南光の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

南光の口コミや評判

南光の詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(3.6)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
南光の注文住宅本体価格の目安:2000万円~坪単価の目安:60万円~
セレクト住宅「ワンダークラフト」本体価格の目安:1900万円~坪単価の目安:55万円~
断熱材
アクアフォーム

目次

南光ってどんな会社!?

南光は徳島県に本拠を置く工務店で、施工エリアは徳島県と香川県、パナソニックビルダーグループに加盟しているので、パナソニックの先進技術を活かした家づくりを採用する事が出来るのが大きな特徴です。

パナソニックが開発した耐震住宅工法「テクノストラクチャー工法」は、木と鉄の複合梁「テクノビーム」を採用する工法です。

テクノストラクチャー工法

木造住宅ながらも鉄骨造のような頑丈な構造躯体を実現する事が可能で、木造では難しいとされていた大空間リビングや大開口を建物強度を落とす事なく再現する事が出来ます。

具体的には「天井高最大3.8m」「間口最大10m」、まさにホテルのロビーのようなマイホームを実現出来ます。また、コストや税金の面でも「木造住宅扱い」となるので有利な工法と考える事が出来るでしょう。

尚、パナソニックの「テクノストラクチャー工法」を採用しない場合は、通常の在来工法(木造軸組工法)でも家づくりを行う事が可能です。そちらを希望される場合は事前に確認するようにしましょう。

南光は家づくりにおいて5つのポリシーを掲げています。

南光の家づくり5つのポリシー
  • 土地から家までトータルサポート
  • 自由設計で様々なニーズに応える
  • 拘りの工法と構造
  • いつも、いつまでもお客様の近くに
  • 創業以来積み重ねてきた長年の歴史

土地探しから完全自由設計の家づくり、そして施工からアフターサービスに至るまで、お客様に寄り添った家づくりを行うのが南光の家づくりのコンセプトです。

徳島県~香川県でパナソニックの技術を活かした注文住宅を建てたいとお考えの方は、まずはカタログのお取り寄せから始められる事を推奨致します。どのような設計が可能になるのか、どんなマイホームを実現したいのか、まずはカタログから情報収集される事を推奨致します。

また複数の候補と一緒にカタログのお取り寄せをすると、各社のメリット・デメリットを把握する事が出来ますし、相場観も養われます。マイホーム計画で失敗しない為にも出来るだけ多くの候補と比較検討を行ってみましょう。

南光の会社概要

工務店名南光
会社名有限会社 南光
所在地徳島県 阿南市 長生町上荒井楠ノ前15-1
電話番号0884-24-4588
代表者賀上 尊夫
設立1983年
資本金8(百万円)
売上高調査中
従業員数18名
着工数調査中件
施工エリア徳島県,香川県
キャッチコピーココロを満たす住まいづくり
売り文句・強みパナソニックのテクノストラクチャー工法で制限のない完全自由設計を実現出来る

南光の価格や坪単価を知る

南光はテクノストラクチャー工法を採用した完全自由設計の注文住宅商品と、予め用意された提案プランから好みのものを選択していく規格住宅「ワンダークラフト」が用意されています。

南光の注文住宅

  • 本体価格の目安:2000万円~
  • 坪単価の目安:60万円~
木と鉄骨の融合梁を採用する事で強い耐震構造と自由自在な間取り設計を実現する南光のフルオーダー住宅です。木造住宅の常識を超える大空間リビングや大開口や天井高を実現する事が可能で、限りなく制限のない本当の意味での完全自由設計を実現する事が出来ます。鉄骨の梁を使っていますが木造住宅扱いなので、木造住宅の良さも活かす事が出来ます。
南光の注文住宅外観画像
南光の注文住宅内覧画像1
南光の注文住宅内覧画像2

南光の注文住宅の特徴

  • テクノストラクチャー工法で地震に強い
  • 自由自在な設計自由度
  • 住宅設備も上質なパナソニック製

セレクト住宅「ワンダークラフト」

  • 本体価格の目安:1900万円~
  • 坪単価の目安:55万円~
理想のマイホームを建てるならこんな暮らしがしたいと考えていたのに、耐震設計や予算の都合で諦めていく。そんな家づくりは楽しくないとお考えの方におすすめなのが「ワンダークラフト」です。商品を規格化する事でコスト削減し、テクノストラクチャー工法を採用する事で限りなく制限のない大空間やレイアウトを楽しむ事が出来ます。
セレクト住宅「ワンダークラフト」外観画像
セレクト住宅「ワンダークラフト」内覧画像1
セレクト住宅「ワンダークラフト」内覧画像2

