ライフデザイン・カバヤの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

ライフデザイン・カバヤ

ライフデザイン・カバヤの詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(4.6)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
グランヅ(GRANZ)本体価格の目安:2400~2800万円坪単価の目安:68~80万円
日本CLT技術研究所本体価格の目安:2800万円~坪単価の目安:80万円~
カバヤホーム本体価格の目安:1400~1800万円坪単価の目安:46~60万円
断熱材
高性能グラスウール,ネオマフォーム,ミラフォーム,セルロースファイバー
窓仕様
樹脂サッシ+Low-Eペアガラス
制振装置
制震装置「ミライエ(MIRAIE)」

目次

ライフデザイン・カバヤってどんな会社!?

ライフデザイン・カバヤは食品会社の「オハヨー乳業」や「カバヤ食品」などを擁する日本カバヤ・オハヨーホールディングスに属する注文住宅メーカーです。岡山県岡山市に本社をおき、中国・四国地方を施工エリアとして事業展開しています。上場こそしていないですが、幅広い事業領域を展開する大きな企業グループに属するビルダーです。

ライフデザイン・カバヤは5つの注文住宅ブランドを展開し、ローコスト住宅からハイグレード住宅まで、幅広い顧客層に対応しています。5つの建物ブランドはそれぞれ工法が異なりますが、いずれも高い住宅性能を確保しつつ設計自由度も高いです。特にオリジナル構法のCLT工法(シーエルコア構法)を採用した建物は、最小限の構造材で大開口の窓や複数台駐車可能なビルドインガレージなど、開放感抜群の重厚な住宅も実現可能。ライフデザイン・カバヤは安全性の高い構造、自由度の高い設計、そして充実した保証・アフターサポートが付いている非常にトータルバランスに優れたハウスメーカーといえます。また、社内に不動産事業部(カバヤ不動産)をもつことから、中国・四国地方の土地情報にも強く、土地探しからのマイホーム計画にも強い味方になるでしょう。

中国・四国地方でマイホーム計画を検討されている方はぜひ、ライフデザイン・カバヤの住宅カタログもチェックしておきましょう。

ライフデザイン・カバヤの会社概要

工務店名ライフデザイン・カバヤ
会社名ライフデザイン・カバヤ株式会社
所在地岡山県 岡山市 北区中仙道二丁目9-11
電話番号086-241-8811
代表者窪田健太郎
設立1972年
資本金90(百万円)
売上高23800(百万円)
従業員数433名
着工数900件
施工エリア岡山,広島,香川,兵庫,鳥取
キャッチコピー人生をデザインする。
売り文句・強み年間棟数900棟以上の実績 自由設計とコストバリューの良い家

ライフデザイン・カバヤの価格や坪単価を知る

次にライフデザイン・カバヤの具体的な価格・坪単価を割り出していきましょう。

ライフデザイン・カバヤは、複数の注文住宅ブランドを展開しており、それぞれコンセプトや工法(構造)も異なります。この項目では、ライフデザイン・カバヤの商品ブランドのうち、「グランヅ(GRANZ)」「日本CLT技術研究所」「カバヤホーム」をピックアップして参考価格とともにご紹介させて頂きます。

グランヅ(GRANZ)

  • 本体価格の目安:2400~2800万円
  • 坪単価の目安:68~80万円
グランヅ(GRANZ)は「眠りをマネジメントする家」をコンセプトにしたハイグレードモデルです。良質な睡眠には快適に過ごせる室内環境が重要。グランヅ(GRANZ)は壁の分厚いツーバイシックス工法を採用し高い断熱性能を確保し、熱交換換気システムとトルネックス外気清浄機を備え、常に快適な室温・空気環境を実現。またメーターモジュールを採用しているため、廊下や階段、トイレなども広々しており大開口の窓や大空間リビングなども実現可能。外観・室内の高級感・重厚感も抜群なハイグレードモデルです。
グランヅ(GRANZ)外観画像
グランヅ(GRANZ)内覧画像1
グランヅ(GRANZ)内覧画像2

