ユニバーサルホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

ユニバーサルホームの口コミ

ユニバーサルホームの詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(4.2)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
Kiduki(きづき)本体価格の目安:1900万円~坪単価の目安:55万円~
ムク・ヌク本体価格の目安:1900万円~坪単価の目安:55万円~
1000のひらめき本体価格の目安:1600万円~坪単価の目安:45万円~
断熱材
現場発泡硬質ウレタンフォーム
窓仕様
Low-E複層ガラス樹脂サッシ
換気システム
1種
制振装置
制震装置エムジオ

目次

ユニバーサルホームってどんな会社!?

ユニバーサルホームは全国にフランチャイズ展開している注文住宅ブランドで、一部直営店と全国60を超える工務店が加盟しています。

フランチャイズ系注文住宅のメリットは、大手ハウスメーカー並みの商品開発力やスケールメリットを活かした資材の大量製造・設備の一括購入が可能な点と、地域密着のサービスを提供出来る地場工務店の強み、双方のメリットを享受出来る点です。

ユニバーサルホームでは従来の住宅業界に蔓延していた「中抜き構造」を廃止し、ユニバーサルホーム加盟の工務店が直接施工を行う事で、余計な問屋や下請け業者の排除を行い大幅なコストカットをしています。また、建材や設備機器などはフランチャイズ本部が一括で仕入れているので、グレードの高い設備が標準装備されています。他にも独自の「乾式工法」を採用する事で大幅な工期短縮を行い、人件費を大幅にカットする事に成功しています。

ユニバーサルホームの乾式工法

ユニバーサルホームは、同じくフランチャイズ展開している《アイフルホーム》の元社長が立ちあげた会社なので、これらフランチャイズのノウハウや経験が蓄積されていました。その影響もあってから、1995年の設立から僅か4年で1万棟を超える着工数(現在は累計4万棟)の大ヒットとなっています。

ユニバーサルホームの注文住宅の大きな特徴は、床下浸水が有り得ない「地熱床システム」を採用している点です。これは基礎の床下空間に土や砂利を埋めてコンクリートで密封するので、構造上「床下空間が存在しない」事になり、床下浸水が起きない基礎構造となります。

ユニバーサルホームの地熱床システム

また、この基礎構造を採用する事で地熱を利用した「1階全面床暖房」や「ALCコンクリート外壁」を標準装備するなど、豪華設備が標準装備している点も見逃せません。特に「ALCコンクリート外壁」は、「比類なき壁」でお馴染みの《ヘーベルハウス》が採用している外壁材です。価格を抑えながらも高級感のある外観デザインを採用出来るのは大きな魅力ではないでしょうか。

ユニバーサルホームの注文住宅に興味をお持ちの方は、多彩なプランが用意されているので、まずはカタログのお取り寄せをして、どのようなプランがあるのかチェックしてみては如何でしょうか。きっと素敵なプランが見つかる筈です。

ユニバーサルホームの会社概要

工務店名ユニバーサルホーム
会社名株式会社ユニバーサルホーム
所在地東京都 中央区 八丁堀二丁目7番1号 八丁堀サンケイビル5階
電話番号03-5542-3111
代表者千葉 雄二郎
設立1995年
資本金491(百万円)
売上高調査中
従業員数196名
着工数1794件
施工エリア北海道,青森県,岩手県,宮城県,山形県,福島県,茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,石川県,山梨県,長野県,岐阜県,静岡県,愛知県,三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,鳥取県,島根県,広島県,山口県,徳島県,香川県,愛媛県,福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県,沖縄県
キャッチコピーあなたを守りたい。
売り文句・強み床下浸水が有り得ない「地熱床システム」、「1階全面床暖房」と「ALC外壁」が標準装備。

ユニバーサルホームの価格や坪単価を知る

ユニバーサルホームは完全自由設計というよりも、予め用意されたプランから好みのタイプを選び、そこから自分好みにカスタマイズをして行く規格住宅ベースの自由設計と考えた方がしっくり来ると思います。複数の魅力的な商品ラインナップを揃えていますが、その中でも人気の高い3プランをピックアップして紹介したいと思います。

