アルネットホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

アルネットホーム

アルネットホームの詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(4.2)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
極暖の家本体価格の目安:2300~2600万円坪単価の目安:65~74万円
ロータス(LOTUS)本体価格の目安:2000~2400万円坪単価の目安:57~68万円
クレアスタイル本体価格の目安:1300万円~1800万円坪単価の目安:50~55万円
断熱材
現場発砲ウレタンフォーム断熱材,高性能グラスウール
窓仕様
樹脂サッシ+Low-Eトリプルガラス
換気システム
第一種熱交換換気システム(オプション)
制振装置
木造住宅用制振ダンパー「エヴォルツ(evoltz)」

目次

アルネットホームってどんな会社!?

アルネットホームは埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県で事業展開する「大賀建設株式会社」のハウスブランドです。

アルネットホームは「すべては一人のお客様のために」というコンセプトを掲げ、外観デザインから間取り・設備インテリアまでお客様のすべての要望にこたえられる「自由設計」にこだわり、長く安心して住み継げるトータルバランスに優れた住まいを提供しているハウスブランドです。

アルネットホームは住宅性能面を重視した家づくりをしており、「耐震」「耐風」「劣化対策」「維持管理対策」など住宅性能表示制度における8部門で最高等級の仕様に標準対応しています。またアルネットホームは住宅資材にもこだわっており、丸太から切り出した天然の無垢材をふんだんに内装に採用しているところも特徴的です。本物の木から切り出した無垢材は木材が本来もつ調湿性やリラックス効果のある香り、そして年月を重ねるごとに微妙に色合いなどが変化していく過程が楽しめる贅沢な素材です。本物の無垢材を採用した家は内装にも重厚感がでるため、本物志向の方も満足のいく内装になるでしょう。

もう一つ、アルネットホームはお客様のこだわりをカタチにするデザインや提案力にも定評があります。

アルネットホーム独自の生活提案「らくまま」は家族ひとりひとりが暮らしやすい住まいになるように、家族・自分・家事・収納・成長の5つのテーマに分けてさまざまな暮らしやすい住まいのアイデアを提案しています。らくままで提案する暮らしやすい住まいのアイデアは、アルネットホームの各地展示場で実際に体験することが可能です。

アルネットホームはローコストで建てられる規格住宅やカスタムオーダー住宅から、自由設計で性能面も非常に優れたハイグレード住宅まで幅広い商品ラインナップを用意しているため、幅広い要望に対応可能。アルネットホームの注文住宅に興味がある方はまずカタログを比較し、展示場で住まいのアイデアを体験してみましょう!

アルネットホームの会社概要

工務店名アルネットホーム
会社名大賀建設株式会社
所在地埼玉県 さいたま市 大宮区土手町1丁目2番地 JA共済埼玉ビル14階
電話番号048-783-2211
代表者須賀亮
設立1999年
資本金50(百万円)
売上高調査中
従業員数281名
着工数500件
施工エリア埼玉県,栃木県,群馬県,茨城県,千葉県
キャッチコピー全ては一人のお客様のために
売り文句・強みアルネットホームはお客様の夢を手の届く価格で実現いたします

アルネットホームの価格や坪単価を知る

ここからはみんなが気になるアルネットホームの具体的な価格・坪単価を代表的な商品ごとに割り出していきます。

アルネットホームではあらかじめ用意されたプランの中から好みのものを選択するセミオーダー式の規格住宅から高性能で自由設計のハイグレード注文住宅まで幅広い商品ラインナップを用意しています。

この項目ではアルネットホームの最上位グレードで自由設計の注文住宅「極暖の家」、オンリーワンのデザイン住宅「ロータス(LOTUS)」、規格住宅の「クレアスタイル」の3商品をピックアップしてご紹介させて頂きます。

