エースホーム(佐賀県)の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

エースホーム(佐賀県)

エースホームの詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(4)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
エースホーム(佐賀県)の注文住宅本体価格の目安:1800~2300万円坪単価の目安:56~71万円
ジブンハウス(規格住宅)本体価格の目安:1086~1650万円坪単価の目安:34~41万円
断熱材
FPウレタン断熱パネル,吹き付けウレタンフォーム,グラスウール
換気システム
第1種
制振装置
制震ダンパー「マモリー」

目次

エースホーム(佐賀県)ってどんな会社!?

エースホームは佐賀県に本社をおき、佐賀県と福岡県(一部:佐賀近郊)で注文住宅を手掛ける地域密着型の工務店です。「FPの家」や「ジブンハウス」など、複数のフランチャイズハウスブランドに加盟し、顧客の希望にあわせてさまざまな工法・断熱仕様を提案できる「非常に自由度の高い家づくり」を行っている点が大きな特徴です。

また、エースホームは「NOフレームNOマニュアル」をコンセプトに、営業や設計などすべてのスタッフにマニュアルやノルマを設けない営業方針をとっている点も特徴的です。あらゆる点において、ベースを定めず顧客が真に求めるものを提供することに努めていて、例えば通常のハウスメーカーであればキッチンやバスルームなどの住宅設備は「A社、B社、C社のなかから選んでください」となるところ、エースホームはすべてが自由。どこのメーカーのものでも自由に選ぶことができるほか、顧客自身が思い入れのある品物を持ち込んで設置することも思いのままです。エースホームは、本当の意味でのフルオーダー注文住宅を提供している工務店と言えるでしょう。

このような営業方針をとっているのは「会社のルールに縛られると、会社の利益を考え顧客に不利な提案をしかねない」というのが理由のようです。一生モノの買い物をして頂く顧客を思い、常に100%の満足度を目指すホスピタリティが高く評価され、エースホームではお客様紹介率80%という驚異の数字を誇ります。

エースホームの注文住宅は、完全フルオーダーの住まいのため、求める内容によって価格帯の幅は大きくなりますが、ザックリ「坪単価50~65万円」がボリュームゾーンとなります。リーズナブルな価格帯に抑えたフルオーダー注文住宅を建てられる点もエースホームの強みと言えるでしょう。佐賀県・福岡県で、フルオーダーの注文住宅を検討している方は、ぜひ一度エースホーム(佐賀県)の住宅カタログをチェックしてみましょう。

なお全国規模でフランチャイズ展開する株式会社ナックの連結子会社「エースホーム」と同じ社名ですが、こちらとはまったく別の会社ですのでご注意ください。当ページでご紹介するのは佐賀県に本社を置く「エースホーム」です。

エースホーム(佐賀県)の会社概要

工務店名エースホーム
会社名株式会社エースホーム
所在地佐賀県 神埼市 神埼町田道ケ里2459-11
電話番号0120-175-618
代表者島 正憲
設立1975年
資本金30(百万円)
売上高調査中
従業員数37名
着工数調査中件
施工エリア佐賀,福岡
キャッチコピー家づくりの真ん中に、人
売り文句・強みNOフレーム・NOマニュアルのフルオーダーの注文住宅

エースホーム(佐賀県)の価格や坪単価を知る

次にエースホーム(佐賀県)の具体的な価格・坪単価を割り出していきましょう。

エースホーム(佐賀県)では、工法や断熱仕様を自由に選べるフルオーダー注文住宅をメインに手掛けていますが、その他にコストを抑えた規格住宅プランも取り扱っています。この項目では、エースホーム(佐賀県)の注文住宅モデルと、規格モデル(ジブンハウス)について参考価格とともにご紹介させて頂きます。

エースホーム(佐賀県)の注文住宅

  • 本体価格の目安:1800~2300万円
  • 坪単価の目安:56~71万円
エースホームの注文住宅は非常に自由度が高い点が特徴です。工法は、木造軸組み工法やFP工法など、予算や状況に合わせて提案する他、断熱仕様や設備、外観のイメージなども全て顧客の理想通りにフルオーダーすることが可能です。
エースホーム(佐賀県)の注文住宅外観画像
エースホーム(佐賀県)の注文住宅内覧画像1
エースホーム(佐賀県)の注文住宅内覧画像2