Kiduki(きづき)

  • 本体価格の目安:1900万円~
  • 坪単価の目安:55万円~
遊び心ある間取り設計、シンプルに徹したデザイン、充実した収納スペースを重視した家づくり。家の中心には広々とした吹き抜け空間のあるLDKスペース。この吹き抜け空間を中心に1階・2階共に回遊動線が設けられているので、家族が集まり易い設計となっています。踊り場の下空間は収納スペースとして活用出来るので、利便性の高さも人気のようです。
Kiduki(きづき)外観画像
Kiduki(きづき)内覧画像1
Kiduki(きづき)内覧画像2

Kiduki(きづき)の特徴

  • 家族が集まるLDK中心の間取り設計
  • 和モダンをベースした外観デザイン
  • 豪華標準装備

ムク・ヌク

  • 本体価格の目安:1900万円~
  • 坪単価の目安:55万円~
地中海を連想させる南欧州フレンチスタイルの外観と、木の温もりを感じるナチュラルスタイルの内装が女性に人気のプランです。こちらのプランも家の中心にLDKを配置し、2階への動線にLDKを通るので、家族の様子に気を配る事が出来ます。また窓際に「温かくて居心地の良い場所」となるヌックを設置。ペットを飼われている方は絶好の日向ぼっこスペースとなりそうです。
ムク・ヌク外観画像
ムク・ヌク内覧画像1
ムク・ヌク内覧画像2

ムク・ヌクの特徴

  • 女性に人気フレンチスタイル
  • 窓際のヌックが人気
  • 豪華標準装備

1000のひらめき

  • 本体価格の目安:1600万円~
  • 坪単価の目安:45万円~
ユニバーサルホームがこれまえに手掛けて来た4万棟もの施工実績から、使い勝手の良さや人気の間取り、人気のデザインなどを統計的に選出し、10の外観デザインと100通りの間取り設計が用意された規格住宅プランとなります。10×100で1000通りのプランを選択する事が可能なので、規格住宅と言えど必ず理想のプランが見つかるでしょう。
1000のひらめき外観画像
1000のひらめき内覧画像1
1000のひらめき内覧画像2

1000のひらめきの特徴

  • 外観10×内装100で1000通りの規格プラン
  • 規格住宅なので価格を抑えられる

ユニバーサルホームの家の住宅性能を確かめる

ユニバーサルホームで家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

図解でわかる!ユニバーサルホームの住宅性能

【解説】
ユニバーサルホームは価格を抑えながら豪華設備や一定水準以上の住宅性能の住まいを提供している注文住宅ブランドです。大手ハウスメーカーと地場工務店、双方のメリットを享受出来るのが大きな魅力です。

特筆すべきは「1階全面床暖房」や「ALCコンクリート外壁」が標準装備されている点です。水回り設備などのグレードも高いと評判なので一見の価値はあると思います。

尚、住宅性能に関しては耐震等級や断熱等性能等級、UA値などの数値は公式ホームページ上では公表されていません。工務店リサーチのスタッフが直接ヒアリングを行った所、それぞれ「耐震等級2~3相当」「UA値0.52」という事が判明しました。

特に耐震性能に関しては、木造でALCコンクリート外壁を採用している点は考慮しましょう。もし予算に余裕があるなら、制震装置の追加は検討すべきかもしれません。断熱性能に関しても地域によって「UA値」に差が設けられている可能性があるので、事前に直接確認される事を推奨致します。

ユニバーサルホームは価格帯としてはミドルクラスにあたると思いますが、標準装備されている豪華設備分を差し引いて考えればローコスト住宅メーカーとも競合出来るかもしれません。他社には無い強みである「地熱床システム」を採用しているので、興味がある方は候補に含めておいて損はないと思います。


