ロビンスジャパンの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

ロビンスジャパン 輸入住宅 口コミ 評判

ロビンスジャパンの詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(3.6)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
プレステージ本体価格の目安:1400万円~坪単価の目安:40万円~
ハイジ(Heidi)フォーシーズン本体価格の目安:1100万~1400万円坪単価の目安:28万~38万円
オレゴンカントリー本体価格の目安:1100万~1400万円坪単価の目安:28万~38万円
断熱材
グラスウール
制振装置
ツーバイフォー工法専用制震装置「VAX」

目次

ロビンスジャパンってどんな会社!?

ロビンスジャパンは千葉県八千代市を本拠に輸入住宅デザインを超ローコスト価格で実現している工務店です。どの位価格が安いかと言うと…ロビンスジャパンの公式ホームページでは「坪単価25.8万円から実現」と紹介されているようにかなりの低価格路線。

勿論、この価格は標準モデルで建てた場合の最低価格となるので、実際はもう少し上の価格帯での施工が多くはなりますが、それでも競合他社に比べれば破格の安さ。出来るだけ安くマイホームを建てたいとお考えの方にとって魅力的な工務店の一つではないでしょうか。

ロビンスジャパンは基本的にはセミオーダー型の規格住宅ベースの家づくりがメインとなります。完全自由設計の注文住宅に比べてコストを抑える事が出来るのが規格住宅の大きなメリット。異国情緒のある多様な輸入住宅デザインがラインナップされているので、好みのタイプがきっと見つかると思います。

近年は天井の高い間取りが流行していますが、ロビンスジャパンでは完全規格住宅型の「オレゴンカントリー」の商品を除いて、標準仕様で天井高270㎝。開放的なリビングを標準仕様のままで実現する事が可能となります。採用されている工法は北米生まれの木造2×4工法、壁で建物を支える構造なので天井高にも耐えられます。またツーバイ工法は建物の気密性を保持し易いので高気密高断熱住宅を容易に実現する事が可能となります。

ロビンスジャパンは千葉県を中心に、東京都、埼玉県、神奈川県、茨城県、山梨県に営業エリアを拡大しています。とにかく価格を安く輸入住宅デザインを実現したいとお考えの方におすすめしたい工務店です。まずはカタログのお取り寄せをして、どんなデザインの家を実現する事が出来るのか情報を集められては如何でしょうか。

ロビンスジャパンの会社概要

工務店名 ロビンスジャパン
会社名 ロビンスジャパン株式会社
所在地 千葉県 八千代市 勝田台北2-13-1
電話番号 047-409-0812
代表者 木下一博
設立 2008年
資本金 100(百万円)
売上高 調査中
従業員数 20名
着工数 調査中件
施工エリア 千葉県,埼玉県,東京都,神奈川県,茨城県,山梨県
キャッチコピー 建築家と作る輸入住宅
売り文句・強み 坪単価28万円から実現出来る輸入住宅。超ローコストでも異国情緒溢れる魅力的なデザイン。

ロビンスジャパンの価格や坪単価を知る

ロビンスジャパンは基本的には規格住宅ベースの家づくりを行っています。規格住宅は予め用意された提案プランなので、設計の自由度は完全自由設計の注文住宅に劣りますが、資材や設備が統一されているのでコストを抑える事が出来ます。ロビンスジャパンでは異国情緒ある輸入住宅デザインを専門に扱っていますが、デザインも豊富なのできっと好みのプランを見つける事が出来るでしょう。本体価格600万円~の超ローコスト価格のプランも用意されているので、価格を重視したい方にとっては魅力的に映ると思います。

プレステージ

  • 本体価格の目安:1400万円~
  • 坪単価の目安:40万円~
「建築家と創る至高の作品」のキャッチコピーの通り、ロビンスジャパンにおけるフラッグシップモデル。輸入住宅ならではのエキゾチックな造詣をフルに活用したモデルで、好みに合わせたデザインを多数選択する事が出来ます。また提案プランからのカスタマイズ性も高いので個性のあるマイホームを実現する事が出来るでしょう。
プレステージ外観画像
プレステージ内覧画像1
プレステージ内覧画像2

プレステージの特徴

  • 異国情緒ある輸入住宅デザイン
  • カスタマイズ性高さ
  • 標準仕様で天井高2.7mを実現

ハイジ(Heidi)フォーシーズン

  • 本体価格の目安:1100万~1400万円
  • 坪単価の目安:28万~38万円
ロビンスジャパンのベストセラー商品。ハイスペックながら低価格を実現したモデルで、42坪以上なら坪単価28万円から建築可能です。比較的小さめの27坪でも坪単価は38万円程度、破格の低価格設定が人気の秘密です。尚、価格は少し高くなりますが、ZEH仕様に対応した高気密高断熱仕様も取り扱っています。
ハイジ(Heidi)フォーシーズン外観画像
ハイジ(Heidi)フォーシーズン内覧画像1
ハイジ(Heidi)フォーシーズン内覧画像2

