ブルースホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

ブルースホームの口コミや評判

ブルースホームの詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(3.8)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
コンテンポラリー本体価格の目安:1750万円~坪単価の目安:50万円~
アーバンフレンチ本体価格の目安:1900万円~坪単価の目安:55万円~
アメリカントラディショナル/コースタルハウス本体価格の目安:1900万円~坪単価の目安:55万円~
断熱材
高性能グラスウール
窓仕様
樹脂サッシ+Low-Eガラス(アルゴンガス入り)
換気システム
1種

目次

ブルースホームってどんな会社!?

ブルースホームは建材卸売事業大手「ジャパン建材」を中核に住宅関連事業を多く傘下に置くJKホールディングスの注文住宅部門です。木造2×4工法の注文住宅ブランドをフランチャイズ展開しています。

「むかしみた、あの映画のような暮らしを」をキャッチコピーに輸入住宅を専門にしたデザイン住宅を手掛けています。昔大好きだった映画やドラマのワンシーンで登場する外国の家のデザインに惹かれた事がある方は多いのではないでしょうか。あの美しい景観の家を価格を抑えながら実現する事が出来るのがブルースホーム最大の魅力です。

ブルースホームのファザード

特にブルースホームが拘っているのがファザードデザインです。ファザードは建築物正面部のデザインを指す箇所で、外観の佇まいを決定付ける重要なデザインとなります。重厚感や高級感、そして輸入住宅ならではの異国情緒。それらを併せ持った素敵な外観デザインを実現する事が出来るでしょう。

また、輸入住宅と言えばデザインだけが注目されがちですが、ブルースホームでは住宅性能も重視した家づくりを行っている点は見逃せません。高い安全性と快適な住環境を実現する為に、様々な技術が採用されています。

またブルースホームでは使用する素材にも拘っています。家の空気環境を整えれば家族の健康に繋がります。近年は家の空気環境を重視する工務店が増えて来ました。ブルースホームでは身体に優しい天然素材として「珪藻土の塗り壁」や「天然の無垢床材」、「ケリーモアペイント」や「植物由来のリボス社塗料」などを採用しています。

・珪藻土の塗り壁
自然素材の珪藻土の塗り壁は、消臭効果や調湿効果に優れています。一般的なクロスの内装壁に比べて室内の空気を綺麗にしてくれますし、見た目の高級感も与えてくれます。

・ケリーモアペイント
インテリア用塗料のエンバイロコートは揮発性有機溶剤や有機化合物を含まない水性塗料が採用されています。1600色を超えるカラーバリエーションも魅力です。

・植物由来のリボス社塗料
ドイツのリボス社製の塗料は子供が誤って舐めても大丈夫なように安全性の高い塗料となっています。自然由来のものを使用しているので小さなお子様がいるご家庭でも安心して暮らす事が出来ます。

・無垢の床材
フローリングには足触りの良い天然の無垢材を使用しています。本物の無垢材だから温かみを感じますし、経年の変化を愉しむ事が出来るでしょう。レッドパイン(赤松)、ダグラスファー(米松)、イエローバーチ(真樺)等から選ぶ事が出来ます。

他にも「24時間換気システム」を採用する事で、家の中の空気環境は常に綺麗に保つ事が出来ます。ブルースホームでは異国情緒溢れる輸入住宅デザインを低価格で実現出来るだけでなく、住宅性能や家の空気環境に配慮した家づくりを行っている注文住宅ブランドです。

興味のある方は、まずはカタログのお取り寄せをしてどのようなマイホームを実現可能かチェックしてみては如何でしょう。きっと素敵なプランが見つかると思います。

ブルースホームの会社概要

工務店名ブルースホーム
会社名JKホーム株式会社
所在地千葉県 千葉市 稲毛区長沼町330-18
電話番号043-306-7221
代表者桃井 隆司
設立2013年
資本金30(百万円)
売上高調査中
従業員数28名
着工数350件
施工エリア千葉県,神奈川県,埼玉県,新潟県,長野県,静岡県,愛知県,大阪府,奈良県,福岡県
キャッチコピーむかしみた、あの映画のような暮らしを
売り文句・強み木造2×4工法、2×6工法の輸入住宅デザイン。古き良きアメリカを再現するアーリーアメリカンスタイル。

ブルースホームの価格や坪単価を知る

ブルースホームでは4つのファザードデザインを用意しています。間取り設計は同じでもデザインが変われば違う表情を与えてくれます。それぞれ好みのデザインを基に一棟一棟をオーダーメイドで家づくりを行うので、設計の自由度はかなり高いと考えて良いでしょう。

