石山工務店の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

石山工務店 スタジオⅠ 外観

石山工務店の詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(3.6)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
スタジオI本体価格の目安:1800~2100万円坪単価の目安:60~70万円
スーパーウォール本体価格の目安:2500~2800万円坪単価の目安:70~80万円
アメカジ工務店本体価格の目安:1980~2310万円(税込)坪単価の目安:59~70万円
断熱材
硬質ウレタンフォーム
窓仕様
トリプルガラス+樹脂サッシ

目次

石山工務店の詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(3.6)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
スタジオI本体価格の目安:1800~2100万円坪単価の目安:60~70万円
スーパーウォール本体価格の目安:2500~2800万円坪単価の目安:70~80万円
アメカジ工務店本体価格の目安:1980~2310万円(税込)坪単価の目安:59~70万円
断熱材
硬質ウレタンフォーム
窓仕様
トリプルガラス+樹脂サッシ

石山工務店ってどんな会社!?

石山工務店は北海道旭川市に本社を置く地域密着型の工務店です。施工エリアは北海道旭川市を中心とした周辺エリアとなります。

石山工務店は自社オリジナルの注文住宅商品(スタジオワン)を手掛けるほか、複数のフランチャイズハウスブランドに加盟しており、幅広い顧客の要望に対応できる点が大きな魅力です。石山工務店の多彩な商品ラインナップは以下の通りです。

石山工務店の商品ラインナップ
石山工務店の商品ラインナップコンセプト(特徴)ハウスブランド
スタジオI石山工務店オリジナルの完全フルオーダーの注文住宅自社オリジナルの注文住宅
スーパーウォール業界トップクラスの高気密高断熱住宅LIXIL住宅研究所のFCブランド
アイフルホームキッズデザインの家LIXIL住宅研究所のFCブランド
インターデコハウスヨーロッパ・アメリカ風の輸入住宅ジョンソンホームズのFCブランド
COZYシンプルでコンパクトなローコスト住宅ジョンソンホームズのFCブランド
アメカジ工務店遊び心にあふれた注文住宅ジョンソンホームズのFCブランド
ナチュリエナチュラルでアンティークな注文住宅ジョンソンホームズのFCブランド
ミニプロトデザインと品質にこだわった規格住宅アートホームのFCブランド

オリジナル注文住宅の「スタジオI」を筆頭に、個性の異なる多彩なフランチャイズハウスブランドの商品を取り扱っており、住宅性能に優れた家・おしゃれな輸入住宅・子育てに最適なキッズデザインの家・コストを抑えたシンプルなハコ型住宅など顧客それぞれの要望に柔軟に対応し理想の家を実現しています。また、石山工務店は社員の半数が女性スタッフとなっており、男性目線の家づくりはもちろん、女性目線の家事がしやすい間取りやきめ細やかなコーディネートも得意です。

もう一つ、石山工務店の魅力は地域密着型工務店としては珍しく「30年間無料定期点検」を実施するなどアフターサービスにも注力している点です。事業規模の大きくない地場工務店の場合、初期保証10年間の点検サービスを実施するケースが多く、石山工務店のように30年間の無料定期点検を付けているのは珍しい特徴と言えます。また定期点検のほか「住まいメイト」と呼ばれる専任スタッフによる定期的な訪問で住まいに関する困りごとや、メンテナンスの必要時期などを随時ヒアリングしてくれる点も嬉しいポイント。

石山工務店の価格帯は「坪単価55~80万円」前後と価格帯の幅が広いですが、これは多彩な商品ブランドを取り扱うためです。選ぶ商品プランによってローコスト住宅から性能にこだわったハイグレードな注文住宅まで顧客ごとに要望に細かく対応できる点も石山工務店の魅力。石山工務店は住宅性能にこだわる方も、コスト重視の方にも最適なプランを提案できるため、北海道旭川市でのマイホーム計画を検討されている方はぜひチェックしてみてください。