ハイジ(Heidi)フォーシーズンの特徴

  • 異国情緒ある輸入住宅デザイン
  • 住宅性能を向上させたZEH仕様モデルも選択可
  • 標準仕様で天井高2.7mを実現

オレゴンカントリー

  • 本体価格の目安:1100万~1400万円
  • 坪単価の目安:28万~38万円
完全規格住宅タイプとなるオレゴンカントリーは「北米」「アメリカン」「地中海」「英国」と4つのテーマから好みの間取りプランを選択する事が出来ます。こちらはカスタマイズ性はあまり高くはありませんが、家事動線などもしっかりと考慮されてますし、デザインの統一感もあるので、完成度の高い住まいを低価格で実現する事が出来ます。
オレゴンカントリー外観画像
オレゴンカントリー内覧画像1
オレゴンカントリー内覧画像2

オレゴンカントリーの特徴

  • 異国情緒ある輸入住宅デザイン
  • 設計の自由度は無いがお得なプラン
  • 価格を抑えながら完成度の高い住まいを実現

ロビンスジャパンの家の住宅性能を確かめる

ロビンスジャパンで家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

ロビンスジャパンの住宅性能バランスチャート

【解説】
ロビンスジャパンは「輸入住宅デザイン」と「価格の安さ」に突出した工務店です。輸入住宅デザインは規格住宅がベースながらも多彩なラインナップが揃っていますし、価格に関してはモデル次第では本体価格1000万円以下も実現出来てしまいます。価格が安い分、住宅性能も余り評価は高くはありませんが、関東エリアでは必要十分な性能を有していますし、少し性能をグレードアップさせるだけで高水準な快適性を実現する事も可能でしょう。

ロビンスジャパンの耐震性および耐震等級を知る

ロビンスジャパンは耐震性に優れる木造2×4工法を採用しています。この工法は壁で建物を支える構造なので地震や台風に強いのが特徴です。またロビンスジャパンでは「S-P-F材」と呼ばれる乾燥材を資材として採用しています。この資材は反りや曲がり等が起こり難いので、より強固な構造を実現する事が可能です。

工法や採用している資材から一定水準以上の耐震性能は保持しているものと思われますが、ロビンスジャパンではツーバイフォー工法専用制震装置「VAX」を採用する事が出来ます。壁で支える2×4工法に適した制震装置で追加費用39万円から設置する事が可能で、この装置を耐震等級1相当の建物に設置した場合、たった2カ所の設置で耐震等級3相当まで耐震性能を向上する事が出来ます。ロビンスジャパンで新築するなら、この制震ダンパーの採用は最優先で考えるようにしましょう。

ロビンスジャパンの断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

ロビンスジャパンは北欧や北米など極寒の地で採用されている木造ツーバイ工法を採用しています。壁や天井で建物を支える構造のツーバイ工法は家の気密性を保つ事が出来るので、高気密高断熱住宅を容易に実現する事が出来ます。

但しロビンスジャパンで採用している断熱材は一般的なグラスウールなので、標準仕様のままでは正直少し物足りない印象を受けます。費用こそ掛かりますが、断熱仕様のグレードアップも可能なので断熱性能を重視したい方は検討を行うようにしましょう。尚、窓断熱に関しては「Low-E複層ガラス」を標準採用しています。

ロビンスジャパンのZEH住宅の取り組みについて

ロビンスジャパンはZEH普及目標を設定し、ベストセラー商品である「ハイジフォーシーズン」にZEH仕様の商品を用意するなど、ZEH住宅への取り組みに積極的です。他にも屋根材一体型の耐用パネル「スマピタ工法」を採用したり、「低炭素基準」を楽々クリアするなどしています。

ZEH仕様に対応したハイフォーシーズンの商品は「1828万円~」と標準モデルよりも価格が高くはなりますが、実際に暮らす上で必要となる光熱費がゼロになる可能性が高いのでトータルで見たライフサイクルコストが安くなる可能性もあります。

ロビンスジャパンの実例を一部紹介

ロビンスジャパン 実例 外観1

※女性に人気の南欧風のお洒落な外観デザイン

ロビンスジャパン 実例 外観2

※長崎グラバー邸をオマージュした外観デザイン

ロビンスジャパン 実例 外観3

※煉瓦外壁を採用すれば西洋の洋館のような佇まいに

ロビンスジャパン 実例 外観4

※お城のようなデザインも実現可能

ロビンスジャパンの保証やアフターサービスを紹介

ロビンスジャパンでは公式ホームページ上で保証やアフターサービスに関する記述も無く、あまりアフターサービスには力を入れていない会社のようです。ロビンスジャパンの価格帯を考えれば、アフターサービスに掛かる費用も削減して利益ギリギリのラインなのかもしれません。尚、保証制度に関しては構造上重要な箇所と雨漏りに関する部分は「最低10年間の保証」が法律で義務付けられているので、最低限は備わっていると考えて良いでしょう。無料定期点検などに関しては外部の委託業者へ外注しているようなので、実際に検討をされる際は担当の営業マンに事前に確認を取るようにしましょう。

ロビンスジャパンは値引きできる?

