパー

FRダンパーは摩擦の力を応用し、震度6強の揺れ幅を最大70%低減することができる制震システムです。使用している摩擦材は速度、温度、湿度にも性能変化がほとんどなく安定した性能を発揮し、鋼材系のダンパーとは異なり疲労による性能劣化の心配もありません。昭和建設の家は、もともとの耐震性も低くないですが、より地震に備えたい場合はFRダンパーのオプション採用を検討してみましょう。


昭和建設の断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

次に昭和建設の断熱性能についてもう少し深堀りしていきます。

昭和建設は、高い気密性と優れた断熱効果を発揮する「外張り断熱工法」を採用し、住宅性能表示制度における「断熱等性能等級4」の基準を標準仕様でクリアしています。

公式ホームページには採用している断熱材について特にアナウンスがありませんが、ネット上では「ミラフォーム」という押出し法ポリスチレンフォーム断熱材が使われているという情報が確認できました。公式HPに記載されている情報ではないため、詳しくは確認が必要ですが、ボード状に成型されたポリスチレンフォーム断熱材は外張り断熱工法に使われるケースも多いため、こちらが採用されている可能性は高いと思われます。

なお、各断熱層の厚み等も公式ホームページに特に記載はありませんが、昭和建設では「断熱等性能等級4」の基準をクリアしているため、同基準値である「UA値0.87」は最低限クリアしているはずです。九州地方は、比較的温暖なエリアなので「UA値0.87」をクリアしていれば、問題なく快適に過ごせるでしょう。

なお、昭和建設は気密性を示す数値(C値)に関しても特に具体的なアナウンスはありませんが、気密性を確保しやすい「外張り断熱工法」を採用しているため、極端に気密性が悪いという可能性は低いと思われます。C値は1棟1棟で実測する数値になりますので、自由設計の昭和建設の家は目安の数値を公開しにくいという事情があるのかもしれません。気密性の数値(C値)に関しては詳しくは直接ヒアリングすることをオススメします。


昭和建設は省エネ・創エネ住宅も得意

昭和建設は省エネ・創エネに特化したZEH住宅にも積極的に取り組んでいるビルダーです。

ZEHとは「Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」の略で「家で消費するエネルギー」と「家で創るエネルギー」を差し引きゼロを目指す住宅のことです。高い断熱性能を備える家は消費エネルギーを低く抑えることができ、さらに太陽光パネルなどの創エネ設備を採用することで光熱費のランニングコストを大きく削減できます。

ちなみに、昭和建設では全棟で「ZEH基準の省エネ基準をクリア」と記載がありますが、これは「断熱性(UA値)」の基準をクリアしているわけではなく、おそらくLED照明を使うなど「一次エネルギー消費量」の基準をクリアしているという意味だと思われます。昭和建設でZEH住宅にするには、断熱仕様のアップグレードが必要になる可能性がある点に注意しましょう。

昭和建設の実例を一部紹介

次に昭和建設の手掛けた建築実例をいくつかピックアップしてみましょう。実例をご覧頂くとイメージしやすいはずです。

昭和建設の建築実例1
昭和建設の建築実例です。モデルハウスのような生活感を出さない美しい平屋住宅に仕上がっています。

昭和建設の建築実例2
勾配天井を活かした開放感のあるリビングです。

昭和建設の建築実例3
白い外壁に格子の目隠しが付いたシンプルモダン風邸宅です。

昭和建設の建築実例4
ナチュラルな雰囲気の広々としたリビング。

昭和建設の建築実例5
シンプルなハコ型フォルムのスタイリッシュな外観です。

昭和建設の建築実例6
広々としたリビングにプロ顔負けのキッチン。

昭和建設の保証やアフターサービスを紹介

次は、昭和建設の保証やアフターサービスについてみていきましょう。

昭和建設の「構造躯体の重要な部分」と「雨漏りを防止する部分」の初期保証は「10年間」となります。

新築マイホームを建築する場合は品確法という法律によって「構造躯体の重要な部分」と「雨漏りを防止する部分」に関しては10年間の初期保証が義務付けられているため、昭和建設の保証内容は法律で義務付けられた最低範囲の内容と言えます。特に保証の延長システムなども確認できませんでした。

また、昭和建設では建物の引き渡しから1年、2年、5年、以降は5年ごとに30年まで計8回の定期点検サービスを行っています。定期点検の回数・期間は充実していると言えるでしょう。

昭和建設は値引きできる?