工務店選びは比較検討がとても大切ですので、石山工務店にご興味をもたれた方も同時に複数の工務店・ハウスメーカーをチェックしておくことをオススメします。前もってカタログ比較を行うことで工務店ごとの特徴も把握しやすく、価格の相場感も養われます。競合他社と比較・相見積もりを取っておくことで、最終的な値引き交渉を行う際にも必ず役立ちますので、マイホーム計画の初期段階でぜひ複数社のカタログを取り寄せ比較しておいてください。

石山工務店の会社概要

工務店名石山工務店
会社名株式会社石山工務店
所在地北海道 旭川市 東4条8丁目1-15
電話番号0120-48-6622
代表者石山 実
設立1968年
資本金1000(百万円)
売上高2500(百万円)
従業員数63名
着工数調査中件
施工エリア北海道
キャッチコピー「好き」が見つかる・「欲しい」が叶う
売り文句・強み提案力と対応力で旭川での施工実績11年連続ナンバーワン

石山工務店の価格や坪単価を知る

次に石山工務店の具体的な価格・坪単価を割り出していきましょう。石山工務店では、自社オリジナル商品として「スタジオ1」という完全フルオーダーの注文住宅を手掛けているほか、複数のフランチャイズハウスブランドを取り扱っています。なお、石山工務店の取り扱うFCブランドではインターデコハウス、アイフルホームは別ページで特集しておりますので、以下のリンクよりチェックしてみてください。

この項目では石山工務店オリジナルの「スタジオ1」と、高気密・高断熱モデルの「スーパーウォール」、個性的で遊び心あふれる注文住宅「アメカジ工務店」をピックアップして参考価格とともにご紹介させて頂きます。

スタジオI

  • 本体価格の目安:1800~2100万円
  • 坪単価の目安:60~70万円
スタジオⅠは石山工務店オリジナルの完全フルオーダーの注文住宅商品です。建築工法は設計自由度に優れた木造軸組み工法、地震に強く気密性・断熱性を確保しやすいツーバイ工法どちらにも対応可能。顧客の要望をヒアリングして最適な工法・設備を採用する自由度の高い住まいです。狭小地や変形地など、その土地土地の形状を活かした家づくりに柔軟に対応できるほか、スキップフロアやダウンフロアなど空間を自由にアレンジする間取り設計力も魅力です。
スタジオI外観画像
スタジオI内覧画像1
スタジオI内覧画像2

スタジオIの特徴

  • 石山工務店オリジナルの注文住宅商品
  • フルオーダーの完全自由設計
  • 建築工法は木造軸組み工法・ツーバイ工法を選べる
  • スキップフロアやダウンリビングなど間取り自由度が高い
  • 石山工務店の提案力・対応力を最大限活かせる

スーパーウォール

  • 本体価格の目安:2500~2800万円
  • 坪単価の目安:70~80万円
LIXIL住宅研究所が手掛けるフランチャイズハウスブランド「スーパーウォール」は高気密・高断熱・高耐震と住宅性能に特化した商品モデルです。壁・床・天井の6面を強固に接合するモノコック構造の建物は地震に強く、気密性・断熱性も確保しやすいのが大きな特徴。特にハイグレードなスーパーウォールDUAL工法では内外断熱をあわせて185mmの分厚い断熱層を実現し、業界トップクラスの断熱性能を確保。年間の寒暖差が大きく、また冬季には積雪で建物に20~30トンの負担がかかる旭川エリアに適した商品モデルです。
スーパーウォール外観画像
スーパーウォール内覧画像1
スーパーウォール内覧画像2

スーパーウォールの特徴

  • LIXIL住宅研究所のFCハウスブランド
  • 自由設計の注文住宅
  • 高気密・高断熱・高耐震モデル
  • 耐震等級3(最高等級)を確保
  • ハイグレード仕様だと185mmの分厚い断熱層(壁)