工務店値引き
ロビンスジャパンは公式ホームページ上で本体価格や坪単価などを明記している珍しい工務店です。実際に掛かる費用はもう少し上になりますが、おおよその予算計画を立て易くなるので、明朗会計なのは施主としても助かる部分です。

プランによっては本体価格1000万円以下の商品も用意してある位ですから、超ローコスト住宅として恐らく利益率もギリギリの価格設定だと思われます。これ以上の値引き交渉は難しいと考えるのが妥当かもしれません。

但し、金額面での値引き交渉が難しい場合でも、例えば設備のグレードアップや造作の追加など、そういった部分での譲歩、サービスは引き出せる可能性があります。

その為には交渉のタイミングやコツが重要になって来ます。下記特集ページにまとめてありますので、興味がある方はチェックしてみては如何でしょうか。

ロビンスジャパンの口コミから評判を確認

【ロビンスジャパンへの口コミ】
輸入住宅デザインで高見えするのに価格が本当に安かった。出来上がった家は「THE・ローコスト」って感じはするけど、この値段だから納得してます。ただ、引き渡しも鍵が入った封筒送られて来て、後は知りませんって感じがドライですね。これも余計なサービスはしないけど、価格が安いって事なのかもしれないけど。

【ロビンスジャパンへの口コミ】
坪単価27万円の広告を見て、実際に打ち合わせしてみると、坪単価40万円位にはなりました。それでも他所に比べれば全然安いので契約しました。リビング階段を採用したかったので、冷暖房効率を考えて断熱のグレードを上げて貰いました。今思えば、これが大正解だったと思います。夜に暖房を切って就寝しても朝までリビングがほんのり暖かい。流石ツーバイ工法は気密性が高いと実感しています。

【ロビンスジャパンへの口コミ】
ロビンス施主です。3年目です。吹き抜けを採用したので断熱のグレードアップをしました。それと制震ダンパーも設置しました。この2つはロビンスで建てるなら必須だと思います。標準仕様はハッキリ言って性能があまり良くないので、ここをケチってしまうと後々後悔する事になると思います。この2点さえ抑える事が出来れば、輸入住宅デザインを心から楽しめる素敵な家に仕上がると思います。

【ロビンスジャパンへの口コミ】
若い頃に海外ドラマで観たアメリカ方式の家に憧れていました。ミッドテリアのあるアメリカの家です。子供が独立して、妻と終の棲み家を考えた時に、ミッドテリアのあるアメリカ洋式の平屋住宅に住みたいと考えました。夫婦2人だけで暮らす家なので価格面でも折り合いが付いたロビンスジャパンは私の夢を実現してくれました。本当に輸入住宅デザインは格好良いですね。妻も毎日のカフェタイムを楽しんでくれています。

ロビンスジャパンのインターネット上での口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

ロビンスジャパンの口コミ・評判をまとめると
    • ・異国情緒のある輸入住宅デザイン
      ・とにかく価格が安い
      ・2×4工法で気密性に優れる
      ・標準仕様のままでは耐震性・断熱性が心許ない
      ・制震ダンパーと断熱のグレードアップ推奨
      ・アフターサービスは期待しない方が良い

ロビンスジャパン最大の魅力は「輸入住宅デザイン」と「価格の安さ」です。日本の住宅街に馴染むような和モダンの家に魅力をあまり感じない方にとって、異国情緒のある輸入住宅デザインはきっと魅力的に感じるのではないでしょうか。しかも価格が安い訳ですから、魅力的な工務店だと思います。

価格が安い分、住宅性能に関しては標準モデルのままでは少し物足りないと言った声もありますが、費用こそ掛かりますがグレードアップを採用すれば必要十分な住宅性能は実現可能です。追加オプション分を差し引いても十分に安い範囲内だと思うので、より満足度を上げる為にも採用を検討される事を推奨します。

価格を抑えながらも異国情緒溢れる輸入住宅を実現出来るのがロビンスジャパンの強み。同じ輸入住宅を手掛ける大手よりもコストパフォーマンスに優れたマイホームを実現する事が出来そうです。まずはカタログのお取り寄せをして、どのようなマイホームを実現出来るのか確認してみましょう。

関連記事

  1. 山根木材

    山根木材の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. 山下建設

    山下建設の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. 美都住販の口コミや評判

    美都住販(ミトハウス)の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. 桧家住宅

    桧家住宅の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. スモリの家

    スモリの家の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. あいホーム

    あいホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

工務店の対応エリアから選ぶ