コンテンポラリー

  • 本体価格の目安:1750万円~
  • 坪単価の目安:50万円~
アメリカ西海岸で人気のコンテンポラリースタイルです。イメージとしてはラグジュアリーリゾート。ホテルのような高級感ある佇まい、広いリビングから繋がるウッドデッキスペースなどが魅力です。シンプルモダンな外観デザインは日本の住宅街でも馴染むと思います。
コンテンポラリー外観画像
コンテンポラリー内覧画像1
コンテンポラリー内覧画像2

コンテンポラリーの特徴

  • アメリカのラグジュアリースタイル
  • UA値0.5水準の断熱性能

アーバンフレンチ

  • 本体価格の目安:1900万円~
  • 坪単価の目安:55万円~
女性に人気のフレンチスタイルに都会的な洗練さを加えたプランです。飾飾に頼らない塗り壁と屋根だけのシンプルデザインは、ゆったりとした存在感をアピールする事が出来ます。可愛いらしい内装も必見です。
アーバンフレンチ外観画像
アーバンフレンチ内覧画像1
アーバンフレンチ内覧画像2

アーバンフレンチの特徴

  • フレンチとシンプルモダンを融合
  • UA値0.5水準の断熱性能

アメリカントラディショナル/コースタルハウス

  • 本体価格の目安:1900万円~
  • 坪単価の目安:55万円~
伝統的なアーリーアメリカンスタイルを周到した「アメリカントラディショナル」と、南カリフォルニアの海岸沿いを彷彿とさせるサーファーハウス。どちらも外壁のラップサイディングが外観デザインを引き立てます。
アメリカントラディショナル/コースタルハウス外観画像
アメリカントラディショナル/コースタルハウス内覧画像1
アメリカントラディショナル/コースタルハウス内覧画像2

アメリカントラディショナル/コースタルハウスの特徴

  • 古き良きアメリカを再現するデザイン
  • UA値0.5水準の断熱性能

ブルースホームの家の住宅性能を確かめる

ブルースホームで家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

図解でわかる!ブルースホームの住宅性能

【解説】
ブルースホームはデザイン重視の輸入住宅ブランドですが、住宅性能も重視しています。工法は北米生まれの木造ツーバイ工法を採用し、強固なモノコック構造を採用。断熱性能も優秀で、木造2×6工法を採用した場合は「ZEH基準」の水準(関東)をクリア出来るだけの性能を確保しています。

また価格帯もローコスト住宅として見れば少し割高ですが、輸入住宅デザインを採用しながら平均坪単価50万円~で提供出来ている点は高い評価が必要でしょう。

「デザイン」「価格」「性能」を高い次元で成立させているブルースホームは、輸入住宅に興味のある方ならばチェック推奨です。当サイトとしてもおすすめの注文住宅ブランドとなっています。


ブルースホームの耐震性および耐震等級を知る

ブルースホームの耐震性能

ブルースホームは北米大陸で主流の木造ツーバイ工法(2×4工法)(2×6工法)を採用しています。日本の在来工法は柱や梁など点や線で建物を支えるのに対して、ツーバイ工法は壁で建物を支えるので、面で地震エネルギーを受け止める事が出来ます。

壁と天井、床を合わせて6面体を構成するモノコック構造は航空機や新幹線などでも採用されているように、頑丈な構造躯体で地震に対して強い建物を実現する事が出来ます。

特に木造2×6工法は、2×4工法に比べて約1.6倍も壁の厚みを持たせる事が可能なので、より頑丈な建物を実現する事が出来ます。

ブルースホームでは2×6工法を採用した場合でも、家の重量をしっかり受け止める事が可能な底盤150㎜の厚みを持ち、外周部も2×6工法の厚い壁に対応出来る頑丈なベタ基礎を採用する事で、地震への対策を強化しています。

但しブルースホームでは耐震等級に関する表記がありません。構造や工法から一定水準以上の耐震性能がある事は予想出来ますが、耐震等級に関する表記が無いのはマイナス評価です。もしマイホームを建てるなら、絶対知りたい情報な訳ですから、今後の改善に期待したいですね。

尚、耐震等級取得の為には費用が掛かるので、敢えて取得していないという可能性もあります。ブルースホームで検討される方は「この設計だと耐震等級はいくつ相当になりますか」と確認を行うようにしましょう。