エースホーム(佐賀県)の注文住宅の特徴

  • 完全自由設計の注文住宅
  • 工法。断熱仕様・設備なども全てフルオーダー可能
  • 制震ダンパー「マモリー」を採用可能
  • ハウスガードシステムはシロアリ・腐朽に強い緑の柱を使用

ジブンハウス(規格住宅)

  • 本体価格の目安:1086~1650万円
  • 坪単価の目安:34~41万円
エースホームはジブンハウス(FCハウスブランド)の規格住宅プランを取り扱っています。ジブンハウスの規格住宅はキュービックフォルムのAシリーズ、平屋造りのFシリーズ、太陽光発電のSOLASOLAなどさまざまなデザインスタイルが用意されており、いずれも1000万円台からの価格設定と非常にコストパフォーマンスにも優れています。モダンでスタイリッシュな外観も人気があります。
ジブンハウス(規格住宅)外観画像
ジブンハウス(規格住宅)内覧画像1
ジブンハウス(規格住宅)内覧画像2

ジブンハウス(規格住宅)の特徴

  • ジブンハウスの規格住宅プラン
  • さまざまなデザインスタイルを用意
  • コストパフォーマンスに優れる
  • スタイリッシュな外観も人気

エースホームの家の住宅性能を確かめる

エースホームで家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

図解でわかる!エースホーム(佐賀県)の住宅性能

【解説】
それではエースホーム(佐賀県)の家の住宅性能についてみていきます。

まず耐震性についてですが、エースホームは「ハウスガードシステム(木造軸組み工法)」と「FP工法(木造軸組みパネル工法)」を取り扱っています。どちらかというと、耐力壁にパネルを用いたFP工法の方が耐震強度は高いと思われますが、いずれも耐震等級は取得していないため、もし耐震等級にこだわる場合は注意しましょう。ただし、エースホームではオプションで制震ダンパー「マモリー(MAMORY)」を採用することが可能なので、もし耐震性が不安であればこちらの採用を検討するのもオススメです。「マモリー(MAMORY)」は高減衰ゴムの技術を利用した制震システムで震度7の揺れ幅を最大89%吸収することが可能です。制震システムを採用すれば地震に対しても非常に強い建物となるはずです。

次にエースホームの断熱性能についてですが、エースホームは顧客の予算や要望をヒアリングしたうえで、それぞれ最適な断熱工法(断熱材)を提案しているため、特に明確なUA値・C値は公開していません。ただ、いずれにしてもエースホームは全棟で2020年断熱基準を標準としているため、少なくとも断熱等性能等級4の基準UA値は「0.87」は確保されているはずです。エースホームの施工エリア(佐賀・福岡)は、比較的温暖なエリアですので断熱等性能等級4の性能が確保されていれば問題なく快適に過ごせるでしょう。

また、エースホームの採用する木造軸組み工法「ハウスガードシステム」では、非常に耐久性の高い構造材を使用している点も大きな特徴です。ハウスガードシステムでは、構造材(柱)に特殊な薬剤「マイトレックACQ」を加圧注入処理した「緑の柱」を構造上主要な部分に使用しています。

こちらは「シロアリを防ぐ薬剤」と「木材保存材」が加圧注入処理されているため「半永久的に腐らない・シロアリを防止する」性質をもちます。一般的な住宅は土台や基礎に近い部分の構造材に薬剤を塗布してシロアリを防止するケースが多く、この場合5~10年で薬剤の効果が切れてしまうため、その都度、防蟻処理メンテナンスが必要になりますが、緑の柱を採用するハウスガードシステムでは、防蟻処理メンテはほぼ必要ないとのこと。メンテナンスのランニングコストがかからない点は大きなメリットです。エースホームは家の性能を長期的に維持する「耐久性」「メンテナンス性」において非常に優れていると言えると思います。

また、エースホームは基本的に設備の仕様や間取りの仕様にほとんどの制限がありません。設計上の制限が比較的少ない木造軸組み工法をベースにしていることからも、間取りの自由度も高いと言えるでしょう。こだわりの間取りや設備を導入したい場合もエースホームはオススメです。

エースホームの価格帯はおおよそ「坪単価50~65万円」前後がボリュームゾーンです。ローコスト住宅というには、やや高めの価格帯ですが、「自由度の高いフルオーダーの注文住宅」としてはリーズナブルな方と言えます。自由設計にこだわりつつ価格を抑えたい方は、ぜひ一度エースホームをチェックしておきましょう。


