フジ住宅の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

フジ住宅の口コミや評判

フジ住宅の詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(3.6)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
炭の家「ピュアエア」本体価格の目安:1900万円~坪単価の目安:55万円~
フジ住宅の自由設計の家づくり本体価格の目安:1700万円~坪単価の目安:50万円~
換気システム
1種
制振装置
制震ダンパー「TRCダンパー」

目次

フジ住宅ってどんな会社!?

フジ住宅は大阪を地盤に一戸建て住宅を多く手掛ける地域密着の住宅メーカーです。大阪エリアでは大手ハウスメーカーを抑えて着工数1位にランクインするなど、有名な会社です。

フジ住宅は主に建売住宅事業をメインとしているので、土地をセットにした注文住宅も多く手掛けています。特に大阪都市圏~近郊の土地に強みがあるので、土地と建物を一緒に購入したいとお考えの方におすすめの会社となります。

フジ住宅の一戸建て住宅は「耐震×制震」「炭の家」「自由設計」を重視した家づくりをコンセプトとしています。特に注目したいのが「炭の家」です。

フジ住宅の「炭の家」は1階床下と2階床下に合計1トンの竹炭を使用します。竹炭には消臭効果や空気清浄効果があり、半永久的に効果が続くそうです。天然の空気清浄機が有るようなもので、例えば家の中で焼肉をしても次の日にはニオイが消えている等の効果があるそうです。生活していく中で家の中のニオイが気になる事って案外多いと思います。特にペットを飼われている方にとっては魅力的な商品に感じるのではないでしょうか。

他にも「耐震×制震」の技術が取り入れられていたり、「自由設計」が可能だったりと、質実剛健な家づくりが印象的なフジ住宅は大阪近郊でマイホームをお考えの方なら候補に含めておきたいところです。もし興味があるようでしたら、まずカタログのお取り寄せをして、どのようなマイホームを実現可能なのかチェックしてみては如何でしょうか。

フジ住宅の会社概要

工務店名フジ住宅
会社名フジ住宅株式会社
所在地大阪府 岸和田市 土生町1丁目4番23号
電話番号06-4392-1320
代表者宮脇宣綱
設立1974年
資本金4872(百万円)
売上高調査中
従業員数948名
着工数600件
施工エリア大阪府,和歌山県,兵庫県
キャッチコピー大阪府住宅着工棟数総合ランキング1位!
売り文句・強み耐震等級3の耐震×制震構造と炭の家「ピュアエア」は1トンの竹炭を使った天然の健康住宅。

フジ住宅の価格や坪単価を知る

フジ住宅は土地付きの分譲建売住宅をメインとしているので、土地付きの価格で語られる事が多いのですが、当サイトではあくまでも上モノの本体価格で坪単価の目安を算出しています。

炭の家「ピュアエア」

  • 本体価格の目安:1900万円~
  • 坪単価の目安:55万円~
フジ住宅は1階床下と2階床下に1トンもの竹炭を採用した「炭の家ピュアエア」を主力商品に据えています。空気清浄効果に消臭効果があり、これに24時間換気システムを組み合わせる事で、年中家の中が綺麗な空気に包まれます。微量な有害物質は人の体に少しづつ蓄積されていきます。これから何十年と家族が過ごす事になるマイホームですから、空気環境も重視すべき項目です。炭の家ピュアエアは他社には無い「天然の空気清浄効果」に期待出来る商品となります。
炭の家「ピュアエア」外観画像
炭の家「ピュアエア」内覧画像1
炭の家「ピュアエア」内覧画像2

炭の家「ピュアエア」の特徴

  • 耐震等級3の安心感
  • 竹炭による天然の空気清浄効果と消臭効果

フジ住宅の自由設計の家づくり

  • 本体価格の目安:1700万円~
  • 坪単価の目安:50万円~
フジ住宅では「選べる外観」「自由な間取り」「選べる内装スタイル」「選べる設備・仕様」と、それぞれ4つのステップで家づくりを行います。規格住宅ベースのカスタマイズとはなりますが、非常に豊富な選択肢が用意されているので、自由なアレンジを楽しむ事が出来るでしょう。
フジ住宅の自由設計の家づくり外観画像
フジ住宅の自由設計の家づくり内覧画像1
フジ住宅の自由設計の家づくり内覧画像2