工務店値引き

次に昭和建設の家は値引き交渉が可能かどうか?という点を見ていきましょう。

一般的に注文住宅を建てる場合、本体価格の3~8%程度であれば値引き交渉に応じてくれるハウスメーカー・工務店が多いですが、昭和建設は値引き交渉にはあまり積極的ではないようです。インターネット上でも、大幅な値引きに成功した事例などは確認できませんでした。昭和建設はもともとローコストのため、始めから値引きの余地が少ないのでしょう。

しかし、実際に値引きが可能かどうかは購入のタイミングやプランによっても異なるため、はじめから諦めるのでなく、とりあえず購入の意思が固まったら「ダメでもともと」という気持ちで積極的に値引き交渉を行ってみることをオススメします。

なお、当サイトでは値引き交渉のコツのほか、オプション交渉のコツに関しても詳しく特集しています。ぜひ以下のリンクよりチェックしてみてください。

昭和建設の口コミから評判を確認

【昭和建設への口コミ】
建物本体1000万円台でそこそこのクオリティの注文住宅を建てる会社。長期優良住宅基準なので性能も悪くないし見た目もまずまず。価格と性能のバランスは良いと思います。

【昭和建設への口コミ】
昭和で建てて初めての夏を過ごしましたが、個人的には断熱性は悪くないと感じています。家の中はエアコンが要らないとまではいかないもののそれなりに涼しいです。エアコンを付ければすぐに冷えます。

【昭和建設への口コミ】
安いから売れているらしいけど外観の高級感が乏しい。建て売り住宅みたい。大手見たあとに見学にいったから余計にそう感じました。

【昭和建設への口コミ】
価格を考えると標準の設備グレードは他社よりもコスパが良いと思います。柱とかも構造材も通常より太いのを使っているらしいですし基礎も分厚いです。特に安全性には気を使って建てているなと思いました。

【昭和建設への口コミ】
ローコスト住宅でオール樹脂サッシ、アルゴンガス入りのペアガラスを採用してますし、ローコスト住宅にしては仕様も設備も力を入れていると思います。同じ価格帯のローコストメーカーよりはあらゆる面で高性能です。標準でオール電化なのも個人的には嬉しい。ただ、オール電化については好みがあるのでガスが良い人はガスにもできるみたいです。

【昭和建設への口コミ】
担当の営業マンは、若いけど一生懸命な印象。説明はあんまりわかりやすいタイプではないけど、真面目な人間であることはわかるので一応信頼しています。

昭和建設のインターネット上での口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

昭和建設の口コミ・評判をまとめると
  • 全棟長期優良住宅の基準をクリア
  • 担当営業マンが信頼できた
  • 外観の高級感に乏しい
  • 価格帯(坪単価)が安い
  • 価格と性能のバランスが良い
  • ローコスト住宅にしては設備や仕様のグレードが高い

昭和建設の口コミ・評判をみると、ローコスト住宅としては構造・仕様・設備などのグレードが高いなど、概ね好評のようです。ただ、外観などの高級感には乏しいという意見もありました。

昭和建設は、標準仕様で長期優良住宅の基準をクリアし、省令準耐火構造の安全性の高い住まいをローコスト価格で提供する人気部ビルダーです。価格帯のボリュームゾーンは「坪単価41~48万円」前後と、比較的リーズナブルに注文住宅を建てることが可能です。

九州地方で性能バランスに優れた注文住宅を検討している方は、ぜひ一度昭和建設の住宅カタログをチェックしてみましょう。

関連記事

  1. 一建設 口コミ 評判

    一建設の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. 安成工務店

    安成工務店の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. 宮崎県のピースホーム口コミや評判

    ピースホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. アイムの家(岡山)の口コミや評判

    アイムの家(岡山県)の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. ジブンハウス 口コミや評判

    ジブンハウスの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. 永和住宅の口コミや評判

    永和住宅(クリ英ター永和)の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • ローコストではかなり良い

    年間棟数多いから、スケールメリットでどんどん生産出来るから安く出来ると営業マンが言ってました。他社で同じだけの性能や設備を実現しようとすると100万円以上高くなるって話です。建売がベースっぽい家なので、少しチープな感じがするのは否めませんが、それでもこの価格の安さは正義だと思いますね。安くて安心出来る家なので、ローコストで建てたい人には良いと思いますよ。

    • 匿名

    この価格で窓断熱とかしっかりしてるのは流石。他と比べると、昭和建設がどれだけコスパに優れているかは一目瞭然!

    長期優良住宅
    省令準耐火
    樹脂サッシ標準
    光セラ標準
    陶器瓦標準

    これだけ付いてこの値段なら文句ないですわ。コスパ最強。デザインが地味なのは同意。

工務店の対応エリアから選ぶ

工務店への最新口コミ