ユニバーサルホームの耐震性および耐震等級を知る

ユニバーサルホームでは、日本伝統の在来工法(木造軸組工法)を採用していますが、オプションで「ハイパーフレーム工法」を採用する事が出来ます。従来の在来工法より約2倍の接合強度で、頑丈な構造躯体を実現する事が可能です。木造住宅にALCコンクリート外壁を採用しているので、頑丈な構造躯体の方が安心出来ると思います。

ユニバーサルホームのハイパーフレーム工法
  • エンジニアリングウッド使用
  • 接合部金物工法
  • 剛性床工法

耐震性能を重視する方はこちらの工法を採用するか、もしくはこちらも追加オプションとはなりますが、「制震装置エムジオ(MGEO-N63)」を採用するようにしましょう。

ユニバーサルホームの制震装置

こちらのは地震の揺れを最大1/2に軽減する事が可能とされており、《ミサワホーム》などでも採用されている信頼性の高い制震装置です。オプション追加に掛かる費用は80万円以上と高額ですが、効果的な耐震対策になるので、万全の備えをしたいとお考えの方は採用を検討するようにしましょう。

尚、ユニバーサルホームは公式ホームページ上で耐震等級に関する記述は行っていません。直接ヒアリングした所、基本的には耐震等級2相当は確保が可能で、耐震等級3以上も設計や仕様次第では対応出来るそうです。


ユニバーサルホームの断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

ユニバーサルホームの注文住宅商品では、標準仕様で吹き付け断熱の硬質ウレタンフォームが採用されています。ポリウレタン樹脂を主成分としたスポンジ状の断熱材で、現場で発泡するので隙間なく施工する事が可能です。

公式ホームページ上ではUA値などは公表されていませんが、直接ヒアリングを行った所、ユニバーサルホームでは標準仕様(関東エリア)で「UA値0.52」をクリアしている事が判りました。関東エリア以南を基準で考えれば平成28年省エネ基準やZEH基準値をクリアしている事になりますし、高い評価が必要でしょう。

尚、標準仕様の断熱性能「UA値」に関しては地域により異なる可能性があります。新築を予定しているエリアでは標準仕様でどの位のUA値となるのかは、事前に確認される事を推奨致します。


ユニバーサルホームは床暖房とALCコンクリート外壁が標準装備

ユニバーサルホームの大きな特徴は、地熱床システムを利用した「1階全面床暖房」と「ALCコンクリート外壁」を標準装備している点でしょう。

・地熱床システムとは

ユニバーサルホームでは、「床下浸水が有り得ない」基礎構造を採用しています。一般的には床下の湿気を防ぐ為に、基礎部分に通気口や床下空間を設けますが、ユニバーサルホームは基礎の床下空間に土や砂利を埋めてコンクリートで密封します。床下空間自体が存在しない構造の為、床下浸水が有り得ない構造となります。

ユニバーサルホームの地熱床基礎構造

基礎空間を密閉してしまったら、通気性が悪くなるとお考えの方も多いかもしれませんが、地熱床システムの床下はコンクリートで覆われた完全密封構造となるので、外部からの湿気を遮断する事が出来ます。内部の湿気は地中を通して外部に放出されるので、カビの発生や湿気から家を守る事が出来ます。

尚、ユニバーサルホームではこの地熱床システムを利用して、1階全面床暖房を標準装備しています。仕組みとしては床下のコンクリートの中に床暖房の温水パイプを埋め込み、地熱も利用して基礎ごと暖めます。

ユニバーサルホームの1階床暖房

1階部分は全面床暖房になるので、脱衣場やトイレ、押し入れも全ての床が対象になります。居住空間と押し入れの温度差が無いと結露の発生も抑える事が出来ます。また夏は地熱の温度が下がるので床が冷たくなるので「冬暖かく夏は涼しい床」を天然エネルギーで実現する事が可能となるそうです。

・ALCコンクリート外壁とは

ユニバーサルホームでは「ALCコンクリート外壁」が採用されています。この外壁材は世界40カ国以上で外壁材として採用されています。日本でも「比類なき壁」でお馴染みの《ヘーベルハウス》が採用している事でも有名ですね。