フジ住宅の自由設計の家づくりの特徴

  • 耐震等級3の安心感
  • 豊富な選択肢からプランを選べる

フジ住宅の家の住宅性能を確かめる

フジ住宅で家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

図解でわかる!フジ住宅の住宅性能

【解説】
フジ住宅は「耐震×制震」を掲げた家づくりに注力しています。大阪を地盤にした地域密着の会社なので南海トラフ地震への警戒が高いという事なのでしょう。やはり近畿圏でマイホームを建てるなら、耐震性能は重視すべき項目だと思います。フジ住宅の注文住宅は全棟で「耐震等級3」を実現しています。

断熱性能に関しては、残念ながら「UA値」等の数値公表は行っていません。断熱仕様などから一定水準以上の断熱性能は有しているものと思われますが、暫定的に「3」評価としました。

設計に関しては「自由設計」を掲げていますが、規格住宅ベースからのカスタマイズです。数ある提案プランの中から「選ぶ」スタイルになるので、ゼロから創り上げていくフルオーダーの注文住宅のような自由度は望めないと考えておくべきでしょう。


フジ住宅の耐震性および耐震等級を知る

フジ住宅は「耐震×制震」を掲げた家づくりを行っているように、耐震性能にはかなり注力している印象を受けます。

フジ住宅が採用する「FX-WOOD工法」は、設計自由度の高い在来工法(木造軸組工法)と強度に優れたパネル工法を融合させた工法です。線で建物を支える在来工法と面で支えるパネル工法の良いとこ取りをした工法なので、高い耐震性能を実現する事が出来ます。

更にフジ住宅では制震ダンパー「TRCダンパー」を採用しています。このダンパーには地震エネルギーを熱エネルギーに変換して放出する特殊なゴムが内蔵されていて、地震の揺れを大きく軽減させる効果があります。

尚、フジ住宅の注文住宅ではこれらの技術を採用する事で「耐震等級3(最高等級)」を取得しているので、施主にとっては安心出来る材料になると思います。


フジ住宅の断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

フジ住宅は「炭の家」でも判るように、住まいの空気環境を重視した家づくりを行っています。断熱材も天然素材が由来となるセルロースファイバーを採用しています。

断熱材のセルロースファイバーは木質繊維を粉砕して繊維状に加工した断熱材で、紙やパルプなどの天然素材をリサイクルして使用しています。環境や人の健康に優しい断熱材で、日本でのシェアはまだ低いですが、アメリカなどでは最もスタンダードな断熱材として浸透しています。

大きな特徴としては湿気に強く、耐火性がある事。そしてホウ酸が使われているのでシロアリにも強い点も強調材料でしょうか。断熱材の価格としては一般的なグラスウールよりも高額ですが、人と環境に優しい家づくりをするフジ住宅ならではの選択ではないでしょうか。

尚、フジ住宅では断熱性能を表す「UA値」などの公表は行っていません。断熱性能は住み心地に直結する重要な項目なので、気になる方は事前に直接確認するようにしましょう。


フジ住宅の炭の家ピュアエアについて

フジ住宅は看板商品に炭の家「ピュアエア」があります。この商品は1階床下や2階床下に合計1トンもの「竹炭」を入れる事で、家の中の空気清浄効果や消臭効果を高める事が出来ます。

一生暮らす事になるマイホームですが、やはり重視したいのは家族の健康です。現在はシックハウス対策の為に24時間換気が義務付けられるようになりましたが、それだけ多くの人が住まいの空気環境に苦しんでいる事が判ります。