グランヅ(GRANZ)の特徴

  • ライフデザイン・カバヤのハイグレードモデル
  • 眠りをマネジメントする家
  • ツーバイシックス工法を採用(耐震等級3)
  • 断熱材にはセルロースファイバーを採用
  • ZEH基準の断熱性能
  • 熱交換換気システムを採用
  • トルネックス外気清浄機を採用
  • メーターモジュールを採用し広々とした室内

日本CLT技術研究所

  • 本体価格の目安:2800万円~
  • 坪単価の目安:80万円~
日本CLT技術研究所の注文住宅は、CLTと呼ばれるひき板(ラミナ)を直交するように重ねて接着した大判パネルを使って建てる「CLT構法」をさらに進化させた「エルシーコア構法」を採用しています。CLTは鉄やコンクリートよりも軽く、同比重での強度はそれらの数倍を誇る非常に強度の高い建材。住宅はもちろん、高層建築にも使われています。エルシーコア構法では、独自開発した高耐力の接合金物「エルシーコア(LC-core)金物」を採用することで通常のCLT構法と比べて非常に高い耐震性を維持したままCLTパネルの使用量を削減。これにより非常に高い設計自由度をもった構法となっています。まだ、日本CLT技術研究所の注文住宅はハイエンド層向けの商品となり、価格帯は坪単価80万円前後と高いですが、おしゃれで独自性の高い注文住宅を建築可能ですので、予算に余裕のある方はぜひチェックしてみましょう。
日本CLT技術研究所外観画像
日本CLT技術研究所内覧画像1
日本CLT技術研究所内覧画像2

日本CLT技術研究所の特徴

  • ライフデザイン・カバヤのハイグレードモデル
  • CLT工法をさらに進化させたエルシーコア構法を採用(耐震等級3)
  • 設計自由度が極めて高い
  • おしゃれで個性的なデザインを実現可能
  • 独自開発の構造設計システム

カバヤホーム

  • 本体価格の目安:1400~1800万円
  • 坪単価の目安:46~60万円
カバヤホームは、比較的低価格路線の商品ブランドです。注文住宅商品と規格住宅商品を取り扱っており、工法は「木造軸組み工法」か「木造軸組みパネル工法」となります。注文住宅商品は「レーブ」「エスタ」「マイスト」の3種類、規格住宅モデルは「イディアウッド」を展開しています。いずれも耐震等級3(最高等級)を確保しており地震に強く、さらにオプションで住友ゴム製の制震ダンパー「ミライエ(MIRAIE)」も採用可能。また断熱性能もZEH水準を基準とするなど住宅性能も優秀です。
カバヤホーム外観画像
カバヤホーム内覧画像1
カバヤホーム内覧画像2

カバヤホームの特徴

  • ローコスト~中間価格帯のブランド
  • 自由設計の注文住宅は3商品を用意
  • 規格住宅商品では36種類のベースプランを選択可能
  • 木造軸組み工法or木造軸組みパネル工法を採用(耐震等級3)
  • ZEH水準の断熱性能

ライフデザイン・カバヤの家の住宅性能を確かめる

ライフデザイン・カバヤで家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

図解でわかる!ライフデザイン・カバヤの住宅性能

【解説】
それではライフデザイン・カバヤの家の住宅性能についてみていきます。

ライフデザイン・カバヤは5つの注文住宅ブランドを手掛ける大手ハウスメーカーで、5つのブランドそれぞれに住宅性能は差がありますが、基本的には非常に優秀な性能を誇ると言っていいでしょう。

まず、耐震性については5つのブランドすべての建物において「耐震等級3(最高等級)」を取得しています。ライフデザイン・カバヤの住宅はどのブランドも地震に強いと言えるでしょう。

また、断熱性能に関してもグランヅ、カバヤ2×4、カバヤホームの建物はZEH水準の断熱性能「UA値0.6」を基準としているため、概ね優秀といえます。ただしエスバイエル・カバヤと日本CLT技術研究所の断熱性能は不明なため、こちらに関しては直接ヒアリングすることをオススメします。

