ナイス株式会社(パワーホーム)の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

ナイス株式会社 パワーホーム

ナイス株式会社(パワーホーム)の詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(4)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
ザ・大空間本体価格の目安:1800~2400万円坪単価の目安:60~80万円
空and(ソランド)本体価格の目安:1700~2200万円坪単価の目安:56~73万円
土間&デッキ(DOMA&DECK)本体価格の目安:1800~2300万円坪単価の目安:60~76万円
断熱材
高性能グラスウール,押出法ポリスチレンフォーム
窓仕様
アルミ樹脂複合サッシ+Low-Eペアガラス
換気システム
第3種

目次

ナイス株式会社(パワーホーム)ってどんな会社!?

ナイス株式会社は神奈川県横浜市に本社をおき、耐震性の高いパワービルド工法を採用した注文住宅「パワーホーム」シリーズを手掛ける中堅ハウスメーカーです。

ナイスはもともと住宅資材(木材)の流通業を祖業とする会社ですので木材の扱いには長けており、木のぬくもりや木目の表情を活かした高品質な住まいを得意としています。住宅性能にもこだわっており、原則的に全棟において長期優良住宅認定を取得。特に耐震性には注力しており、耐震性の高い独自工法「パワービルド工法」を標準採用し全棟で長期優良住宅の認定基準を上回る「耐震等級3」を確保しています。地震に強いうえ、吹き抜けの大空間リビングなど開放感あふれる間取りプランも実現可能になっています。

なお、ナイス株式会社はグループ全体で不動産仲介やマンション、分譲住宅など不動産に関連する事業を多角的に手掛けているため、周辺の土地情報にも強いです。土地探しからマイホーム計画を検討されている方には頼れるパートナーとなるでしょう。

好立地で長期優良住宅認定を取得した安心の住まいを建てたい方は、ぜひ一度ナイス株式会社の住宅カタログをチェックしてみましょう。

ナイス株式会社(パワーホーム)の会社概要

工務店名ナイス株式会社(パワーホーム)
会社名ナイス株式会社
所在地神奈川県 横浜市 鶴見区鶴見中央4-33-1 ナイスビル
電話番号045-521-6111
代表者杉田 理之
設立1950年
資本金50(百万円)
売上高251475(百万円)
従業員数2495名
着工数調査中件
施工エリア宮城,福島,栃木,群馬,東京,神奈川,新潟,静岡,愛知
キャッチコピー長期優良住宅を超える家
売り文句・強み最高等級品質住宅

ナイス株式会社(パワーホーム)の価格や坪単価を知る

次にパワーホームの具体的な価格・坪単価を割り出していきましょう。

パワーホームは複数の商品ラインナップを用意しています。この項目では、パワーホームシリーズでも人気のある「ザ・大空間」「空and(ソランド)」「土間&デッキ(DOMA&DECK)」の3商品をピックアップしてご紹介させて頂きます。

ザ・大空間

  • 本体価格の目安:1800~2400万円
  • 坪単価の目安:60~80万円
ザ・大空間は、その名のとおり柱がなく天井が高い大空間リビングを実現したプランです。 木材と金属を組み合わせた高い強度を誇る新開発「スゴ梁」によって、短い辺で最大6mスパンの大空間を実現することができます。天井は従来より15cm高くフラットな2.55mを実現。このスゴ梁によって30帖を超える大空間でも頑丈に支えることができます。 柱と壁のないフラットな空間は間取りの自由度も高く、家具の選択肢も自由度が上がります。また将来のライフスタイルの変化に併せてリフォームしやすい点も大きなメリットです。
ザ・大空間外観画像
ザ・大空間内覧画像1
ザ・大空間内覧画像2

ザ・大空間の特徴

  • 最大スパン6mの大空間が実現可能
  • 従来よりも天井が15cm高い
  • 木材と金属を組み合わせた高強度のスゴ梁を採用
  • 設計自由度が高く将来のリフォームもしやすい

空and(ソランド)

  • 本体価格の目安:1700~2200万円
  • 坪単価の目安:56~73万円
空and(ソランド)はナイスのルーフバルコニー付き都市型3階建て住宅のプランです。 屋上(ルーフバルコニー)は、家庭菜園やパーティーにもってこいのオープンスカイな空間です。もちろんお子様を安全に遊ばせることも可能です。また、空and(ソランド)は子どもが大きくなってライフスタイルが変化したら間取りを自由に変更することもできるフレキシブルな設計になっています。都市部でマイホーム計画をする子育て世代の方にオススメのプランです。
空and(ソランド)外観画像
空and(ソランド)内覧画像1
空and(ソランド)内覧画像2