フジ住宅では天然の「竹炭」を使う事で家の中の空気清浄効果や消臭効果を高める事に成功しました。特に「消臭」に関しては顕著な効果が出ており、フジ住宅が行ったアンケートによると、77%の人が生活臭を感じなくなったと答えています。洗濯物の室内干しの嫌なニオイは無くなりますし、焼肉をした後のニオイも翌朝には消えているそうです。他にも竹炭には調質効果も有るそうなので、高温多湿な日本の気候には大きな効果を望む事が出来るでしょう。

また空気環境においても、ご家族がアレルギー持ちの方なら炭の家「ピュアエア」は非常に魅力的に映ると思います。家族が長く過ごす事になるマイホームですから、家族の健康や日々の生活臭はとても重要な項目です。これらの問題を解決出来るフジ住宅の「炭の家」は候補に含めておきたいですね。

フジ住宅の実例を一部紹介

フジ住宅の内装実例1
フジ住宅の内装実例2

子育て世帯に配慮した間取り設計。屋上を採用する事で遊びスペースが増えました。

フジ住宅の内装実例3
フジ住宅の内装実例4

白をベースにしたシンプルモダンスタイルでお洒落な内装を実現します。

フジ住宅の内装実例5
フジ住宅の内装実例6

こちらはクラシカルなスタイルを選択する事で重厚感を与えてくれます。2階フリースペースにスクリーンを配置する遊び心も粋です。

フジ住宅の保証やアフターサービスを紹介

マイホームを新築した場合、構造上重要な箇所と雨水の侵入を防ぐ箇所に関して、施工業者には最初の10年間は「瑕疵担保責任」が法律で義務付けられています。つまりどこの工務店で新築したとしても最初の10年間は初期保証が付く形となります。

フジ住宅でもマイホームを新築した場合は初期保証10年間は付く形になります。但し、フジ住宅では公式ホームページ上に保証延長制度に関しての記述がありません。保証延長制度の有無や条件については事前に確認される事を推奨致します。

尚、無料の定期点検に関しては引き渡し後の「3ヶ月目」「1年目」「2年目」「5年目」「10年目」に行われます。

フジ住宅は値引きできる?

工務店値引き

マイホーム計画を立てるにあたり、少しでも安く購入したいと考えるのは当然の事です。もしフジ住宅が値引き交渉可能なら、積極的に取り組むべきでしょう。では、フジ住宅は実際に値引き交渉が可能なのでしょうか。

注文住宅業界は多くのハウスメーカーや工務店で値引き交渉が行われています。数万円どころか、数十万円、時には100万円以上の値引きが行われるケースも珍しくはありません。フジ住宅においても交渉のやり方やタイミング次第では大きな譲歩を引き出せる可能性がありそうです。

もし価格面での値引き交渉が難しい場合には、オプションや設備をサービスして貰えないか交渉してみるのも手です。少しでもお得にマイホームを新築したいとお考えの方は、下記の値引き交渉のコツや、効果的な交渉等をまとめた特集ページをチェックしてみて下さい。

フジ住宅の口コミから評判を確認

【フジ住宅への口コミ】
炭の家で建てました。炭の効果は本当に素晴らしくて、家の中の空気がとても澄んでいる感覚があります。特殊なフィルターを使っているので、花粉も家の中に入って来ないのも凄く気に入ってます。ペットを飼っているので消臭効果があるのは本当に嬉しいですね。

【フジ住宅への口コミ】
大阪で良い土地を見つけてくれたのがフジ住宅さんで、そのままマイホームを新築しました。耐震等級3なので安心出来ますし、断熱性能もそこそこ良いと聞いています。デザインは少し建売のような安っぽさはありますが、概ね満足しています。標準設備は少ししょぼいかもしれないですね。でも値段を抑えたかったので必要十分な装備は揃っています。

【フジ住宅への口コミ】
他社と比較したのですが、少し割高な感じはしましたね。特に標準仕様の設備は他社に比べると1段階低いグレードでした。グレードを上げる為にはオプションが必要なので腑に落ちなかったですね。ただフジ住宅は炭の家がありますからね。子供が喘息持ちなので、こればっかりは他社では替えが利かなかったです。