なおライフデザイン・カバヤでは、基本的に気密性を示すC値に関しては公開していません。C値は建物一つ一つで異なるため、自由設計の注文住宅を手掛けるハウスメーカーでは公開していないケースが多いので、この点も直接ヒアリングするのが望ましいでしょう。ただライフデザイン・カバヤの建物はツーバイ工法にしても、木造パネル工法にしても建物の面(パネル)同士を強固に密接させる工法のため、おそらく気密性の数値も悪くはないと推測します。

ライフデザイン・カバヤは概ね優秀な住宅性能を誇る点も魅力ですが、高い設計自由度を誇る工法を扱うこと、さまざまな価格帯のブランドを用意し幅広い顧客層に対応できることも強みです。価格帯は建物ブランドによって大きく異なりますが、ローコスト価格帯のカバヤホームでは「坪単価40~60万円」前後、ハイグレードブランドの「GRANZ」や「日本CLT技術研究所」の建物は「坪単価80万円前後」がボリュームゾーンとなります。

ライフデザイン・カバヤはローコスト住宅からおしゃれで重厚なハイグレード住宅まで、幅広く取り扱っているほか、社内に専門の不動産事業部(カバヤ不動産)をもつことから土地探しも得意と、非常に総合力の高いハウスメーカーと言えます。中国・四国地方でマイホームを計画されるのであればライフデザイン・カバヤは一見の価値がある住宅メーカーと言えるでしょう。


ライフデザイン・カバヤの耐震性および耐震等級を知る

次に「ライフデザイン・カバヤの住宅は地震に対してどれほど強い家なのか?」という点についてもう少し掘り下げて解説していきます。

ライフデザイン・カバヤでは、5つの建物ブランドを展開しており、それぞれのブランドで採用している工法が異なります。わかりやすいように以下に一覧表にしてまとめます。

LD・カバヤの建物ブランド工法(構造)耐震等級
グランヅ(GRANZ)2×6工法最高等級3
カバヤ2×42×4工法最高等級3
エスバイエルカバヤSxL構法(木質パネル接着工法)最高等級3
カバヤホーム木造軸組みパネル工法 or 木造軸組み工法最高等級3
日本CLT技術研究所LC-core(エルシーコア)構法最高等級3

このように、ライフデザイン・カバヤが採用する工法は多岐にわたりますが、基本的にどの構造もすべて耐震等級3(最高等級)を取得しているため、地震に対しては安心できる構造と言えます。

厳密にいえば、ツーバイ工法やCLT工法などのモノコック構造の建物と木造軸組み工法の建物を比較すると、モノコック構造の建物の方が耐震性は高いと思われますが、そのあたりの具体的な耐震性の違いについては当然ながら公式ホームページ上では明確にアナウンスされていません。気になる場合は直接ヒアリングすべきでしょう。基本的にライフデザイン・カバヤの建物は全棟耐震等級3の強度が確保されていますので地震に対して強い構造です。


ライフデザイン・カバヤの断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

次にライフデザイン・カバヤの断熱性能についてもう少し深堀りしていきます。

ライフデザイン・カバヤは、5つの注文住宅ブランドを展開しており、構造が異なるのと同じように、使っている断熱材や断熱仕様も大きく異なります。こちらもわかりやすいように以下に一覧表にしてまとめます。

LDカバヤの建物ブランド断熱材・仕様など断熱性能
グランヅ(GRANZ)セルロースファイバー(デコスドライ工法)ZEH基準をクリア
カバヤ2×4外壁などアムマット(ロックウール) 床下ネオマフォームZEH基準をクリア
エスバイエルカバヤ外壁不明 床に断熱材一体型パネル(ポリスチレンフォーム)不明
カバヤホームミラフォーム(ポリスチレンフォーム)・高性能グラスウール・ネオマフォーム・吹き付けウレタンフォーム(オプション)など。商品によって異なるZEH基準をクリア
日本CLT技術研究所不明不明

