ハウジングトップの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

ハウジングトップ大分の口コミや評判

ハウジングトップの詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(3.8)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
規格住宅プラン本体価格の目安:1166万円~坪単価の目安:38万円~
フリープラン本体価格の目安:1400万円~坪単価の目安:40万円~
特に無し

目次

ハウジングトップってどんな会社!?

ハウジングトップは大分県を地盤に、一戸建て住宅を手掛けている地域密着型の工務店です。九州エリアの気候風土に合った家づくり、地域に根差した家づくりを手掛けており、年間100棟近い施工実績があるように、地元の方に多く選ばれている工務店です。

ハウジングトップのコンセプトは「高品質&低価格」。
住み易さ・材質・施工・安全・安心の全てを備え持つ住まいを低価格で提供する為に、主に3つの「効率化」が取り入れられています。

・営業の効率化
各種調査や設計、インテリアコーディネイト、ローン申請など1人の担当が全てを請け負います。打ち合わせも自宅案で伺わず、会社まで来て貰うスタイル。窓口を一つにする事で余計な人件費をカットしています。

・施工の効率化
自社の工務担当者が一貫して施工管理を行います。他社の管理会社を介さないので、所謂「中抜き」が発生しない構造を採用しています。

・仕入れの効率化
木材や内装材、設備機器などの建材を「現金一括取引」とする事で、価格を安くして貰っています。年間100棟近い施工数があるのでスケールメリットも活かす事が可能です。

ハウジングトップは特に設計からインテリアコーディネイトまで1人の営業マンが担当する事となるので、他社に比べると「サービスが悪い」と感じる方がいらっしゃるかもしれません。ですが、「過剰なサービスよりも価格を安くして欲しい」と考える方が多いの事実で、そういったニーズに応える形で高品質な住まいを低価格で提供出来る体制を整えています。

後述致しますが、ハウジングトップは本体価格1166万円~新築可能な超ローコスト住宅メーカー。間取り変更が可能なフリープランでも坪単価36.7万円~施工が可能です。

しかもハウジングトップは付帯工事費なども全てコミコミ価格の明朗会計。総額表示で分かり易いのも大きな特徴です。

標準工事に含まれる付帯工事
  • 設計&現場管理
  • 地盤調査
  • 第三者機関による検査
  • 仮設工事
  • 足場養生
  • 宅地内給排水工事
  • 電気配線工事
  • 各種保険

これら諸費用も全てコミコミ価格なので、他社と比較する場合は差し引いて考える必要があるでしょう。またローコスト住宅と言えども、ハウジングトップでは標準仕様に「オール電化」設備が用意されています。住宅設備も「TOTO」や「パナソニック」「LIXIL」など、国内一流メーカー製品が標準装備されている点も見逃せません。

大分県でローコスト住宅の新築をお考えの方は、ハウジングトップを候補に含めておいて損はないでしょう。興味のある方は、まずはカタログのお取り寄せをして、どのようなマイホームが実現出来るのかチェックされる事を推奨致します。

また、ローコスト住宅を検討される場合は、必ず他の候補と比較検討を行う事を当サイトでは推奨しています。しっかりと比較を行う事で、相場観が養われますし、各社の良い所や悪い所を客観的に見る事が出来るようになります。同価格帯の競合他社のカタログも一緒にお取り寄せをして、しっかりと比較検討を行うようにしましょう。

ハウジングトップの会社概要

工務店名ハウジングトップ
会社名株式会社ハウジングトップ
所在地大分県 大分市 大字丹生930-9
電話番号097-521-3136
代表者小坂哲也
設立2005年
資本金20(百万円)
売上高調査中
従業員数38名
着工数94件
施工エリア大分県
キャッチコピーすべての方にゆとりあるマイホームを
売り文句・強みオール電化と付帯工事費がコミコミ価格!!