【フジ住宅への口コミ】
自由設計という割には結構制限が多かったです。耐震等級3を確保する為なので仕方ない部分はあるとは思いますが、どちらかと言うと建売住宅のプランから間取り変更を加えたイメージでしょうか。間取り変更の猶予もあまりなく、慌ただしく商談が進むのである程度どんな間取りにするかを考えておいた方が良いと思います。

【フジ住宅への口コミ】
フジ住宅の土地を主人がとても気に入っていたのでそのまま契約しましたが、間取りの打ち合わせは2回まで。3回目以降は有料になります。なのでじっくりと考える事があまり出来ません。一生に一度の大きな買い物なので慎重に選びたいのですが、凄く事務的に感じてしまいました。

フジ住宅の口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

フジ住宅の口コミ・評判をまとめると
  • 炭の家の空気清浄効果が良い
  • 土地探しも相談に乗ってくれる
  • 標準設備のグレードが低い
  • 価格が少し割高に感じる
  • 設計に制限がある
  • 打ち合わせ回数に制限がある

フジ住宅は大阪を地盤に多くの一戸建て住宅を手掛けてうる地域密着の会社です。土地と建物を一緒に販売する分譲住宅をメインに手掛けていますが、上モノだけの注文住宅も勿論取り扱っています。

耐震と制震に注力した「FX-WOOD工法」は質実剛健ですし、断熱性能も近畿圏で暮らして行く上では必要十分な性能を有していると考えて良いでしょう。また他社には無い強みとして「炭の家ピュアエア」があります。家の生活臭やペットの匂いなどの消臭効果や空気清浄効果があるので、快適な住環境を実現する事が可能です。

但し、フジ住宅は打ち合わせ回数が限られていて間取りやオプション採用の可否を考える時間があまり無いといった声が多い点は気になります。大阪府下で着工数の多い会社なので、合理的に進める為の施策かもしれませんが、施主としては少し不親切な対応に感じてしまうかも。また、他社と比較すると標準仕様の住宅設備のグレードが低い等の声も多く見受けられました。

やはりマイホーム計画で失敗しない為には他社と比較を行うのが一番重要です。フジ住宅でマイホームを検討されている方も、競合となるハウスメーカーや工務店からカタログを取り寄せて、十分検討を行うようにしましょう。

関連記事

  1. 町田工務店の口コミや評判

    町田工務店の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. オダケホームの口コミや評判

    オダケホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. スズキハウス

    スズキハウスの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. アーネストワン

    アーネストワンの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. 秀光ビルドの口コミや評判

    秀光ビルドの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. 東洋ハウジングの口コミや評判

    東洋ハウジングの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名

    人件費節約の為なのか、打ち合わせの回数が限られているので、事前にどんなマイホームにしたいかを考えておかないと大変です。何も分からないまま相談してしまうと、慌ただしく決める事が多いので大変です。私は2回の設計打ち合わせでは決まらず、仕方なく有料で打ち合わせ回数を増やしました。フジ住宅の所有している土地がどうしても良かったので仕方なくですが。

      • 匿名

      私は設計2回と1回の仕様打ち合わせで十分でした。予めどういう家にしたいか決めていたし、他社のプラン等も見た上だったので、確かに予備知識はあった方が良いかもしれませんね。家事動線を重視した家づくりにしたいと妻が要望していましたし、家事動線と回遊動線のある家に決定しました。

    • ピクトグラム

    炭の家で2年前に建てました。空気環境が良くなるという話でしたが、一番効果を感じたのは消臭効果と調湿効果です。炭ってタンス用の消臭剤とかにも採用される事が多いですが、それが家中に配置されているので、焼肉やった次の日に匂いが消えていたのには感動しました。あと、梅雨や夏の時期は調湿効果が働いているのか、家の中がカラッとしてます。

      • 匿名

      炭の家は良いって聞きますよね。私も炭の家にすれば良かったと少し後悔しています。建売住宅に間取りの自由を付けたような家でしたが、結構頑丈なつくりで安心して暮らせてます。当時も炭の家を勧められたのですが費用をケチってしまいました。

工務店の対応エリアから選ぶ