ブルースホームの断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

ブルースホームの断熱材

ブルースホームでは木造2×4工法、2×6工法を採用していますが、もし断熱性能を重視したいとお考えの場合は、木造2×6工法を採用するようにしましょう。2×4工法の約1.6倍壁の厚みを持たせられるので、その分断熱材も分厚く施工する事が可能です。

ブルースホーム標準の断熱仕様
断熱箇所断熱材2×4/2×6
天井高性能グラスウール200㎜
高性能グラスウール89㎜/140㎜
ポリスチレンフォーム90㎜

ブルースホームでは高性能グラスウールを断熱材に採用していますが、袋のまま使用せずに裸の状態で施工を行います。北海道などの寒冷地では袋から出した裸の状態で施工するのが一般的です。

これは単純に裸の状態で施工を行った方が隙間なく施工し易い点が挙げられますし、気密シートなどを外から施工する場合に裸のグラスウールの方が施工し易い等のメリットがあるからです。

尚、熱損失率の大きい窓断熱には樹脂サッシ+Low-Eガラス(アルゴンガス入り)が採用されています。

尚、ブルースホームでは気密性能の数値を公表していて、「C値0.8~1.5」としています。とても優れた数値という訳ではありませんが、一定水準以上の気密性能は確保していると考えて良いのではないでしょうか。

また断熱性能を表す「UA値」に関しては記述がありませんが、以前は「Q値」を公表していました。当時の「Q値(熱損失係数)」から計算すると「UA値0.5」前後の水準はキープしている事が予想されます。こちらに関しては直接ヒアリングされる事を推奨致します。

但し、ブルースホームは全国展開しているフランチャイズブランドです。施工エリアや加盟店によって断熱仕様が異なる場合もあります。

ブルースホームの実例を一部紹介

ブルースホーム実例1
ブルースホーム実例2

ブルースホームの実績が多いアメリカンスタイルの実例です。ラップサイディングの外壁に大きな屋根、ミッドテリアスペースが「古き良きアメリカ」を連想させます。

ブルースホームの実例3
ブルースホームの実例4

こちらは煉瓦外壁が印象的な店舗併用型住宅の施工実例です。大きな窓があるレストランスペースが素敵な空間を演出します。

ブルースホーム実例5
ブルースホーム実例6

ブルースホームの南欧風フレンチスタイルの実例です。外壁、内壁ともに漆喰の塗り壁を採用しています。玄関タイルの質感も拘りが感じられます。

ブルースホームの保証やアフターサービスを紹介

マイホームを新築した場合、構造上重要な箇所と雨水の侵入を防ぐ箇所に関して、施工業者には最初の10年間は「瑕疵担保責任」が法律で義務付けられています。ブルースホームでも最初の10年間は保証が約束されている形となります。

尚、保証延長制度や無料の定期点検に関しては公式ホームページ上で確認する事が出来ませんでした。ローコスト住宅の場合は殆どのハウスメーカーが初期保証10年間に設定しているので、ブルースホームの価格帯を考えれば10年保証は妥当かもしれません。ですが、保証延長制度や定期点検に関して記述が無いのは、あまり保証やアフターサービスに積極的な姿勢には感じないので今後の改善に期待したいです。

ブルースホーム自体は注文住宅のフランチャイズブランドなので、実際に保証を行うのもアフターサービスを行うのも加盟の工務店です。加盟の工務店によって対応が異なる可能性もありますので、必ず事前に確認を行うようにしましょう。

ブルースホームは値引きできる?

工務店値引き

全国にフランチャイズ展開しているブルースホームは値引き交渉可能なのでしょうか。この項目でチェックしたいと思います。

注文住宅業界では当たり前のように値引き交渉が行われています。数十万円や100万円以上の値引きが行われるのも決して珍しい光景ではありません。一般的に値引き額の相場は本体価格の5%程度とされていますが、交渉のやり方やタイミング次第ではもっと大きなディスカウントを引き出せる可能性もあるでしょう。

ですが、フランチャイズの場合は直接交渉するのはブルースホーム本部ではなく、加盟の工務店です。工務店によっては全く応じて貰えない可能性もありますし、逆に上手く値引きを引き出せる可能性もあるでしょう。もし金額面での交渉が難しい場合には、オプションや造作などをサービスして貰うのも一つの手です。