ユニバーサルホームのALCコンクリート外壁

ALCコンクリート外壁は珪石、珪砂、生石灰、アルミ粉砕などの自然素材から形成された無機質建材です。無機質なので熱や水で化学変化を起こさない特徴があり、優れた耐火性・耐水性を実現する事が出来ます。また別名「軽量気泡コンクリート」とも呼ばれており、内部に無数の気泡を内包しています。この無数の気泡が重たいコンクリートの軽量化を担っています。木造住宅でもコンクリート外壁を採用出来る理由の一つです。他にも気泡が有る事で断熱性や遮音性、調質性などの役目も担っています。

ALCコンクリート外壁は東京都庁や横浜ランドマークタワー等でも採用されている優れた外壁材です。マイホームの外壁が「東京都庁と同じ」であれば、ちょっとした自慢になるのではないでしょうか。

尚、「比類なき壁」でお馴染みの《ヘーベルハウス》で採用されているALCコンクリート外壁が厚さ「75㎜」であるのに対して、ユニバーサルホームは厚さ「37㎜」とやや薄めです。また、ユニバーサルホームの塗料はリシン吹付というものが採用しており、10年~15年に一度は塗り替えメンテナンスが必要となるので把握しておきましょう。

ユニバーサルホームの実例を一部紹介

ユニバーサルホーム実例1
ユニバーサルホーム実例2

ユニバーサルホーム実例3

ラグジュアリーな雰囲気が漂う実例です。一段下がったダウンフロアを採用する事で特別な空間を演出、そして外観にデザインも施主様の拘りが感じられます。

ユニバーサルホーム実例4
ユニバーサルホーム実例5

ALCコンクリート外壁が高級感を演出してくれる外観デザインです。

ユニバーサルホームの保証やアフターサービスを紹介

家は建てるまでも大事ですが、実際に住み始めてからの安心感も大切です。ユニバーサルホームは大手フランチャイズなので、手厚い保証制度やアフターサポート体制に期待出来そうですね。

マイホームを新築した場合、構造上重要な箇所と雨水の侵入を防ぐ箇所に関して、施工業者には最初の10年間は「瑕疵担保責任」が法律で義務付けられています。ユニバーサルホームでも初期保証10年が用意されており、地熱床システムにおいても初期保証10年間が用意されています。

尚、10年目以降の保証延長制度としては最大30年目まで延長が可能です。延長する条件は有償メンテナンス工事が必要になります。10年目、20年目に有償メンテナンス工事を行う事で最大30年目まで保証が延長される仕組みです。引き渡し後の無料定期点検については、「6ヶ月」「1年」「2年」「5年」「10年」の頻度で実施されます。

ユニバーサルホームの保証制度

尚、ユニバーサルホームの場合はフランチャイズなので実際に保証やアフターサービスを行うのは契約した加盟の工務店です。もし万が一、加盟の工務店が倒産してしまった場合のアフターサービスや保証の所在がどうなるのかは、必ず事前にヒアリングを行うようにしましょう。

ユニバーサルホームは値引きできる?

工務店値引き

マイホームはとても大きな買い物です。例え数%の値引きでも金額が大きいので数十万円~100万円以上のディスカウントとなる事も珍しくはありません。少しでも安く購入出来るのなら積極的に値引き交渉を行うべきです。

但し、ユニバーサルホームの場合は直営店を除けば、実際に契約を行うのも施工を行うのも加盟の工務店となります。値引きの金額に関しては工務店によって差があるかもしれませんが、一般的には本体価格の5%程度を目標に交渉に臨んでみる事をおすすめします。