極暖の家

  • 本体価格の目安:2300~2600万円
  • 坪単価の目安:65~74万円
「極暖の家」は耐震性と断熱性に特化したアルネットホームの最上位グレードモデルです。 極暖の家では、一般的な3.5寸(10.5cm角)の柱に比べて1.3倍の断面積をもつ4寸柱(12cm角)を採用し建物の剛性が高め、さらに制震ダンパー「エヴォルツ」を標準搭載。「耐震+制震」のダブルの備えで地震から建物を守ります。 また北海道レベルの断熱性(UA値0.44)を備えており、1年中シャツ1枚で快適に過ごせる快適な住まいであることも大きな特徴です。非常に高い断熱性を誇るため、外とつながるオープンリビングなど開放的な間取りプランも実現できるハイグレードなモデルです。
極暖の家外観画像
極暖の家内覧画像1
極暖の家内覧画像2

極暖の家の特徴

  • アルネットホームの最上位モデル
  • 自由設計の注文住宅
  • 4寸柱を採用し建物の剛性アップ
  • 制震ダンパーエヴォルツを標準採用
  • オープンリビングなど開放的な間取りも実現

ロータス(LOTUS)

  • 本体価格の目安:2000~2400万円
  • 坪単価の目安:57~68万円
ロータス(LOTUS)は予算や条件の範囲内で最適な素材・デザインを取り入れられるフルオーダーの注文住宅モデルです。ロータスは4寸柱は採用していないですが、耐震性の高い木造軸組みパネル工法で建てられており標準仕様で耐震等級3を確保。さらに制震ダンパー「エヴォルツ」も標準搭載している地震に強いモデルです。また極暖の家に比べると断熱性はやや低いものの、「UA値0.56」を平均値としており一般的な住宅と比べてかなり高い水準と言えます。 ロータスは自然の風合いを楽しめるオリジナル無垢材を採用している点もポイント。無垢材を採用した内装は高級感があり、経年によって独特の味わい深い変化が楽しめます。
ロータス(LOTUS)外観画像
ロータス(LOTUS)内覧画像1
ロータス(LOTUS)内覧画像2

ロータス(LOTUS)の特徴

  • 自由設計の注文住宅
  • 制震ダンパーエヴォルツを標準採用
  • 高級感のあるオリジナル無垢材を採用
  • 無垢材を使った内装は経年良化を楽しめる

クレアスタイル

  • 本体価格の目安:1300万円~1800万円
  • 坪単価の目安:50~55万円
クレアスタイルはコストパフォーマンスに優れたカスタムオーダースタイルの商品モデルです。基本プランは150パターン以上用意されているほか、決まったルールのなかで自由設計を楽しむ「タイプS」という商品もあります。 クレアスタイルは標準仕様では制震ダンパーは付きませんが耐震等級3は確保しています。断熱性能も自由設計モデルに比べるとやや劣りますが「UA値0.6以下」を基準としているため一般的には高い水準と言えます。
クレアスタイル外観画像
クレアスタイル内覧画像1
クレアスタイル内覧画像2

クレアスタイルの特徴

  • コスパに優れた規格住宅モデル
  • 150もの豊富な基本プラン
  • 決まったルールの中で自由設計を楽しむプランもあり
  • 優れた断熱性能(UA値0.6)

アルネットホームの家の住宅性能を確かめる

アルネットホームで家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

アルネットホームの住宅性能

【解説】
アルネットホームは多彩な商品ラインナップを用意しており、商品モデルごとに住宅性能の差がありますが、いずれの商品においても長期優良住宅の水準はクリアしているため、住宅性能は概ね優秀と言えます。

特に耐震性と断熱性には力を入れています。まず耐震性に関してですが、「CLOLO」という商品を除き全モデルで耐震等級3(最高等級)に対応。上位グレードモデルの「極暖の家」「ロータス(LOTUS)」では耐震等級3対応に加えて制震ダンパー「エヴォルツ」も標準搭載しており「耐震性+制震性」を備えた住宅となっています。アルネットホームの家は地震に対しては安心感のある住まいと言えるでしょう。

次に断熱性に関してですが、こちらも商品モデルごとに性能差がありますが、最上位モデルの「極暖の家」は北海道基準の断熱性能「UA値:0.44相当」となり、アルネットホームの施工エリアである埼玉・群馬・栃木・茨城県においてはZEH基準を超える優秀さとなります。次点でグレードの高い「ロータス」は「UA値:0.56相当」、コストを抑えた規格住宅タイプ「クレアスタイル」でも「UA値:0.6相当」と、いずれのモデルにおいても断熱性能は優秀です。