空and(ソランド)の特徴

  • ルーフバルコニー付き都市型3階建て住宅
  • 将来のリフォームにも対応しやすいフレキシブルな設計
  • 都市部の狭小地に向いているプラン
  • 子育て世代に向いているプラン

土間&デッキ(DOMA&DECK)

  • 本体価格の目安:1800~2300万円
  • 坪単価の目安:60~76万円
土間&デッキ(DOMA&DECK)は、その名の通り「土間」と「デッキ」のあるプランです。住まいの真ん中にウッドデッキのスペースを設けた家は開放感抜群です。また土間は外遊びをする準備をする空間として最適です。自転車やキャンプ用品など趣味のものをおしゃれに収納できる万能な空間です。ナイスの「土間&デッキ(DOMA&DECK)」はアウトドア派の方にオススメのプランです。
土間&デッキ(DOMA&DECK)外観画像
土間&デッキ(DOMA&DECK)内覧画像1
土間&デッキ(DOMA&DECK)内覧画像2

土間&デッキ(DOMA&DECK)の特徴

  • 広い玄関(土間)のあるプラン
  • 住まいの真ん中にウッドデッキを配したプラン
  • アウトドア派な方にオススメのプラン

ナイス株式会社(パワーホーム)の家の住宅性能を確かめる

ナイス株式会社(パワーホーム)で家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

ナイス株式会社(パワーホーム)の住宅性能等バランス評価

【解説】
それではナイス株式会社の家の住宅性能についてみていきます。

ナイス株式会社のパワーホームは、全棟で住宅性能表示制度における「耐震等級・断熱等性能等級・劣化対策等級・維持管理対策等級」の4項目で最高等級の基準を満たし、長期優良住宅認定を取得しています。したがって、住宅性能においては平均点以上のレベルと言えます。

工法は独自開発のオリジナル金物を用いた「パワービルド工法」を標準採用。パワービルド工法では優れた耐腐食性をもつ専用の金物を用いて構造材同士を接合する工法で、ボルトを用いないため、経年によるゆるみが生じない高耐震・高耐久・高精度の工法です。また、建物外周部に構造用面材(パネル)を施工するモノコック構造のため、地震エネルギーを建物全体にバランスよく分散させることができます。全棟で耐震等級3(最高等級)を取得していることからも地震には非常に強い構造と言えます。

またパワーホームは断熱等性能等級4(最高等級)が基本性能となるため、断熱等性能等級4における基準「UA値:0.87は」クリアしていると思われます。ただし、気密性に関しては公式ホームページに明確な記載がないため、直接ヒアリングするのが望ましいでしょう。

ナイス株式会社の価格帯はおおよそ「坪単価60~80万円」前後がボリュームゾーンとなります。建物の坪単価はローコスト住宅と比較するとやや高めの水準ですが、住宅性能は平均以上のレベルをクリアしており、木のプロフェッショナルだけあり木目の表情を活かした高級感のあるデザインには一定の評価があります。

住宅性能・価格・デザインのバランスに優れた中間価格帯のハウスメーカーですので、ローコストよりも少しグレードの高いマイホームを希望されている方はぜひ一度ナイスの住宅カタログをチェックしてみましょう。


ナイス株式会社の耐震性および耐震等級を知る

次に「パワーホームの住宅は地震に対してどれほど強い家なのか?」という点についてもう少し掘り下げて解説していきます。

ナイス株式会社の注文住宅は独自開発の「パワービルド工法」を標準採用しています。

パワービルド工法は、木造軸組み工法をベースに構造帯の接合をボルト・ナットを使わない専用のオリジナル金物で緊結し、建物の外周部に構造用面材を施工しています。特許取得のオリジナル専用金物を用いることで構造体の接合強度がアップし、さらに建物外周部にパネルを施工しているため地震の負荷を建物全体に分散しやすくなっています。ナイスのパワービルド工法は非常に耐震性の高い工法で、原則的に全棟において耐震等級3(最高等級)を取得する構造となります。

また、ナイス株式会社では「防災の家」など一部商品において制震システム「ジオフォルテ(GEOFORTE)」を採用しています。ジオフォルテは高減衰ゴムの性質を利用した制震システムで、建物に地震の負荷がかかると高減衰ゴムが伸縮し地震エネルギーを熱エネルギーに変換し、揺れを吸収する仕組みです。制震システム「ジオフォルテ」をその他商品にも採用した場合は相談してみましょう。