エースホーム(佐賀県)の耐震性および耐震等級を知る

次に「エースホーム(佐賀県)の住宅は地震に対してどれほど強い家なのか?」という点についてもう少し掘り下げて解説していきます。

エースホームは主に「ハウスガードシステム(木造軸組み工法)」と、「FP工法(木造軸組みパネル工法)」の二種類の工法を取り扱っています。

まずハウスガードシステムですが、こちらは「株式会社コシイプレザービング」が提供する建築工法で、構造そのものは筋交い(すじかい)を耐力壁に用いる木造軸組み工法ですが、構造材(柱)に特殊な薬剤「マイトレックACQ」を加圧注入処理した「緑の柱」を使用している点が特徴です。

ハウスガードシステム(緑の柱)

ハウスガードシステム(緑の柱)

緑の柱はシロアリを防ぐ薬剤と木材保存材が加圧注入処理されていることにより「腐らない」「半永久的にシロアリの被害を防ぐ」という性質をもち、非常に耐久性の高い柱となります。また、ハウスガードシステムで建てる家は、腐らない木(緑の柱)にくわえて、木材を接合する金物にもこだわり、非常に錆に強い金物を使うことによって新築時の耐震性能を長期間にわたり維持することが可能です。耐久性の高い構造材を用い、接合部分にも強度の高い金物を使っているため、耐震性も問題ないと思われますが、ハウスガードシステムの標準仕様では特に耐震等級は特に取得していないため、気になる場合は詳しくはヒアリングすべきでしょう。なお、ハウスガードシステムの上位グレード「Sシリーズ」「SEシリーズ」の構造では1棟ごとに構造計算を行っているため、一定の地震の強さは確保されているはずです。

続いてFP工法についてですが、こちらは全国展開のフランチャイズハウスブランド「FPの家」のオリジナル構法です。FP工法もベースは木造軸組み工法ですが、建物外周部すべてに断熱材一体型の「FPウレタン断熱パネル」を施工している点が大きな特徴。FPウレタン断熱パネルは、木枠のパネルにウレタン断熱材を30トンもの圧力でプレスする非常に密度が高いパネルで、断熱材としての効果を持ちながら、構造を支える耐力壁としての役割も担います。建物外周部にパネルを用いる工法ですので、地震エネルギーが建物全体にバランスよく分散しやすく、比較的地震に強い構造と言えます。ただFP工法も標準では耐震等級を取得していないため、もし耐震等級にこだわる場合はあらかじめ取得可能かどうかを確認すべきでしょう。

なお、エースホームはオプションで制震ダンパー「マモリー(MAMORY)」を搭載することも可能なため、耐震等級を取得していない点が不安であればこちらの導入を検討するのも良いと思います。

制震ダンパー マモリー

「マモリー(MAMORY)」は住友ゴム工業製の高減衰ゴムの技術を利用した制震システムで、熊本城にも同タイプの制震システムが採用されていることが知られています。制震ダンパー「マモリー」は震度7の揺れ幅を最大89%吸収することが可能で、繰り返す余震にも効果があり、構造体のダメージを軽減します。地震に備えたい方は制震システムの導入も検討してみましょう。


エースホーム(佐賀県)の断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

次にエースホーム(佐賀県)の断熱性能についてもう少し深堀りしていきますが、エースホーム(佐賀県)では断熱工法や断熱材の種類についても、顧客の予算や要望をヒアリングして最適な断熱工法・断熱材などを提案しています。

具体的には、FPウレタン断熱パネルを使ったFP工法や、フォームライト・アイシネン・アクアフォームなどの現場発泡タイプの吹き付けウレタンフォームを使った工法、またアクリアなどの高性能グラスウールなど、さまざまな断熱工法・断熱材を取り扱っています。

採用する断熱工法・断熱材によって細かい気密性・断熱性の数値は異なりますが、いずれにしてもエースホーム(佐賀県)の断熱仕様は2020年断熱基準を標準としているため、少なくとも断熱等性能等級4の基準UA値は「0.87」は確保されているはずです。