ハウジングトップの価格や坪単価を知る

ハウジングトップは低価格の商品をラインナップに揃えています。基本的に間取り変更が出来ない「完全規格住宅」と自由にカスタマイズが可能な「セミオーダー住宅」に分けられており、完全規格住宅は全て標準プラン(24~32坪)で建てた場合の本体価格を表示しています。

規格住宅プラン

  • 本体価格の目安:1166万円~
  • 坪単価の目安:38万円~
予め用意された複数のプランから好みに合うプランを選択する完全規格住宅商品です。間取りの変更などは出来ませんが、その分価格を抑える事が可能となっています。シンプルな形状の「ステージシリーズ」の他、古家解体とのセットプラン「+新築くん」、70種類もの多彩なプランが用意された「ゆとり家」などが用意されています。
規格住宅プラン外観画像
規格住宅プラン内覧画像1
規格住宅プラン内覧画像2

規格住宅プランの特徴

  • 設計自由度が無い分、価格が安い
  • 付帯工事費もコミコミ価格
  • オール電化も標準装備

フリープラン

  • 本体価格の目安:1400万円~
  • 坪単価の目安:40万円~
規格住宅をベースに間取りの変更や造作の追加などが可能なセミオーダープランです。基本的に延床面積35坪以上から対応可能なプランです。例えばインナーバルコニーや吹き抜け空間など、理想のマイホームを実現する事が可能です。また、「まどり家」という選択方式+間取り変更可能なプランなども用意されています。
フリープラン外観画像
フリープラン内覧画像1
フリープラン内覧画像2

フリープランの特徴

  • 規格住宅をベースに設計変更可
  • 付帯工事費もコミコミ価格
  • オール電化も標準装備

ハウジングトップの家の住宅性能を確かめる

ハウジングトップで家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

図解でわかる!ハウジングトップの住宅性能

【解説】
ハウジングトップは大分県を地盤に価格の安いローコスト住宅を提供している工務店です。

価格に関しては付帯工事費やオール電化設備などが全てコミコミ価格で提示されている形となるので、コストパフォーマンスの良さが際立つ形になります。価格の安さ、コスパの良さといった観点では高い評価が必要です。

住宅性能に関しては「耐震等級」や「断熱等性能等級」「UA値」等の公表は行っていない点が気になります。地元の方から多く選ばれている工務店なので、一定水準以上の住宅性能は有しているものと考えられますが、検討される場合は事前に住宅性能の内容を確認するようにしましょう。


ハウジングトップの耐震性および耐震等級を知る

ハウジングトップでは日本伝統の在来工法(木造軸組工法)が採用されています。在来工法は柱や梁で建物を支える構造をしているので、地震エネルギーが接合部に集中し易い弱点があります。

そこで近年は、多くのハウスメーカーや工務店では「接合金物」を採用したり、耐力壁を採用して頑丈な構造躯体を実現している所が増えています。ハウジングトップでも何かしらの耐震工法が採用されているものと考えられるので、詳細は事前に確認するようにしましょう。

またハウジングトップでは建物と土台の間に設置する減震装置「UFO-E」を標準搭載としています。「UFO-E」は建物と基礎の間に設置する金物の事で、地震の揺れが建物に伝わる前に、摩擦のブレーキで揺れを小さくする「絶縁工法」と呼ばれる先端技術が採用されています。

減震装置「UFO-E」

この技術はどちらかと言うと「免震」に近い技術ですが、掛かるコストは10分の1程度。安価に採用する事が出来るので採用する工務店が増えて来ています。地震対策として頼りになる装置なので、標準装備されているのはメリットとして考えたいです。

但し、ハウジングトップでは耐震等級に関する記述が無い点は気になります。耐震等級を取得する為には高額な費用が必要となる為、敢えて取得していない可能性もありますが、気になる方は「この設計で耐震等級はいくつ相当になりますか」と事前に確認をとるようにしましょう。


ハウジングトップの断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

ハウジングトップが本拠を置く大分県は温暖なエリアですが、断熱性能は快適な住環境だけではなく、毎月の光熱費にも大きな影響を与える重要な項目です。近年は九州の工務店でも「高気密高断熱」を掲げるところが増えて来ました。