ナイスの注文住宅「パワーホーム」は、採用している工法自体が地震に非常に強いものとなりますが、制震システムを採用すればさらに地震に対して強い住宅となるでしょう。


ナイス株式会社(パワーホーム)の断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

次にパワーホームの断熱性能についてもう少し深堀りしていきます。

ナイス株式会社では外壁部分(105mm)の断熱材に高性能グラスウールを採用しています。ナイス株式会社の採用するグラスウールは繊維径が細く本数が多い高性能グラスウールなため、10Kグラスウールや16Kグラスウールと比較しても性能が高いです。

従来のグラスウールとの比較

また床下には押出法ポリスチレンフォーム断熱材(100mm厚)を採用しています。押出法ポリスチレンフォーム断熱材はいわゆる発泡プラスチック系の断熱材で、内部に無数の気泡(空気層)がありその空気層が断熱材としての効果を発揮します。プラスチック系断熱材なので水(湿気)に強く、また密度が高いため圧力に強く床下の断熱層に良くつかわれる断熱材です。屋根部分の断熱材は不透明ですが、壁・床下の断熱層の厚みは「平均点以上のレベル」と言えるでしょう。

またナイス株式会社ではグラスウールやポリスチレンフォームの他に「ブレスウォール」という天然木質繊維系の断熱材も採用できるようです。天然木質系の断熱材は調湿性に優れ梅雨時期や冬の乾燥時にも快適な室内環境を保てる点がメリットです。こちらは一部商品での採用もしくはオプション採用となりますが、単純な断熱性能に関しては明確な数値が不明ですので直接ヒアリングしましょう。

次に窓周りの装備についてですが、窓サッシには「アルミ樹脂複合サッシ」、窓ガラスには「Low-Eペアガラス」をが標準採用されています。窓周りの装備は決して断熱性能が悪いわけではありませんが、近年の注文住宅においては特段優れているわけではありません。普通レベルの装備と言えるでしょう。

ナイス株式会社では、原則として全棟において長期優良住宅認定を取得しており、断熱等性能等級4(最高等級)が基本性能となります。したがって断熱等性能等級4における基準「UA値:0.87は」クリアしていると思われます。断熱性能等級4をクリアしているため、断熱性能においても平均以上の性能を有していると言えると思います。


ナイス株式会社(パワーホーム)は省エネ・創エネ住宅も得意

ナイス株式会社はゼロエネルギーハウス(ZEH)に積極的に取り組むなど省エネ・創エネ住宅も得意としています。

ナイス株式会社のパワーホームは、標準仕様の住まいで長期優良住宅の4つの項目で最高等級を取得しているため、基本性能にオプションで太陽光発電システムやHEMS、エコキュート(給湯器)などの省エネ・創エネ設備をプラスすることでゼロエネルギーハウスが実現できます。

また、ナイス株式会社ではZEHを超える、LCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)住宅にも取り組んでいます。LCCM住宅とは、建築時・運用時・廃棄時においてできる限りCO2の削減に取り組み、なおかつ太陽光発電などを利用した再生可能エネルギーの創出により、住宅建設時のCO2排出量を含めライフサイクル全体でCO2収支をマイナスにする住宅のことです。

ZEH住宅は「消費エネルギーを創出エネルギーでゼロ収支にする住宅」ですので、CO2排出量をマイナスにするLCCM住宅はZEHよりも高い基準が設けられた住まいと言えます。ナイスのパワーホームは建物自体がもともと高い基本性能をもっているため、いくつかの省エネ設備と太陽光発電システムを組み合わせるだけで未来基準であるLCCM住宅のい認定を取得することが可能なようです。

ZEH住宅を超えるエコな住まいに興味がある方は、ぜひ一度ナイス株式会社のカタログをチェックしてみましょう。

ナイス株式会社(パワーホーム)の実例を一部紹介

次にナイス株式会社(パワーホーム)の手掛けた建築実例をいくつかピックアップしてみましょう。実例をご覧頂くとイメージしやすいはずです。

ナイス株式会社(パワーホーム)の建築実例1
ナイス株式会社の建築実例です。白い外壁とタイル張り、そしてところどころに設けられた格子デザインが高級感を演出しています。