アメカジ工務店

  • 本体価格の目安:1980~2310万円(税込)
  • 坪単価の目安:59~70万円
アメカジ工務店はジョンソンホームズが展開するFCハウスブランド。ガレージ・土間付きの規格住宅タイプで「趣味を楽しむ家」がコンセプトになっています。広いガレージ・土間付きの住まいは車・バイクなどを眺める・整備するスペースとしてはもちろん、サーフボード、スノーボード、釣り用品のお手入れをする空間としてもバッチリ。アクティブな趣味を家族みんなで楽しめる遊び心あふれる商品モデルです。
アメカジ工務店外観画像
アメカジ工務店内覧画像1
アメカジ工務店内覧画像2

アメカジ工務店の特徴

  • ジョンソンホームズのFCハウスブランド
  • ガレージ・土間付き規格住宅
  • コンセプトは趣味を楽しむ家

石山工務店の家の住宅性能を確かめる

石山工務店で家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

図解でわかる!石山工務店の住宅性能

【解説】
それでは石山工務店の家の住宅性能についてみていきます。

石山工務店は自社商品にくわえてFCハウスブランドの商品を多数取り扱っており商品ごとにそれぞれに建築工法・断熱仕様が異なるため、住宅性能にも差がございます。フランチャイズハウスブランドの耐震性・断熱性については後述しますので、この項目では石山工務店のオリジナル注文住宅「スタジオⅠ」について触れていきます。

石山工務店のオリジナル注文住宅は「木造軸組み工法」と「ツーバイ工法」を選択できる点が大きな特徴です。木造軸組み工法は、設計自由度が高く吹き抜けなどの大空間や大きな窓などを実現しやすい一方で、柱・梁・筋交い(耐力壁)で建物を支える構造なので木材同士の接合部分に地震エネルギーが集中しやすいという弱点がございます。もちろん建築基準法に沿って建てられるため一定の強度は確保されているものの、どちらかというともう一つの「ツーバイ工法」の方が強度面ではアドバンテージがあると言えます。

ツーバイ工法は床・壁・天井からなる6面体で建物を支える構造で、地震時には6面全体にバランスよく負荷(地震エネルギー)を分散しやすいため、比較的地震に強い工法です。またツーバイ工法は壁・床・天井のパネル同士を強固に接合するため、気密性・断熱性も確保しやすい点が特徴です。

石山工務店の施工エリアである旭川は全国的にみても厳しい自然環境の地域で夏は35℃、冬にはマイナス25℃にもなり、年間を通した寒暖差は±60℃にものぼります。また冬季の積雪は1.3mにもおよび家全体に約20~30トンもの重みがかかります。旭川の住まいには、積雪の重みにも耐えられる頑丈な構造躯体、そして厳しい寒暖差でも快適に暮らせる気密・断熱性が求められることから、強度が高く気密性・断熱性も確保しやすいツーバイ工法が人気があるようです。

なお、ツーバイ工法は2×4工法や2×6工法をひっくるめた総称で、北海道などの寒冷地では壁の分厚い「2×6工法」の方がより適していると言えます。2×6工法の方が壁が分厚いため、必然的に壁内に敷き詰める断熱材を分厚く施工できるため断熱性の面でアドバンテージがあります。イニシャルコストの面では2×6工法の方が高くなりますが、断熱性の優秀な家は光熱費などのランニングコストを抑えられるため長い目でみてどちらがお得かを考えるべきでしょう。


石山工務店の耐震性および耐震等級を知る

次に「石山工務店の住宅は地震に対してどれほど強い家なのか?」という点についてもう少し掘り下げて解説していきます。

石山工務店は多数の商品ラインナップを用意しており、それぞれに建築工法が異なり耐震性にも差がございます。以下に石山工務店の取り扱う商品の工法、耐震等級についてまとめておきます。