またエースホームがフランチャイズ加入する「FPの家(FPコーポレーション)」では、加盟工務店の全国平均UA値:0.44と公開しています。この数値はZEH基準(UA値0.6)よりも優秀な数値です。エースホームにおいてもFP工法を採用すれば、この数値に近しい優秀な断熱性を確保できると思われます。

なお気密性の数値に関しても特にエースホームでは具体的な数値(C値)のアナウンスがありませんが、FP工法の場合、C値実測平均値は「0.5以下」と非常に気密性も高いです。気密性・断熱性を重視する場合は、FP工法がオススメと言えるでしょう。


エースホーム(佐賀県)は省エネ・創エネ住宅も得意

エースホーム(佐賀県)は、ZEH住宅など省エネ・創エネに特化した家づくりにも積極的に取り組んでいます。

ZEHとは「家で消費するエネルギー」と「家で創るエネルギー」を差し引きゼロを目指す住宅のことです。高い断熱性能を備える家は消費エネルギーを低く抑えることができ、さらに太陽光パネルなどの創エネ設備を採用することで光熱費のランニングコストを大きく削減できます。

エースホーム(佐賀県)では、FP工法などもともと高い気密性・断熱性を実現しているため、採用する工法次第で太陽光パネルやHEMS(電力の見える化システム)を導入するだけでZEH住宅に対応することが可能と思われます。

エースホーム(佐賀県)ではZEH住宅の普及に向けた目標で「2020年度」の時点でZEH実績が「35%」となっています。地方の工務店としては、非常に優秀な実績と言えるでしょう。エースホーム(佐賀県)はZEH住宅を希望している方にもオススメのビルダーです。

エースホーム(佐賀県)の実例を一部紹介

次にエースホーム(佐賀県)の手掛けた建築実例をいくつかピックアップしてみましょう。実例をご覧頂くとイメージしやすいはずです。

エースホーム(佐賀県)の建築実例1
こちらはエースホームの建築実例です。優しい色合いで統一されたナチュラルな外観が印象的です。庭の緑とのコントラストも素敵です。

エースホーム(佐賀県)の建築実例2
シンプルな片流れの屋根を採用した平屋実例です。ツートンの外壁が素敵ですね。

エースホーム(佐賀県)の建築実例3
黒と木目を合わせたクールでスタイリッシュな外観。引き締まった印象のかっこいい家です。

エースホーム(佐賀県)の建築実例4
内装にところどころに黒を配色し引き締まった印象に。

エースホーム(佐賀県)の建築実例5
スタイリッシュなフォルムに継ぎ目のないワンカラーの塗り壁がが美しいですね。

エースホーム(佐賀県)の建築実例6
ナチュラルな雰囲気のキッチンには回遊性を持たせて、家事の楽な家に。

エースホーム(佐賀県)の保証やアフターサービスを紹介

次は、エースホーム(佐賀県)の保証やアフターサービスについてみていきましょう。

エースホーム(佐賀県)の「構造躯体の重要な部分」と「雨漏りを防止する部分」の初期保証は「10年間」となります。

新築マイホームを建築する場合は品確法という法律によって「構造躯体の重要な部分」と「雨漏りを防止する部分」に関しては10年間の初期保証が義務付けられているため、エースホーム(佐賀県)の保証内容は法律で義務付けられた最低範囲の内容です。また、特に保証の延長システムなども用意されていないようです。

また、エースホームのハウスガードシステムを採用した家では「腐れ・シロアリ被害」に対する保証が10年付き、10年後に有償メンテナンスを行うことでさらに10年保証が延長します。シロアリ・腐れ保証が付いている点はエースホームの強みと言えるでしょう。

なお、エースホーム(佐賀県)ではアフターサポートとして、建物の引き渡しから1か月、6か月、1年、2年、5年、10年の計6回の定期点検を実施しています。

エースホーム(佐賀県)は値引きできる?