ナイス株式会社(パワーホーム)の建築実例2
ナイスは耐震性の高い工法を採用しており、吹き抜けの大空間リビングも得意です。

ナイス株式会社(パワーホーム)の建築実例3
ナイスの建築実例です。シンプルモダンなフォルムがおしゃれです。木目をあしらった軒天は高級感がありますね。

ナイス株式会社(パワーホーム)の建築実例4
広々とした屋根付きのウッドデッキです。室内のリビングと繋がり、アウトドアリビングとしても活躍するスペースです。

ナイス株式会社(パワーホーム)の建築実例5
ナイスはラグジュアリーで高級感のある室内空間も得意です。スポットライトと間接照明を活用しておとなの雰囲気を演出。

ナイス株式会社(パワーホーム)の保証やアフターサービスを紹介

次はナイス株式会社(パワーホーム)の保証やアフターサービスについてみていきましょう。

ナイス株式会社(パワーホーム)は保証面が充実している点も大きな特徴の一つです。

そもそも新築マイホームを建築する場合は品確法という法律によって「構造躯体の重要な部分」と「雨漏りを防止する部分」に関しては、10年間の初期保証が義務付けられています。「構造躯体の重要な部分」と「雨漏りを防止する部分」に関しては、初期保証10年を超えるかどうか?が長期保証かどうか見極めるポイントです。

さて、ナイス株式会社(パワーホーム)の保証ですが「雨漏りを防止する部分」に関しては品確法で義務付けられている最低限の範囲「10年間の保証期間」となりますが、「構造躯体の重要な部分」は「初期保証20年」と品確法で定められる範囲の2倍の期間に定められています。この点は嬉しいポイントですね。さらにナイス株式会社では「地盤保証20年」と「シロアリ保証5年」を別途付けています。

また「構造躯体の重要な部分」と「雨漏りを防止する部分」は初期保証が満了しても、有償メンテナンスを行うことで最長30年まで保証が延長します。延長保証システムが用意されている点も嬉しいポイントと言えるでしょう。

そしてナイス株式会社(パワーホーム)は業界トップクラスの最長60年間の定期点検を付けるなど、アフターサポートも充実しています。ただし、無償での点検となるのは最初の30年のみで、その後の30年は有償での点検となります。無償点検のタイミングは「6か月後、1年後、2年後、5年後、10年後、15年後、20年後、25年後、30年後」の計9回となります。

30年後以降の点検は有償となるものの、そもそも30年間で計9回も無償点検をしてくれるのは他社と比較しても非常に充実した内容です。

ナイス株式会社は保証・アフターサービスに関してはかなり力を入れているハウスメーカーです。全棟で長期優良住宅の基準を超える基本性能の高い家を建てているからこそ、充実した保証・アフターサポートを付けることができるのでしょう。

ナイス株式会社(パワーホーム)は値引きできる?

工務店値引き

次にナイス株式会社(パワーホーム)の家は値引き交渉が可能かどうか?という点を見ていきましょう。

一般的に注文住宅を建てる場合は3~8%程度であれば値引き交渉に応じてくれるハウスメーカー・工務店が多いです。

ナイス株式会社のパワーホームも同様に、建物本体価格の3~8%程度であれば値引き交渉の余地があると思われます。

ただし、実際の値引き金額に関してはプランや購入タイミングによっても異なりますので、「ダメでもともと」という気持ちで積極的に交渉してみることをオススメします。なお、値引き交渉やオプション交渉のやり方・コツに関しては下記のページで詳しく特集しています。ぜひチェックしてみてください。

ナイス株式会社(パワーホーム)の口コミから評判を確認

【ナイス株式会社(パワーホーム)への口コミ】
ナイスのパワーホームに住んでいます。営業マンの方が家の工法や断熱性に関して非常にわかりやすく説明してくれました。グラスウールはきちんと施工すれば断熱性も高く確保できますし、火に強い点も安心です。冬はTシャツ1枚でぽかぽかというほどではないですが、普通にエアコンを付ければすぐに暖まりますので普通に満足しています。

【ナイス株式会社(パワーホーム)への口コミ】
ナイスのパワーホームはそこそこ優秀な家だと思いますよ。構造は地震に強い工法だし、断熱材とかの厚みも及第点だと思います。それでいて価格もそんなに高くない。もともと住宅建材屋さんなので中間マージンをカットできるのが大きいんでしょうね。価格と品質のバランスが取れているという意味では他のローコスト住宅よりは優秀だと思います。