少しでもお得にマイホームを新築したいとお考えの方は、下記に値引き交渉のコツや効果的な進め方などをまとめました。きっと役に立つと思うので、チェックしてみて下さい。

ブルースホームの口コミから評判を確認

【ブルースホームへの口コミ】
輸入住宅専門のハウスメーカーですが、どちらかと言うとアメリカンスタイルが得意みたいです。ラップサイディングの施工は技術が必要らしいですが、加盟店にはマニュアルが有るみたいなので問題ありませんでした。ミッドテリアにハンモックをぶら下げて読書するのが夢だったので実現する事が出来て満足しています。

【ブルースホームへの口コミ】
プロヴァンスデザインに憧れていて、色々な輸入住宅メーカーを廻ったのですが、一番価格と品質のバランスが良かったのがブルースホームでした。木製シャッターやアイアン調の面格子や壁飾りを使って、結構本格的な仕上がりになったと思います。住み心地も良いです。ツーバイ工法なので気密性が良くて、冷暖房効率が優秀です。毎月の電気代も大幅に節約出来ています。

【ブルースホームへの口コミ】
本体価格は結構安いのですが、オプションや諸費用が割高な印象を受けました。これも他社と比較しなければ判らなかった事ですね。デザインは魅力だったのですが…。

【ブルースホームへの口コミ】
子供達が独立して数年経ったので、夫婦で相談して手頃な広さの平屋住宅を建て直そうと決めました。最初に思い浮かんだのは、昔スクリーンで観たアメリカンスタイルの住まい。ずっと憧れだった家を安価に実現出来ると聞いてブルースホームさんに依頼しました。平屋なので坪単価は少し高くなりましたが、大体60万円程度でした。内装に珪藻土を採用したので、調湿効果があって、家の中がカラリとしています。まるでアメリカ西海岸のように。

【ブルースホームへの口コミ】
不具合が見つかったので連絡したのですが、アフター対応が遅いです。建築資材大手が親会社なので信頼していたのですが、残念です。

【ブルースホームへの口コミ】
フランチャイズだから加盟店によって印象は違うのでしょうね。私が建てた宇都宮店はとても丁寧でした。ファザードが美しくて、ご近所さんもお洒落なカフェが出来るのかと思ったと勘違いされるくらい。古き良きアメリカを再現する自慢のマイホームが完成しました。

ブルースホームのインターネット上での口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

ブルースホームの口コミ・評判をまとめると
  • 輸入住宅デザインがお洒落
  • 価格が安い
  • オプションや諸費用は割高
  • 珪藻土の内壁の評判が良い
  • 保証やアフターが手薄
  • 加盟店によってサービスに差有り

ブルースホームはフランチャイズの注文住宅ブランドです。フランチャイズのメリットはハウスメーカーの商品開発力や資材の一括仕入れ等によるスケールメリット、加盟する地場工務店は地域密着型のサービスとスピード感のある対応が可能な点が挙げられるでしょう。それぞれのメリットを活かす事が可能なのはフランチャイズ展開している注文住宅ブランドの強みでもあります。

また、ブルースホームは輸入住宅デザインを取り扱っています。海外旅行で見た街並みや映画のスクリーンで観た生活様式、いつかマイホームを建てるなら輸入住宅で建てたいとお考えの方も多い筈。ブルースホームは上記に挙げたフランチャイズの強みを活かす事で、価格を抑えながらも異国情緒溢れる輸入住宅を実現しています。

またデザイン面だけではなく、住宅性能や天然素材に拘った家づくりを行っている点も強調材料です。これもフランチャイズだからこそ可能になった品質の向上が大きいでしょう。

その反面、加盟の工務店によって施工技術やサービスに差があったり、アフターサポート体制に差があるといった声が多いように感じます。ブルースホームで検討される場合は、ブルースホームの評判だけではなく、加盟の工務店の評判などにも耳を傾ける必要があるかもしれません。

何れにしろ、輸入住宅デザインをなるべく価格を抑えながら実現したいとお考えの方にとって、ブルースホームは候補の一角に含めておきたいところです。もし興味をお持ちでしたら、まずはカタログのお取り寄せをして頂き、どのようなマイホームが実現可能かチェックしてみては如何でしょうか。きっと素敵なプランが見つかると思います。

関連記事

  1. コラボハウスの口コミや評判

    コラボハウスの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. 栃木建築社 口コミ 評判

    栃木建築社の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. ゼロホーム

    ゼロホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. セルコホームの口コミや評判

    セルコホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. リアルウッド 埼玉 口コミ 評判

    リアルウッドの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. アーネストワン

    アーネストワンの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

工務店の対応エリアから選ぶ

工務店への最新口コミ