アルネットホームはさまざまな商品モデルを取り揃えているため、商品モデルごとに性能差・価格差が大きいですが、規格住宅モデルでおよそ「坪単価50~55万円前後」、自由設計のハイグレードモデルでおよそ「坪単価60~78万円」前後となります。ローコスト住宅からハイグレード住宅まで幅広く取り扱っているため、さまざまな客層に対応できるハウスメーカーですので対応エリアでマイホームを検討されているならばぜひ一度チェックしてみましょう。


アルネットホームの耐震性および耐震等級を知る

次は「アルネットホームが地震に対してどれほど強い家なのか?」という点についてもう少し掘り下げて解説していきます。

アルネットホームでは、木造軸組み工法をベースに外周面に構造用合板(パネル)を施工した「木造軸組み+パネル工法」を採用しています。この工法は建物を床・壁・天井の6面で支える頑丈な面構造のため、地震の負荷をバランスよく建物に分散させることができる地震に強い工法です。

また柱には水分量を15%以下までしっかり乾燥させた反りや狂いの少ないエンジニアリングウッド集成材を採用し、地震の負荷を受けやすい接合部にはオリジナル金物「タフジョイント」を採用。従来の在来工法に比べて、柱と梁の接合部の断面欠損を最小限に抑えられるため接合部の強度もアップしています。

アルネットホームの構造躯体では標準仕様で耐震等級3(最高等級)に対応しているため、地震には非常に強いと言えるでしょう。(ただし「CLOLO」という商品では耐震等級が異なるようです)

アルネットホームの上位モデル「極暖の家」「ロータス(LOTUS)」では標準仕様で「制震ダンパー:エヴォルツ(evoltz)」が搭載されています。

制震ダンパー エヴォルツ(evoltz)

制震ダンパー エヴォルツ(evoltz)

制震ダンパー:エヴォルツ(evoltz)は、静岡県の「千博産業株式会社」が世界的な自動車パーツメーカーの「ビルシュタイン社」の技術を導入し開発した制震システムで、自動車の揺れを制御するショックアブソーバの技術を応用し地震の揺れを制御する制震ダンパーです。

アルネットホームの上位グレードの家は「耐震等級3(+制震ダンパー)」となりますので、地震には非常に強いと言えるでしょう。


アルネットホームの断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

次にアルネットホームの断熱性能について深堀りしていきます。

アルネットホームは断熱性に関しても商品モデルによって差がありますが、いずれのモデルも平均以上の断熱性能は有しています。

アルネットホームでは最上位グレードの「極暖の家」は北海道レベルの断熱性能を誇り、断熱性を示す数値「UA値:0.44相当」。次点でグレードの高い「ロータス(LOTUS)」は東北地方レベルの断熱性「UA値:0.56相当」を有し、コストを抑えた規格住宅モデルの「クレアスタイル(CREASTYLE)」でも「UA値0.6相当」の断熱性能を有しています。

特にアルネットホーム最上位グレード「極暖の家」は、商品名からもわかる通り特に断熱性能に特化しています。

極暖の家は屋根・外壁部の断熱材に断熱性能の優秀な現場発泡タイプのウレタンフォーム断熱材を採用しており、床断熱には高性能グラスウール、また基礎玄関部にはカネライトフォーム(高性能ポリスチレンフォーム)を採用しています。各断熱層の部位の厚みは以下の通りです。

アルネットホームの断熱箇所断熱材(厚み)
外壁ウレタンフォーム(105mm)
屋根ウレタンフォーム(225mm)
高性能グラスウール(105mm)
基礎玄関部カネライトフォーム(100mm)

また極暖の家は窓断熱の仕様が非常に優秀です。窓サッシには断熱性の優秀なオール樹脂サッシを採用、窓ガラスにはアルゴンガスを封入したLow-Eトリプルガラスを採用しています。