【ナイス株式会社(パワーホーム)への口コミ】
会社名はダサイけど、家のデザインはそんなに悪くないのな。でも、建てたあとに「ナイスの家です」って言いたくないわ。

【ナイス株式会社(パワーホーム)への口コミ】
ナイスはさすが上場不動産会社だけあって立地のいい土地を抑えてる。土地探しからマイホーム計画するなら候補にせざるを得ない。

【ナイス株式会社(パワーホーム)への口コミ】
ナイスのパワーホーム、長期優良住宅を超える性能をもつって、それ耐震等級3ってところだけじゃん。耐震等級3を取得できるローコスト住宅ってやまほどあるけど。わざわざそれをデカデカと書くってことは他にあんまり強みないんだ…って思っちゃった。

【ナイス株式会社(パワーホーム)への口コミ】
長期優良住宅を超える家とかなんとか言ってますが性能的には普通の家ですよ。
今時、耐震等級3取得なんて普通だし断熱性能等級4も普通。性能が悪いとは言わないですが、他社と比較して特別良いというわけではないです。

【ナイス株式会社(パワーホーム)への口コミ】
住宅性能は平均点を満たしていてデザインもそこそこ、で価格もそれなりに安いので立地次第ではありなハウスメーカーだと思ってます。基本、長期優良住宅認定を受けている点も安心感があります。認定を受けているということは、第三者機関によるチェックが入っているわけなので施工不良などのリスクは格段に下がります。

【ナイス株式会社(パワーホーム)への口コミ】
保証が長いのがいいですね。積水、すみりん、大和ハウスなど大手以外で初期保証20年付けているところなかなかないですよね。

【ナイス株式会社(パワーホーム)への口コミ】
冬はエアコン付けないと肌寒いですし、夏は3回はかなり暑いですので、断熱性能はナイスがアピールするほど高くはないと思いますけど笑それにしても断熱材の追加なしにZEHにできるみたいなこと書いてあるけど、ほんと?断熱等性能等級4よりZEH基準の方が厳しくない?

【ナイス株式会社(パワーホーム)への口コミ】
ナイスの家、意外にデザインも洒落てます。住宅建材を扱っている資材業者だからか、木の感じをうまく使ったデザインは高級感もあって高見えしますし。吹き抜けの大空間も見た目から気に入りました。価格は少し高い気がします。

ナイス株式会社(パワーホーム)のインターネット上での口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

ナイス株式会社(パワーホーム)の口コミ・評判をまとめると
  • 断熱性能が高い
  • 耐震等級3は安心
  • デザイン性が高い
  • 価格と性能のバランスが良い
  • 立地のいい土地情報に強い
  • 断熱性は普通レベル
  • 長期優良住宅認定は第三者期間のチェックがあるので安心
  • 耐震等級3の建物なら他にも選択肢がある
  • 保証・アフターサポートが充実している

ナイス株式会社(パワーホーム)の口コミ・評判は、長期優良住宅認定を取得している点や耐震等級3を取得している点など住宅性能面においては肯定的な意見が目立ちました。また、デザイン性や、開放的な間取りプランが可能な点も好評のようです。ただし標準仕様における断熱性・気密性については普通レベルとの声も見受けられました。住宅性能に関しては、気になる部分は直接ヒアリングするなど確認するようにしましょう。

ナイス株式会社のパワーホームは長期優良住宅認定を取得した高品質な住宅であること、そして好立地の土地情報にも強いことが大きなポイントです。好立地に基本性能の高いマイホームを計画されている方であれば、ナイス株式会社は一見の価値があるハウスメーカーといえると思います。マイホーム建築予定地が対応エリアの方はぜひ一度、ナイスのパワーホームの住宅カタログを取り寄せてみましょう。

関連記事

  1. やまぜんホームズの口コミや評判

    やまぜんホームズの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. イシカワ 口コミ 評判

    イシカワの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. 安成工務店

    安成工務店の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. エイト(栄都)

    エイト(大分県)の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. サイエンスホーム

    サイエンスホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. アサヒアレックス 工務店 口コミ 評判

    アサヒアレックスの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名

    ナイスの家を購入しましたが、長期優良住宅が標準で付いてるので、税金の優遇を受ける事が出来ました。これが結構な額なので助かりました。ボルトを使わないパワービルド工法も長寿命と聞いていますし、良い買い物をしたと思っています。

    • 匿名

    全国の工務店に建材を供給している会社ですし、ウッドショックの影響は小さな工務店よりも小さいと考えて良いかもしれないですね。

工務店の対応エリアから選ぶ