セレクト住宅「ワンダークラフト」の特徴

  • テクノストラクチャー工法で地震に強い
  • 規格住宅ベースのカスタマイズ
  • 価格を抑える事が出来る

南光の家の住宅性能を確かめる

南光で家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

図解でわかる!南光の住宅性能

【解説】
南光はパナソニックビルダーグループに加盟しているので、パナソニックが開発した「テクノストラクチャー工法」という先進技術を採用する事が出来ます。木造住宅でありながら鉄骨造並みに頑丈な構造躯体を実現しているので、耐震性に優れた住まいを実現する事が出来るでしょう。

断熱性能に関してはUA値などの記載がなく、正確な評価をする事が出来ない為、暫定的に「3」評価とさせて頂きました。

一般的な木造住宅に比べるとやや割高感を感じる価格帯ですが、ほぼ制限なく自由な間取り設計が可能な点は大きな魅力です。リゾートホテルのような間取りに憧れている方は南光の家づくりは魅力的に映るのではないでしょうか。


南光の耐震性および耐震等級を知る

南光はパナソニックの開発した「テクノストラクチャー工法」を採用しています。鉄骨と木の融合梁「テクノビーム」は一般的な木材の梁に比べて「曲げ強度3倍以上」「たわみ量1/4」の強度を誇ります。

また軸組工法の弱点とされる接合部にも金具で強化し、無垢の柱の1.5倍の強度を持つとされる集成材柱を採用する事で頑丈な構造躯体を実現しています。

またパナソニックの「テクノストラクチャー工法」は、一棟毎に災害シミュレーションを含む構造計算を設計段階で行い、388項目にも及ぶ厳しい強度チェックを全てクリアした場合のみ着工を許可するシステムを採用しています。かなり信頼度の高い耐震性能を実現する事が出来るでしょう。

但し、耐震等級に関しては「耐震等級3相当」としています。耐震等級の取得には高額な費用が必要となる為に「相当表記」としているものと思われますが、どうしても耐震等級が気になる場合は直接ヒアリングを行うようにしましょう。


南光の断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

南光では断熱材に現場発泡吹付断熱のアクアフォームを採用する事例が多いようです。アクアフォームは硬質ウレタンフォーム系の断熱材では施工数1位の断熱材で、2020年の施工実績は5万棟以上。一般的な硬質ウレタンフォームはフロンガスなどで発泡しますが、アクアフォームは水を使って発泡させるので環境にも人の健康にも優しいのが特徴です。

また現場発泡系の断熱材は柱や壁に隙間なく施工する事が出来るのも大きなメリット。高い断熱効果だけではなく気密性の向上にも大きく寄与します。

またアクアフォームを開発する株式会社日本アクアは、Z空調でお馴染みのヒノキタグループに属しています。その流れで全館空調「Z空調」を採用される方も多いようです。興味のある方は「全館空調システム」の採用を考えている事を担当の営業マンに伝えるようにしましょう。

南光の実例を一部紹介

南光の実例1
南光の実例2

もし土地に余裕があるなら、平屋住宅を検討している方も多いのでは?南光は平屋住宅の施工実績が多いので安心して依頼する事が出来ます。

南光の実例3
南光の実例4

テクノストラクチャー工法で途中に柱を設置しなくとも大開放リビングや大開口を実現する事が出来ます。

南光の保証やアフターサービスを紹介

南光はマイホームの引き渡しが終わりではなく、引き渡してからが本当のお付き合いのスタートと位置付けています。地域密着型の工務店なので、手厚いアフターサポートに期待したいです。

マイホームを新築した場合、構造上重要な箇所と雨水の侵入を防ぐ箇所に関して、施工業者には最初の10年間は「瑕疵担保責任」が法律で義務付けられています。南光でも同じく、無償で受ける事の出来る初期保証期間として10年間が用意されています。

尚、南光では引き渡し後の無料定期点検を「1年目」「2年目」「5年目」「10年目」と実施、以降も5年毎に30年目まで無料点検を実施してくれます。これは中々手厚い待遇です。

但し、南光では保証延長制度は用意されておらず保証期間自体は10年で打ち切りのようです。これは他社と比較して少し物足りない印象です。今後の改善に期待したいですね。

南光は値引きできる?