正直断熱層の厚みに関しては、特別分厚いわけではないように思いますが、窓断熱の仕様は非常に優秀と言えるでしょう。

いずれにしてもアルネットホームの家は下位グレードのモデルでも「UA値0.6相当」の断熱性を備えているため、夏・冬ともに快適な温度環境で生活できると思われます。ただし商品モデルごとに断熱材の種類や厚み、断熱性の数値は異なる可能性がありますので、詳細については直接ヒアリングするようにしましょう。


アルネットホームのZEH住宅の取り組みについて

アルネットホームはZEH住宅に関しても積極的に取り組んでいる住宅メーカーです。

アルネットホームは「ZEROの家」というZEH基準に対応した商品モデルを取り扱っています。ZEROの家は高い断熱性と省エネ設備を搭載し省エネ化を実現し、また太陽光パネルなど創エネ設備を搭載することにより住まいの年間エネルギー収支を実質ゼロ以下とする住宅です。

アルネットホームの家は、いずれのモデルも標準仕様で非常に優秀な断熱性を誇るため、比較的軽微なオプション追加でZEH基準の性能を満たすことができるでしょう。

アルネットホームはZEH住宅を求めている方は要チェックのハウスメーカーと言えるでしょう。

アルネットホームの実例を一部紹介

次にアルネットホームの手掛けた建築実例をいくつかピックアップしてみましょう。実例をご覧頂くとイメージしやすいはずです。

アルネットホーム 建築実例1

ガルバリウム外壁にナチュラルな木目をあわせてナチュラルモダンな外観に仕上がっています。日当たり抜群のウッドデッキが素敵です。

アルネットホーム 建築実例2

アルネットホームの平屋スタイルの建築実例です。平屋は楽で効率の良い家事動線を確保しやすい住まいです。シンプルな片流れ屋根に太陽光パネルを設置しています。

アルネットホーム 建築実例3

黒のガルバリウム外壁で統一したモダンな雰囲気の建築実例です。丸い窓がアクセントになっています。

アルネットホーム 建築実例4

開放的な吹き抜けリビングです。キッチンはアイランドキッチンになっており回遊できる動線が確保されています。

アルネットホーム 建築実例5

薪ストーブのある土間が印象的な内装です。土間はテラスともつながっており家にいながらアウトドア気分も味わえる遊び心あふれる邸宅に仕上がっています。

アルネットホームの保証やアフターサービスを紹介

続いてアルネットホームの保証やアフターサービスについてみていきましょう。

新築マイホームを建築する場合は「品確法」という法律によって「構造躯体の重要な部分」と「雨漏りを防止する部分」に関しては10年間の初期保証が義務付けられています。

アルネットホームの初期保証は品確法で義務付けられている「10年間の保証期間」となります。ただし10年間の初期保証が満了時に有償メンテナンスを受けることで「最長20年まで保証が延長する」システムが用意されています。

なおアルネットホームの建物引き渡し後の定期点検は「2年・10年」のタイミングの2度になります。他社ハウスメーカーと比較すると定期点検の回数は少なめです。

アルネットホームは値引きできる?

工務店値引き

次にアルネットホームは値引き交渉が可能かどうか?と言う点を見ていきましょう。

注文住宅を建てる場合はある程度の値引き交渉なら応じてくれるハウスメーカー・工務店が多く、アルネットホームも一般的なハウスメーカーと同様3~8%程度の値引きであれば交渉の余地はあると思われます。

ただしアルネットホームは多彩な商品モデルを取り揃えており、どちらかというと本体価格が高くなる自由設計モデルやハイグレードモデルの方が値引き交渉の余地は大きいようです。規格住宅タイプはさほど大きな値引きが引き出せない可能性もありますが、いずれにしても値引き可能な額はタイミング次第という側面もありますので、「ダメでもともと」という気持ちで積極的に交渉してみることをオススメします。

なお、値引き交渉やオプション交渉のやり方・コツに関しては下記のページで詳しく特集しています。ぜひチェックしてみてください。

アルネットホームの口コミから評判を確認

【アルネットホームへの口コミ】
アルネットホームは性能とバランスの良いハウスメーカーだと思いますよ。我が家は間取りにこだわりがありましたので極暖の家にしましたが、規格タイプの極暖の家リミテッドでも好みのプランがあるならばそちらの方がコスパが高いと思います。地震に対して不安もありませんし、夏冬も快適です。今のところ、特に不満もなく満足しています。