石山工務店の商品別構造(耐震等級)
商品ラインナップ工法耐震等級
スタジオI木造軸組み工法/ツーバイ工法調査中
スーパーウォールスーパーウォール2×6工法耐震等級3
インターデコハウス2×4工法取得していない
アイフルホーム木造軸組みパネル工法耐震等級3相当
COZYハイブリッドファーム工法(木造軸組みパネル工法)取得していない
アメカジ工務店ソリッドフレーム工法(木造軸組みパネル工法)取得していない
ナチュリエソリッドフレーム工法(木造軸組みパネル工法)取得していない
ミニプロト木造軸組み工法耐震等級2

石山工務店の取り扱う商品モデルのなかで、特に地震に強い工法を採用しているのは「スーパーウォール」です。スーパーウォールは断熱材と木材パネルが一体化された住宅部材を用いて壁・床・天井を一体化したモノコック構造(ハコ型6面体構造)となっています。モノコック構造の建物は地震時の負荷を面構造で受け止め建物全体にバランスよく分散するため、建物の歪みが起こりにくく非常に地震に強い構造として知られています。スーパーウォールはただでさえ地震に強いモノコック構造で、耐震等級3(最高等級)を確保しているため、耐震性の面では石山工務店の取り扱う商品モデルのなかでもっとも安心と言えると思います。

スーパーウォール以外のモデルもツーバイ工法・木造軸組みパネル工法を採用している商品については、同じく建物を面で支える6面体モノコック構造のため、比較的地震に強いと言えます。ただし、耐震等級に関しては標準仕様では取得していないモデルもあるため、耐震等級にこだわる場合は選択する商品ごとに耐震等級の取得は可能か?可能な場合、オプション料金はいくらか?などしっかり確認しておきましょう。石山工務店は耐震等級を取得していない商品モデルも多いため当サイトでは耐震性評価4としていますが、耐震等級を取得していない場合でも、建物外周部にパネル(耐力壁)を用いたモノコック構造であれば地震に弱いということは考えにくいです。

ミニプロトで採用される木造軸組み工法は地震時に柱・梁の接合部分に地震エネルギーが集中しやすいなど、パネル工法・ツーバイ工法に比べると耐震性の面で若干ビハインドがありますが、ミニプロトは学校や病院など公共性の高い建物と同等の「耐震等級2」となるため、地震に弱いわけではありません。耐震性を重視する場合は、ツーバイ工法あるいは木造パネル工法の商品モデルを検討すると良いと思います。


石山工務店の断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

次に石山工務店の断熱性能についてもう少し深堀りしていきます。

石山工務店は商品プランごとに細かい断熱性能の違いはございますが、少なくとも全棟で「省エネ新基準の低炭素等級相当」をクリアしている記載があります。省エネ新基準の低炭素等級とは、低炭素住宅の基準の一つとなる「平成28年省エネ基準」を満たすということだと思われます。

平成28年省エネ基準に照らし合わせると、石山工務店の施工エリアである旭川市およびその近郊は「基準UA値:0.46W/m2K」となります。UA値:0.46の断熱性能が確保されていれば、夏・冬ともに快適に過ごせると思われます。

また、石山工務店の商品のなかで特に高い断熱性を誇るモデルは「スーパーウォール」になります。もっともグレードの高いスーパーウォールは、内外断熱層をあわせて185mmと非常に分厚い硬質ウレタンパネルを採用した「スーパーウォールDUALパネル」を使用しており、国内でもっとも厳しい断熱基準「HEAT20 G2グレード(UA値:0.28)」が目安となっています。またスーパーウォールは気密性の数値も「C値:1.0以下」を目安としています。

そのほかの商品モデルに関しては、明確な断熱性・気密性の数値をホームページ上に明示していないためヒアリングすることをオススメします。断熱性・気密性を重視した家づくりを検討されている方は、スーパーウォールを検討してみるといいでしょう。