工務店値引き

マイホームは人生で一番大きな買い物という片が殆どだと思います。とても大きな金額なので、例え数%の値引きであっても、場合によっては数百万円の「差」となってしまうケースも有り得る話です。

一般的に値引き額の相場は本体価格の5%程度とされていますが、交渉のやり方やタイミング次第ではもっと大きな譲歩を引き出せる場合もあります。南光でも交渉のやり方次第では大きなディスカウントとなる可能性もあると考えましょう。

もし金額面での値引き交渉が難しいそうな場合は、オプションや設備をサービスして貰う等の交渉にシフトしてみるのも手です。少しでもお得にマイホームを新築したいとお考えの方は、下記の値引き交渉のコツや効果的な交渉タイミングをまとめた特集ページをチェックしてみて下さい。

南光の口コミから評判を確認

【南光への口コミ】
パナソニックの工法を利用したくて候補を色々調べました。徳島だと亀井組もそうでしたが、営業マンの方が親切だったので南光に決めました。パナソニックビルダーグループの人はキチンとマニュアル化されているのか親切な人が多いですね。某大手のハウスメーカーの人は凄く高圧的で私には合わなかったです。家も凄くお洒落な感じに仕上げて頂いたのでとても良かったです。

【南光への口コミ】
鉄骨の梁を使うって発想が凄いですよね。流石は世界のパナソニックって感じです。横の梁を鉄骨に変えるとたわみを減らす事が出来るみたいで、鉄骨造のセキスイや大和ハウスよりも安く頑丈な家が出来るのが素晴らしいです。住宅設備もパナソニック製品なので品質が良いですし、仕入れ値も他所より抑えられるって言ってました。これから着工ですが、完成が本当に楽しみです。

【南光への口コミ】
耐震工法が良いのは間違いないのですが、木造にしてはやや価格が高いです。タマホームと比べましたが、やはり南光は割高でしたね。パナソニックの耐震工法じゃなくても、耐震等級3は実現出来る時代ですから、無理に高いお金を出すのはどうかと思い、私はタマホームに決めてしまいました。本当は耐震工法で大空間リビングを実現したかったのですが、背に腹は変えられぬというやつです。もう少し安ければ良かったのですが。

【南光への口コミ】
庭とリビングを繋ぐワンダーテラスが凄く良いですね。ダイニングやソファーをそのままテラスに出せば、アウトドアリビングにする事が出来ます。大開口が必要なので、テクノストラクチャー工法じゃないと出来ない間取りだと思います。これは本当にリゾートホテル気分を味わう事が出来ます。

【南光への口コミ】
南光で建てて数年経ちますが、仕事はとても丁寧でした。住み心地としては、弟の家(一条工務店)に比べると少し断熱性が物足りなく感じる位で、他は満足してます。光セラの外壁もメンテナンス要らずで、最近の家は本当に凄いですね。

南光のインターネット上での口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

南光の口コミ・評判をまとめると
  • テクノストラクチャーで頑丈な構造躯体
  • 設計の自由度が高い
  • パナソニック設備が豪華
  • 価格が割高
  • 標準仕様だと断熱性が物足りない

南光はパナソニックビルダーグループに加盟しているので、耐震工法「テクノストラクチャー工法」を採用した頑丈な家を建てる事が出来ます。この工法の最大の魅力は、木造住宅では難しいとされていた大空間リビングや大開口を制限なく実現する事が出来る点です。特に南光では段差なくテラスに繋がる「ワンダーテラス」が好評です。

「仕事が丁寧」「頑丈な家で安心出来る」といった評判が多いのも印象的です。真摯な家づくりが地元の方に支持されている理由かもしれません。また、木造住宅でありながら鉄骨の梁を使う事で税制面やコスト面でも費用対効果が高いのはメリットとして考えるべできしょう。

一方でネガティブな意見としては、一般的な木造住宅に比べて、価格が少し割高になる点は不満点として挙がっているようです。これに関しては競合他社と良く比較検討を行う事で南光の良い部分、悪い部分などが見えて来ると思います。相場観的なものも養われますので、マイホーム作りで失敗したくないとお考えの方は、複数の候補と一緒にカタログのお取り寄せをして、しっかりと比較される事を推奨致します。

関連記事

  1. 七呂建設の口コミや評判

    七呂建設の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. 東洋ハウジングの口コミや評判

    東洋ハウジングの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. アイムの家

    アイムの家(宮城県)の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. トミオ 千葉 茨城 口コミ 評判

    トミオの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!,

  5. ワウハウスの口コミや評判

    ワウハウスの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. 日興ホームの口コミと評判

    日興ホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名

    最初はセキスイハイムで話を進めていたのですが、ハイムはZEHを凄く推していて、私はそこまでZEHに興味が無く、折り合いが付かない感じでした。屋根に太陽光発電を乗せるのがどうも腑に落ちなかったんですよね。そこで南光さんのプランも見に行ってみようとなり、テクノストラクチャーの魅力に気付き一気に契約まで進めました。テクノは良いですよ、自由な間取り設計が出来ますし、間口の大きな窓を採用する事が出来ました。

工務店の対応エリアから選ぶ

工務店への最新口コミ