【アルネットホームへの口コミ】
アルネットホームは断熱性が売りのハウスメーカーだけど、本当に断熱性能が高いのは上位グレードの極暖の家だけですね。断熱性をもとめてアルネットホームにするなら、極暖の家にすべき。価格は高いですが断熱性能はさすがに良いですよ。冬でも薄着で快適です。

【アルネットホームへの口コミ】
極暖の家にすると坪単価もかなり高めになってしまうし、そもそも寒冷地でもないのに極暖ほどの断熱性能は要るのか?という話にもなる。価格と性能のバランスを考えるとロータスがちょうどいいと思います。

【アルネットホームへの口コミ】
アルネットホームを検討していましたが、なにかと標準仕様では対応できないことが多かった印象。なにかにつけてオプションオプションで金額が上がって、他社ハウスメーカーよりも自由度が低いようなイメージでした。結局アルネットホームでは契約しませんでした。

【アルネットホームへの口コミ】
構造の安心感はありますね。パネル構造はもともと地震に強いみたいですし、さらに制震ダンパーも付いているとのことなので。ただ耐震性と制震性は両立するのか?という疑問もありますが(笑)ま、担当者いわくどっちの性能もあるらしいのであんまり心配はしていません。

【アルネットホームへの口コミ】
アルネットホームはアフターサービスが弱いところが難点。定期点検なんて2年点検の一回しかないし。他社だと3カ月、6か月、1年、2年、5年、10年と10年間で5、6回はあるものだと思うけど。そういうところの経費をケチるのはちょっと印象悪いかなぁ。

【アルネットホームへの口コミ】
極暖の家って内外ダブル断熱でもないのに、UA値0.44って本当なのかな?確かに窓のはオール樹脂トリプルサッシなら断熱性は高いと思うけど。極暖の家買うなら、もう少し頑張って一条工務店のアイスマートって選択肢もありますからね。

アルネットホームのインターネット上での口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

アルネットホームの口コミ・評判をまとめると
  • 極暖の家は断熱性が優秀
  • 耐震+制震なので地震に対して安心感がある
  • 上位グレードの商品モデルは坪単価が高い
  • なにかとオプションがかかる
  • アフターサービスが物足りない

アルネットホームの口コミ・評判は上位グレードの商品モデル「極暖の家」の性能面に関する好意的な内容が目立ちました。ただしエリアによっては極暖の家ほどの断熱性能は必要なのか?という疑問の声もありました。

マイホーム建築エリアに適切な断熱性能については直接ヒアリングしつつ判断するとコストパフォーマンスに優れた住まいが実現できるでしょう。

アルネットホームは高品質なハイグレード住宅から、ローコストの規格住宅まで幅広い商品モデルを展開しているハウスメーカーですので、施工エリアに対応している場合はぜひカタログをチェックしてみましょう。

 

関連記事

  1. 宮崎県のピースホーム口コミや評判

    ピースホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. 大進建設 青森 口コミ 評判

    大進建設の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. 日進堂の口コミや評判

    日進堂の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. 安成工務店

    安成工務店の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. 山下建設

    山下建設の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. 住研ハウス

    住研ハウスの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名

    間取りが家事動線や回遊動線などが考慮されていて、素晴らしい提案をして頂きました。無垢の床材がとても心地よくて、家の中でリラックス出来るのも嬉しいポイントです。極暖の家で建てたので、坪単価は大体60万円前後でしたね。窓断熱もグレードの高いものが採用されているし、断熱性能は本当に凄く良いですよ。

    • 匿名

    北海道基準の断熱性能があるので冬でも半袖で過ごせるくらいには家の中が暖かいです。断熱材を囲むように施工しているので効果が大きいのでしょう。家自体の出来は良いのですが、アフターサポートにはガッカリしました。もう少しキチンとして欲しいです。

工務店の対応エリアから選ぶ

工務店への最新口コミ