但し、ハウジングトップでは断熱仕様や断熱性能を表す数値「UA値」や「断熱等性能等級」等は公表していません。具体的な断熱性能が判らないので暫定的に「評価3」としましたが、ハウジングトップは超ローコスト価格の商品をメインに取り扱う工務店です。この価格帯で高気密高断熱住宅を望むのは酷な話かもしれません。

ハウジングトップでは高性能グラスウールが標準の断熱材として採用されています。九州エリアとしては必要十分な断熱性能はクリアしていると考える事も出来ますが、高気密高断熱仕様も追加オプションで実現する事が可能です。希望される方はどの程度の断熱仕様を希望するのか、どの位の費用が掛かるのかを事前に確認するようにしましょう。

ハウジングトップの実例を一部紹介

ハウジングトップの実例1
ハウジングトップの実例2

箱型のシンプルモダンな外観デザインと木の温もりを感じる内装デザイン。

ハウジングトップの実例3
ハウジングトップの実例4

こちらは規格住宅「ステージシリーズ」の実例です。設計自由度こそありませんが価格の安さが魅力です。

ハウジングトップの実例5
ハウジングトップの実例6

自由設計のフリープランなら吹き抜け空間も実現可能です。

ハウジングトップの保証やアフターサービスを紹介

マイホームを新築した場合、構造上重要な箇所と雨水の侵入を防ぐ箇所に関して、施工業者には最初の10年間は「瑕疵担保責任」が法律で義務付けられています。

ハウジングトップでも無償で受ける事が出来る初期保証期間として最低10年間は用意されている形となります。更にハウジングトップでは10年目に有償のメンテナンス工事を受ける事で、保証期間を最大20年目まで延長可能としています。

ハウジングトップの価格帯の工務店の場合、殆どが初期保証10年で打ち切りである事を考慮すると、保証制度に力を入れている事が分かると思います。また、瑕疵担保責任以外にも、「地盤保証10/20年」や「シロアリ保証5年」等も用意されています。

無料の定期点検に関しては、引き渡しから「3ヶ月」「6ヶ月」「1年」「2年」の頻度で実施されています。

ハウジングトップは値引きできる?

工務店値引き

マイホームは高額な買い物ですから、少しでもお得に購入したいとお考えの方も多いかと存じます。ハウジングトップでは値引き交渉は可能なのでしょうか。

ハウジングトップは様々なコスト削減施策を行い、初めから安い価格で提示している超ローコスト住宅メーカーです。また、ハウジングトップでは公式ホームページ上にて標準プランで新築した場合の本体価格を公開していますし、諸費用も含むコミコミ価格の明朗会計を行っています。これ以上の値引き交渉は難しいと考えるのが妥当かもしれません。

但し、土地付きで新築される方も多いので、土地価格との兼ね合い次第では交渉も可能かもしれません。また価格面での値引き交渉が難しい場合でも、オプションや設備、造作などのサービスに応じて貰える可能性があります。

値引き交渉を上手に進める為のコツや裏技、タイミングなどは下記特集ページにまとめました。興味がある方は是非チェックしてみては如何でしょう。

ハウジングトップの口コミから評判を確認

【ハウジングトップへの口コミ】
価格が安くて、世帯年収があまり高くない私達でもマイホームを所有する事が出来ました。土地も一緒に探して貰ったので、担当の方には本当に色々とお世話になりました。賃貸アパートに住んでいる頃より生活レベルが一気に上がったのに毎月の支払は変わらないので、マイホーム建てて正解でした。

【ハウジングトップへの口コミ】
ローコストって言う割には、結構外観デザインなんかもかっこ良くて、値段以上に良く見える。間取りプランも結構豊富で、規格住宅でも自分好みのプランを見つける事が出来た。家の出来自体には満足しているが、断熱仕様が標準のままだと少し物足りないかもしれない。値段の事を思えば仕方ないかもしれないが。

【ハウジングトップへの口コミ】
まどり家で数年前に新築しました。価格の割に品質が良いと思います。まどり家は他の商品と違って、ある程度の間取り変更が可能なので、収納スペースを増やしたりインナーバルコニーを追加して貰いました。まどり家プラスにしたので追加費用こそ掛かりましたが、断熱仕様も強化されて真夏でも冷房の効きが素晴らしく良いです。特に窓断熱のグレードアップはおすすめです。