このようにライフデザイン・カバヤでは、各ブランドごとに使っている断熱材や仕様も大きく異なりますが、エスバイエルカバヤ・日本CLT技術研究所を除く、グランヅ、カバヤ2×4、カバヤホームの建物は基本的に「ZEH水準」の断熱性能を基準としています。中国四国地方の断熱地域区分(4.5.6地域)のZEH水準は「UA値0.6」となりますので、ライフデザインカバヤの手掛ける家は非常に断熱性能が高いと言えます。

具体的な断熱性能が不明となっているエスバイエル・カバヤでは、床下にポリスチレンフォーム断熱材を一体型パネルにした構造材を使っている旨は記載がありますが、外壁部分・天井部分の断熱仕様については記載がなく、また具体的な断熱性の数値(UA値)の記載もありません。その他の建物ブランドは軒並み、非常に優秀な断熱性能を誇るため。エスバイエルカバヤだけ極端に断熱性能が低いとは考えにくいですが、断熱性能を重視する方は、直接ヒアリングすることをオススメします。

なお、日本CLT技術研究所の建物はまだ販売スタートしたばかりの商品ブランドで、情報が少なく断熱仕様については不明です。ただ、日本CLT技術研究所の建物ブランドは、坪単価80万円前後となるハイエンド層向けの商品となるため、断熱性能もそれなりに高いとは思われます。こちらも詳しくは直接ヒアリングしましょう。

ライフデザイン・カバヤの家は総じて断熱性能が優秀と言えますが、気密性を示す数値(C値)については特に公開していません。ライフデザインカバヤは、木造軸組み工法の建物を除き、ほとんどツーバイ工法やパネル工法、CLT工法など一部のブランドを除き、パネル同士を強固に密接させるモノコック構造を採用しており、モノコック構造は比較的気密性を確保しやすい工法のため、気密性も概ね優秀と推測しますが、気密性に関しても詳しい数値を知りたい場合は直接ヒアリングすることをオススメします。


ライフデザイン・カバヤは省エネ・創エネ住宅も得意

ライフデザイン・カバヤは、省エネ・創エネに特化したZEH住宅にも積極的に取り組んでいます。

ZEHとは「家で消費するエネルギー」と「家で創るエネルギー」を差し引きゼロを目指す住宅のことです。高い断熱性能を備える家はもともと消費エネルギーが少なく済みますが、さらに太陽光パネルなどの創エネ設備を加えることで光熱費のランニングコストを大きく削減できます。

前の項目で解説したとおり、ライフデザイン・カバヤの手掛ける建物ブランドでは、多くのものが標準仕様でZEH水準を超える断熱性能を確保しています。そのため、太陽光発電システムやHEMS(電力の見える化システム)など最小限の設備オプションを追加するだけで、ZEH住宅を実現できます。ZEH基準の断熱性能を満たしていない建物と比べれば、比較的軽微な仕様変更でZEH住宅にすることができます。

ライフデザイン・カバヤはZEH住宅を検討している方にもオススメのビルダーと言えるでしょう。

ライフデザイン・カバヤの実例を一部紹介

次にライフデザイン・カバヤの手掛けた建築実例をいくつかピックアップしてみましょう。実例をご覧頂くとイメージしやすいはずです。

ライフデザイン・カバヤの建築実例1
こちらはライフデザイン・カバヤのハイグレードブランド「グランヅ(GRANZ)」の建築実例です。2色のタイル外壁が重厚感をアップさせています。