石山工務店の実例を一部紹介

石山工務店の手掛けた建築実例をいくつかピックアップしてみましょう。実例をご覧頂くとイメージしやすいはずです。

石山工務店の建築実例1
こちらは石山工務店のオリジナル注文住宅スタジオⅠの建築実例です。直線的なフォルムが印象的な外観です。

石山工務店の建築実例2
スタジオⅠの内装実例です。木質感あふれる広々とした室内空間ですね。

石山工務店の建築実例3
こちらは石山工務店のスーパーウォールの建築実例です。シンプルなハコ型のフォルムがスタイリッシュです。

石山工務店の建築実例4
スーパーウォールの内装(ダイニング)です。白を基調とした室内と木質感のある床がうまく調和しています。

石山工務店の建築実例5
石山工務店の商品インターデコハウスの外観実例です。北欧風の可愛らしい外観が目を引きますね。

石山工務店の建築実例6
インターデコハウスの内装(リビング)の実例です。内装も輸入住宅らしさがあふれています。

石山工務店の保証やアフターサービスを紹介

次は石山工務店の保証やアフターサービスについてみていきましょう。

石山工務店は「JIOわが家の保険」に加盟しています。こちらは住宅瑕疵担保履行法に基づく新築住宅の保険で、「構造躯体の重要な部分」と「雨漏りを防止する部分」の初期保証が「10年間」となります。保証期間中に床の傾斜や雨漏りなどの瑕疵が発生した場合、補修費用にかかった費用が保険金として支払われます。

新築マイホームを建築する場合は品確法という法律によって「構造躯体の重要な部分」と「雨漏りを防止する部分」に関しては10年間の初期保証が義務付けられているため、石山工務店の初期保証は法律で義務づけられた範囲の内容と言えます。

また石山工務店は「JIOわが家の保険」だけでなく「JHS地盤サポートシステム」にも加盟しており「20年間の地盤保証」が付いています。これにより万が一地盤の不同沈下などが起きた場合には住宅の補修費用ならびに補修工事期間の仮住居費用、一事故あたり最大5000万円まで補償されます。

石山工務店は保証期間は特筆するほど長いわけではありませんが、無料定期点検は非常に充実しています。石山工務店の無料点検期間はなんと30年間。1年目は年に4回(1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月)、2年目以降は毎年1階。11年目以降は顧客の希望に応じて行っています。競合他社では、保証期間内(10年)の定期点検が無料となるケースが多いため、30年間の無料定期点検は地域密着型工務店としては破格の内容と言えるでしょう。

また、石山工務店では無料の定期点検のほか、「住まいメイト」と呼ばれる専門のスタッフが2~3ヶ月に一度お宅訪問し、住宅に関する困りごとをヒアリングして積極的なアフターメンテナンスを行ってくれます。石山工務店は保証期間は普通レベルですが、アフターサポートは大手ハウスメーカーにも遜色ないほど手厚いです。アフターサポートの手厚さも石山工務店の大きな魅力と言えるでしょう。

石山工務店は値引きできる?

工務店値引き

次に石山工務店の家は値引き交渉が可能かどうか?という点を見ていきましょう。

一般的に新築注文住宅を購入する場合、本体価格の3~8%程度であれば値引き交渉の相談に応じてくれるハウスメーカー・工務店が多いです。石山工務店についても値引きが可能かどうかリサーチ致しましたが、石山工務店は地域密着型で事業規模がそれほど大きくないためインターネット上では情報が少なく実際に値引きに成功した口コミなどは見つけられませんでした。

おそらく石山工務店も競合他社と同様に数%程度の値引き交渉であれば相談可能と思われますが、実際に値引きが可能かどうかはタイミングや選ぶ商品にもよりますので、ぶつけてみないとわからないというのが実情です。

一つ言えるとすれば、石山工務店の場合はFCハウスブランドの商品よりも自社オリジナル商品の「スタジオⅠ」の方が値引き交渉はしやすい可能性が高いです。FCハウスブランドにはそれぞれFC加盟料などのコストがかかっているため、大きな値引き幅には対応が難しいと思われます。