【ハウジングトップへの口コミ】
家自体の出来には概ね満足していますが、工事中の現場を見に行ったらゴミが散乱していて、キチンと管理されていなかった印象を受けた。ローコストだからを理由には出来ないと思うし、キチンとして欲しいと思った。もう5年近く前の話だから、今は改善されているかもしれないけどね。

【ハウジングトップへの口コミ】
地元では結構ハウジングトップで建ててる人が多いのはやっぱり値段の安さが一番の理由。高級注文住宅みたいな家に比べれば安っぽいのは間違いないし、デザインも正直言うと地味。でもハウジングトップで家を買った友達に話を聞くとみんな結構満足してる。俺も実際に見に行ったけど、凄く普通の家だった。普通の家が1000万円前半で買えるんだから悪くないのかもしれない。ただ、耐震性本当に大丈夫なのかは気になってる。

ハウジングトップのインターネット上での口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

ハウジングトップの口コミ・評判をまとめると
  • とにかく価格が安い
  • 付帯工事費がコミコミ価格
  • 設計自由度が低い
  • 耐震性能に不安
  • 標準の断熱仕様が物足りない
  • 現場管理が雑な印象

ハウジングトップは大分県で超ローコスト住宅を手掛ける地域密着の工務店です。世帯年収の低い若い世代でも無理なくマイホームを手に入れられるよう、様々なコストを削減する事で低価格化を実現しています。

基本的には規格住宅をベースにした家づくりです。ゼロから作っていくフルオーダーの注文住宅はコストも掛かりますが、予めプランが定まっている規格住宅ならば、資材の大量製造や設備の一括仕入れが可能となるので、大幅なコスト削減を実現する事が可能です。

また過剰な営業サービスを行わない事で、人件費も大幅に削減しています。特に間取り変更などカスタマイズ要素の少ない規格住宅なら打ち合わせ回数も少なく済みますので、余計な人件費をカットする事が出来ます。

こういったコスト削減の積み重ねによって、若い世代でも手の届く価格設定が可能となり、一番マイホームを必要としている子育て世代に手の届く価格設定で提案する事が可能となっています。

インターネット上の口コミや評判を調べると、家に対する満足度はかなり高い印象を受けます。これはやはり「価格の安さ」に対する「品質の良さ」が優れている点が理由でしょう。決して高級注文住宅のようなラグジュアリーな雰囲気ではありませんが、費用対効果の高い住まいが満足度を引き上げているように感じます。

大分県で「価格の安い家」「コスパに優れた家」をお考えの方は、ハウジングトップは候補の一角に含めておきたいところです。住宅性能の面で不明瞭な項目が多いので、必ず事前に確認を行うようにしましょう。まずは複数の候補と一緒にカタログのお取り寄せをして比較してみる事をおすすめします。競合他社と良く比較を行う事で相場観を養う事も可能ですし、他社の提案プランから思わぬアイデアが閃く場合もあります。マイホーム計画で失敗しない為にも、出来るだけ多くの工務店と比較を行うようにしましょう。

関連記事

  1. あいホーム

    あいホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. クレバリーホームの口コミと評価

    クレバリーホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. 大成住宅 ブリーズガーデン

    大成住宅(埼玉県)の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. アート建工の口コミや評判

    アート建工の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. アイホーム宮崎県の口コミや評判

    アイ・ホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. インターデコハウスの口コミや評判

    インターデコハウスの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

    • お得かも

    付帯工事費用も込みの価格設定、そして見た目も悪くなく、ローコスト住宅の中でも優れた工務店と思います。気密性や断熱性の数値を気にする方が多い昨今ですが、そこのグレードをあげるために何千万円と高くなるハウスメーカーや工務店はいくらでもあります。断熱材のアップグレードなども考えましたが、我が家では採用しませんでした。夏は冷房、冬は暖房をつければ問題なく、後悔もしていません。知人を呼んでも恥ずかしくない外観ですし、オススメできます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

工務店の対応エリアから選ぶ

工務店への最新口コミ