ライフデザイン・カバヤの建築実例2
「グランヅ(GRANZ)」の内装実例です。大きな掃きだし窓から採光を取り入れ、明るく開放感のある室内に。

ライフデザイン・カバヤの建築実例3
カバヤ2×4の建築実例です。スッキリとしたスクエアフォルムが素敵なシンプルモダン風の外観です。

ライフデザイン・カバヤの建築実例4
室内はムダがなく広々と開放的な空間を感じさせます。

ライフデザイン・カバヤの建築実例5
エスバイエル・カバヤの建築実例です。タイルと塗り壁がマッチしたシンプルモダンのファサードは十戸間抜群です。

ライフデザイン・カバヤの建築実例6
リビング上部に吹き抜けを設けて上からも明るい日差しが差し込みます。

ライフデザイン・カバヤの保証やアフターサービスを紹介

次はライフデザイン・カバヤの保証やアフターサービスについてみていきましょう。

ライフデザイン・カバヤは保証、アフターサービスが非常に充実している点が大きな特徴です。

新築マイホームを建築する場合は品確法という法律によって「構造躯体の重要な部分」と「雨漏りを防止する部分」に関しては10年間の初期保証が義務付けられていますが、ライフデザイン・カバヤでは、品確法で定めた10年の範囲を超えた「初期保証15年」となっています。初期保証15年となるためには引渡しから10年目に実施する「防水・シーリング」「FRP/屋根」「防蟻」の無償点検・無償メンテナンスを受けることが必要となります。

また、ライフデザイン・カバヤでは初期保証15年が満了した後は、10年ごとに実施する無償点検・有償メンテナンスを受けることで、保証が10年単位で更新。そして、この延長保証は建物が存在する限り永続的に保証が継続します。

全国展開している大手ハウスメーカーでも「最長60年保証」が多いなか、10年ごとの有償メンテナンスが必要とはいえ、建物が存在する限り永年保証となる点はかなり手厚いと言えるでしょう。

また、ライフデザイン・カバヤでは、特に点検スケジュールは公開していないですが、必要とされる有償メンテナンスをし、保証が継続する限りは点検は「生涯無償」となります。この点も競合他社と比較して非常に手厚いサポートと言えると思います。

ライフデザイン・カバヤは値引きできる?

工務店値引き
次にライフデザイン・カバヤの家は値引き交渉が可能かどうか?という点を見ていきましょう。

一般的に注文住宅を建てる場合は本体価格の3~8%程度であれば値引き交渉に応じてくれるハウスメーカー・工務店が多く、おそらくライフデザイン・カバヤも同程度の値引きであれば交渉の余地があると思われます。

ライフデザイン・カバヤでは複数の建物ブランドを展開しており、ブランドごとに値引き対応の限度も異なる可能性があります。実際の値引き金額に関しては、選ぶブランドやプラン、購入のタイミングによっても異なるため、確実なことは申し上げられませんが、購入の決意が固まったら「ダメでもともと」という気持ちで積極的に値引き交渉してみることをオススメします。

当サイトでは値引き交渉のコツのほか、オプション交渉のコツに関しても詳しく特集しています。サティスホームにも有効なので、ぜひ以下のリンクよりチェックしてみてください。

ライフデザイン・カバヤの口コミから評判を確認

【ライフデザイン・カバヤへの口コミ】
カバヤさんで家を建てました。シンプルモダン風の外観で気に入ってます。モダンなデザインから和風、洋風までいろいろできると言われて迷いましたが、妻の意見で飽きのこないシンプルモダン風にしましたが結果的に良かったと思います。友人や親せきからも評判いいですよ

【ライフデザイン・カバヤへの口コミ】
ライフデザインカバヤで一番のハイグレードモデルはグランヅ。これは坪単価80万はするので金持ちじゃないと買えないですね。カバヤホームやツーバイフォーは中堅メーカーくらいの価格帯で建てられるし、性能面もちゃんとしているので良いと思います。

【ライフデザイン・カバヤへの口コミ】
カバヤのハイグレードモデルは性能・デザインは文句なし。カッコイイです。ただ高いのよね。

【ライフデザイン・カバヤへの口コミ】
さすが大手ですね。保証がその辺の工務店とは雲泥です。さすがに積水ハウス、住友林業、ダイワハウスと比べると初期保証は短いけど、メンテさえすれば永年保証なのと、保証が続く限り点検無料なのはかなり大きい。建物に自信があるからこそ付けられるんでしょうね。

【ライフデザイン・カバヤへの口コミ】
デザインを社名に入れるだけあってモダンで個性的な外観も得意です。シンプルモダンな外観に、中は優しい雰囲気のナチュラル系の室内が好みだったのですが、ほぼほぼ希望通りの仕上がりになりました。自慢のマイホームです。