もし金額面での値引き交渉が難しい場合でも、有料オプション工事をサービスしてもらえたり、内装設備のグレードアップをサービスしてもらえる可能性もありますので、購入の決意が固まったら積極的に交渉してみましょう。当サイトではどのハウスメーカー・工務店にも有効な値引き交渉のコツを特集記事にまとめていますので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

石山工務店の口コミから評判を確認

【石山工務店への口コミ】
石山工務店で注文住宅を建てました。アフターサポートも充実していますし家のクオリティ自体も高く満足しています。高気密・高断熱で冬も快適。大手ハウスメーカーではこれほど安くは難しいです。

【石山工務店への口コミ】
石山工務店は地震に強いツーバイフォーで建てるのがオススメ。木造軸組みより強度が高く地震に強いし気密・断熱も確保しやすいです。

【石山工務店への口コミ】
北海道で家を建てるなら断熱性は重視すべきです。石山で建てるならスーパーウォール?なら気密・断熱も優秀だと思います。価格は他のモデルよりも高いですが、住宅性能面ではズバ抜けて良いです。

【石山工務店への口コミ】
30年間無料定期点検は手厚いサポートだと思います。ほとんど大手並み?

【石山工務店への口コミ】
輸入住宅に憧れていたのでインターデコハウスはドンピシャに好みの見た目でした。構造もツーバイフォーで地震に強いとのことですし価格も予算内でしたので決めました。住み心地も快適で特に今のところ何の問題もありません。アフターの方も親切です。イメージ通りの夢の戸建てが完成して満足しています。

【石山工務店への口コミ】
石山工務店のCOZYというのがかなり安い(1000万円台)で建てられるとのことで気になっています。価格もお手ゴリで性能もそれなりに良いと聞きます。ハコ型のシンプルな見た目も、飽きがこなくて良さそう。ゴテゴテとした装飾はいらないのでシンプルで価格を抑えられるならそれに越したことないです。

石山工務店はインターネット上での口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

石山工務店の口コミ・評判をまとめると
  • 家のクオリティに満足
  • アフターサポートが手厚い
  • 2×4工法は地震に強く気密性・断熱性も優秀
  • スーパーウォールは住宅性能が高い
  • 輸入住宅の見た目が好み
  • ローコストモデルはシンプルな外観で安い

石山工務店は地域密着型で事業規模がそこまで大きくないため、インターネット上では口コミが少ないですが、内容としては概ね肯定的な評判が目立った印象です。特にフランチャイズハウスブランドの商品については住宅性能面・外観などの見た目ともに評価されているようです。

石山工務店は、自社オリジナルの注文住宅商品に加えて、複数のFCハウスブランドのラインナップを取り揃え幅広い顧客層の要望に対応できる点が大きな魅力。北海道の厳しい寒さに耐えうる気密性・断熱性を有するハイグレードな住まいから、シンプルなローコスト住宅まで取り揃えています。もちろん、ローコストであっても、しっかり次世代省エネ基準の断熱性をクリアしていますので寒さの厳しい北海道でも快適な暮らしが実現可能でしょう。

北海道旭川市周辺でマイホーム計画を検討されている方は石山工務店も候補としてチェックしておいてはいかがでしょう。柔軟な対応力と優れた提案力を武器に顧客それぞれにピッタリの住まいを提供してくれるはずです。

関連記事

  1. 小堀建設 口コミ 評判

    小堀建設の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. アゲルホーム 口コミ 評判

    アゲルホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. 丸和住宅

    丸和住宅の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. ビーバーハウスの口コミや評判

    ビーバーハウスの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. スタンドバイホーム

    スタンドバイホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. サティスホーム

    サティスホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

工務店の対応エリアから選ぶ

工務店への最新口コミ