尚、効果的な値引き交渉術やコツなどは下記特集ページにてまとめてあります。興味のある方はぜひチェックしてみて下さい。

ユニバーサルホームの口コミから評判を確認

【ユニバーサルホームへの口コミ】
ALC外壁の重厚感が素晴らしいです。価格以上に高く見えるのは間違いないですし、標準装備の水回り設備もグレードが中級以上で、追加費用はほぼ必要を感じないです。内装デザインも色々なスタイルが用意されているので好みに合ったものを選べますし、間取りプランも本当に多彩です。家の中に秘密基地のようなタワーを設ける発想には驚きました。1階はママ専用、2階は子供たちの秘密基地として活用出来ます。

【ユニバーサルホームへの口コミ】
工務店によってはハイパーフレーム工法に対応出来ない事があるそうです。ALC外壁を木造住宅で採用する以上、頑丈な躯体は必要だと思ったのですが。一応、標準仕様でも耐震等級2相当とは言われましたが、少し心配になりますよね。高価ですが、制震装置の追加は考えておいた方が良さそうです。

【ユニバーサルホームへの口コミ】
我が家は耐震等級3の取得を前提として設計を依頼したので、耐震性は万全にして貰いました。断熱性能も標準仕様で十分良いですし、1階全面床暖房も暖かいです。水害が年々増えているので、地熱床システムがあるのは安心出来ます。

【ユニバーサルホームへの口コミ】
地熱床暖房とALC外壁、ウレタン吹付断熱、複合樹脂サッシにエコキュートも付いて本体価格2100万円弱でした。坪単価で言うと60万円弱なのでローコスト価格って訳じゃないけど、付いてる設備を考えれば結構コスパは良いと思う。住み心地は良いですよ。ALC外壁は特にご近所さんにも羨ましがられて鼻が高いです。

【ユニバーサルホームへの口コミ】
地球温暖化で毎年各地で水害の影響が出ています。もう日本は亜熱帯と同等レベルの雨量が有る国と考えなくてはならないですね。地熱床システムの考え方は良いですね、河川が近くにある人は安心出来ると思います。ただ、オプションを付け過ぎてしまうと価格が高く、もう少し頑張れば一条工務店あたりも視野に入って来るのかも。標準仕様でどれだけ妥協出来るかがカギになりそう。

ユニバーサルホームのインターネット上での口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

ユニバーサルホームの口コミ・評判をまとめると
  • 1階全面床暖房が快適
  • ALCコンクリート外壁が高級感ある
  • 標準装備のグレードが高い
  • 多彩な提案プランが用意されている
  • 断熱性能も優秀
  • 価格がやや高い
  • 耐震性能が少し不安
  • 設計自由度は低い

ユニバーサルホームは全国に多くの加盟店を誇るフランチャイズの注文住宅ブランドです。平均の坪単価は50万円以上とミドルクラスの価格帯とはなりますが、「1階全面床暖房」や「ALCコンクリート外壁」を標準装備し、モデルハウス仕様の水回り設備なども標準装備としています。

追加費用無しでも十分満足出来る内容が揃っている事を考慮すれば、コストパフォーマンスに優れた住まいと考える事は出来るのではないでしょうか。

大手ハウスメーカーの商品開発力や一括仕入れ等によるスケールメリットと、地場工務店によるキメの細かいサービス。その両方を享受できるのが、フランチャイズ系注文住宅ブランドのメリットです。

特にユニバーサルホームでは地熱床システムにより「床下浸水が有り得ない家」を実現する事が出来ます。日本でも地球温暖化の影響で豪雨や台風による水害が頻発するようになって来ました。これからの日本住宅は耐震性能だけではなく、水害対策も考慮した家づくりが必要になって来るかもしれません。

ユニバーサルホームの家づくりに興味のある方は、まずカタログのお取り寄せをして、どんなマイホームを実現出来るのかチェックしてみては如何でしょうか。

関連記事

  1. センチュリーホーム

    センチュリーホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. 東宝ホーム

    東宝ホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. アエラホーム

    アエラホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. イゼッチハウス北海道

    イゼッチハウス北海道の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. ファイブイズホーム 埼玉 口コミ 評判

    ファイブイズホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. スモリの家

    スモリの家の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

工務店の対応エリアから選ぶ

工務店への最新口コミ