【ライフデザイン・カバヤへの口コミ】
性能を重視する人はツーバイシックスがいいのでしょうけど、ツーバイフォーでも十分過ぎるくらいの性能ですよ。断熱性もツーバイフォーで十分です。夏でも冬でもエアコンは付けていますが、快適ですよ。

【ライフデザイン・カバヤへの口コミ】
カバヤホームなら坪単価50万円前後で建てられるし、外観も室内もまあまあお洒落にできるし性能も悪くないです。おまけに保証も長い。その辺のローコスト住宅で建てるなら、カバヤの方が安心できると思いますよ。

【ライフデザイン・カバヤへの口コミ】
カバヤの営業は競合他社の悪口ばかり言っていたのを覚えています。こちらからすれば本当かうそかはわからないですが、聞いていてあまり気持ちのいいものではありませんでした。

【ライフデザイン・カバヤへの口コミ】
うちは断熱性が不安だったので、オプションで吹き付けウレタンフォームに変更しました。断熱材は家が出来上がってから変更が効かないと言われたので。おかげで年中快適ですよ。比べてないので、グラスウールでも問題はなかったのかどうかはわかりませんが。

【ライフデザイン・カバヤへの口コミ】
GRANZは外観もスタイリッシュで室内のグレードもいいです。価格は高いですが保証も長く耐震・断熱も高いので総合的なコスパでは悪くないと思っています。

ライフデザイン・カバヤのインターネット上での口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

ライフデザイン・カバヤの口コミ・評判をまとめると
  • おしゃれなデザインが評価
  • グランヅ(GRANZ)は価格が高い
  • グランヅ(GRANZ)はデザイン・グレードが良い
  • カバヤホーム・2×4でも十分性能は良い
  • 保証が手厚い(初期保証15年・継続保証永年)
  • カバヤホームならローコストでも建てられる
  • 営業マンが他社の悪口を言っていた

ライフデザイン・カバヤの口コミ・評判は、おしゃれな外観・内観などデザインに関して肯定的な評価が目立ちました。また、性能面でも概ね平均以上と評価されているようです。ただ、一部の建物ブランドは価格が高いとの意見も。また、営業マンの対応・レベルは評価が分かれているようです。

ライフデザイン・カバヤは、5つの建物ブランドを展開し中国・四国地方で人気を誇るハウスメーカーです。ローコスト住宅からハイグレード住宅まで幅広い商品を展開しており、幅広い顧客層に対応しています。また、定期的なメンテナンスをする限り、保証が永年継続し、保証が続く限り点検は全て無料で行ってくれるなと、アフターサービスが充実している点も大きな魅力。

ライフデザイン・カバヤは、住宅性能・価格・デザイン・保証のトータルバランスに優れたハウスメーカーと言えるでしょう。中国・四国地方でマイホーム計画を検討されている方はぜひ住宅カタログをチェックしてみましょう。

関連記事

  1. オネスティーハウス石田屋の外観

    オネスティーハウス石田屋の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. 大成住宅 ブリーズガーデン

    大成住宅(埼玉県)の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. マスターピース

    マスターピースの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. ロゴスホーム

    ロゴスホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. プライムハウス

    プライムハウスの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. むぎくら 栃木 口コミ 評判

    むぎくらの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名

    カバヤホームで建てた者です。家が完成するまで、とてもスムーズだったのですが、引き渡しが終わってからのアフターサービスがあまりに素っ気なく、こちらから連絡しても折り返すと言ってそのまま無視されたり、何度も同じ箇所で不具合が発生したりと少しストレスを感じています。アフターサービスの体制がキチンと整っていない印象です。

    • 匿名

    カバヤ2×4で建てましたが、箱型のデザインにして貰ってかっこいいです。友達にも凄く評判が良くて、自慢の我が家です。2×4工法なので気密性に優れていて、エアコンを付けると直ぐに家の中の温度が暖まります。夏も直ぐに冷えるので、外から帰って来ても不快な時間は少しだけです。冬の朝は布団から出る時間が短くなりました。朝の時間にゆとりが出来たのは個人的に大きいです。

工務店の対応エリアから選ぶ

工務店への最新口コミ