工務店値引き

次にエースホーム(佐賀県)の家は値引き交渉が可能かどうか?という点を見ていきましょう。

一般的に注文住宅を建てる場合、本体価格の3~8%程度であれば値引き交渉に応じてくれるハウスメーカー・工務店が多く、エースホーム(佐賀県)もおそらく同程度の値引きであれば交渉の余地があると思われます。

ただし、エースホームは顧客ごとに仕様も工法も異なる完全自由設計の注文住宅を手掛けているため、値引きが可能かどうかは、プランやタイミングによっても大きく異なる可能性があります。いずれにしても値引きが可能かどうかは「交渉してみないとわからない」というのが正直なところです。

値引きが可能かどうかよりも、耐震性、耐久性、断熱性などの住宅性能や間取り、見た目のデザインが気に入るかどうかが一番重要です。それらの基本的な条件に納得して、最後のダメ押しとして値引き交渉をするべきでしょう。購入の意思が固まったら「ダメでもともと」という気持ちで積極的に値引き交渉を行ってみることをオススメします。

なお、当サイトでは値引き交渉のコツのほか、オプション交渉のコツに関しても詳しく特集しています。ぜひ以下のリンクよりチェックしてみてください。

■■h2
エースホーム(佐賀県)の口コミから評判を確認

【エースホーム(佐賀県)への口コミ】
営業マンの方の対応はとっても親切で丁寧でした。あんまりガツガツしていないのは、この会社の方針なんですね。ごり押しの営業には辟易していたので、エースホームの営業方針は素晴らしいと思います。建てている家も素敵でした。

【エースホーム(佐賀県)への口コミ】
エースホームのFPの家仕様で建てると、少し価格は高くなりますが、性能面ではかなり優秀だと思います。夏も冬も快適な室温環境です。施工もしっかりされていますし、営業の方も紳士的でした。今のところ大満足です。

【エースホーム(佐賀県)への口コミ】
自由度が高いのが売りの会社ということですが、自由度が高いというかちゃんと客の要望をくみ取って提案する能力が高いと思いました。いろいろできるということは技術力がちゃんとあるということでもあると思います。

【エースホーム(佐賀県)への口コミ】
エースホームは、完全自由設計というけど客の予算に併せて仕様を提案しているだけのように感じた。断熱材にしても、FPパネルがいいのか、アイシネンがいいのか、グラスウールがいいのか、こちらとしてはよくわからない。とポリシーを持って家づくりをしている工務店なら断熱材はコレ!ってなりそうなものだけど。

【エースホーム(佐賀県)への口コミ】
良い家を建てるしっかりとした会社だと思います。大手と比べると保証・アフターだけは弱いですが、価格は大手ほど高くはないですし、耐震も断熱も家の基本性能はちゃんとしていてコストパフォーマンスはそれなりに良いと思います。あと見た目にこだわりたい人にもオススメです。モダンでスタイリッシュなデザインも上手です。

【エースホーム(佐賀県)への口コミ】
基本的にほとんどのメーカーの設備を採用できるので自由度は圧倒的に高いです。自由度が高すぎると、迷ってしまう人もいると思いますが、普通にイメージを伝えるだけでもいろいろ提案してくれるので大丈夫だと思いますよ。

エースホーム(佐賀県)のインターネット上での口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

エースホーム(佐賀県)の口コミ・評判をまとめると
  • ホスピタリティが高い
  • 自由度が高い家づくり
  • 提案力・技術力が高い
  • FPの家は価格が高めだが性能も優秀
  • 客の予算に合わせてるだけでポリシーがないのでは?
  • コストパフォーマンスが優秀
  • モダンでスタイリッシュなデザインも得意

エースホーム(佐賀県)の口コミ・評判をみると、自由度の高い家づくりや提案力が高く評価されているようです。ノーフレーム・ノーマニュアルのコンセプトが示すように、全て顧客の視点に立って考えるホスピタリティの高さは高く評価されているようです。

エースホーム(佐賀県)は、間取りプランはもちろん、工法(構造)や断熱仕様も顧客の要望次第で柔軟に変化させる非常に自由度の高い注文住宅を手掛ける工務店です。顧客の希望をうまくヒアリングし、イメージに当てはまる住まいを提案力も高く評価されているので、佐賀県・福岡県で自由度の高い注文住宅に興味がある方は、ぜひ一度エースホーム(佐賀県)の住宅カタログをチェックしてみましょう。

関連記事

  1. ケイアイスター不動産

    ケイアイスター不動産 IKIの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. ウンノハウス 山形 宮城 福島 口コミ 評判

    ウンノハウスの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. 新産住拓の口コミと評判

    新産住拓の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. むぎくら 栃木 口コミ 評判

    むぎくらの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. ロータリーハウス

    ロータリーハウスの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. 住宅情報館

    住宅情報館の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

工務店の対応エリアから選ぶ