東栄住宅(趣暮)の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

東栄住宅「趣暮」の口コミや評判

東栄住宅の詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(4.2)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
趣暮(しゅくら)本体価格の目安:1500万円~坪単価の目安:48万円~54万円
断熱材
グラスウール

目次

東栄住宅ってどんな会社!?

東栄住宅は日本一のパワービルダー飯田産業HDグループの一員です。建売・注文住宅問わずにグループ全体で年間4万6000戸もの一戸建て住宅を手掛けています。

東栄住宅はその中で一都三県で年間5000棟を超える施工を担っており、スケールメリットを活かした「高品質」「低コスト」を実現している住宅メーカーです。

メインは土地付きの建売分譲住宅事業ですが、注文住宅事業として「趣暮(しゅくら)」の販売も好調です。東栄住宅の「趣暮(しゅくら)」は、設計段階から「長期優良住宅認定」を前提とした家づくりを行っている点が強調材料です。

国が認める長期優良住宅制度は「耐震性」「劣化対策」「維持管理」「住戸面積」「省エネ」「住居環境」「維持保全」など7つの技術基準をクリアする必要があり、これをクリアする事で税制面で優遇を受ける事が可能となります。

価格の安さを全面に押し出した超ローコスト住宅では中々達成が難しい「長期優良住宅認定制度」ですが、東栄住宅ではこれを価格を抑えながらも難なくクリア。これも年間4万6000戸も施工する飯田グループのスケールメリットが成せるワザでしょう。

スケールメリットの恩恵は住宅性能だけに留まらず、例えば水回りなどの設備やドアなどの建具に至るまで、大量製造や一括仕入れが可能になる分、コストを大幅に削減する事が出来ます。また保証やアフターサービスもしっかり充実しているので、実際に住み始めてからの安心感も大きいと思います。

他にも東栄住宅はメイン事業の建売分譲住宅「ブルーミングガーデン」を手掛けているので、首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)の土地情報に強いのも魅力の一つ。マイホーム新築の際に土地探しも一緒に行いたい方にとっては大きなメリットになるでしょう。

また飯田グループの中では比較的「設計自由度」の高さも魅力で、施主の要望に応えられるだけの提案力や設計力に期待が持てます。「価格の安さ」「住宅性能」「設計の自由度」「充実のアフターサポート」を兼ね備えた東栄住宅の「趣暮(しゅくら)」、関心を持たれた方はまずカタログのお取り寄せをされる事を推奨致します。どのようなマイホームを実現出来るのか、具体的なビジョンが見つかると思います。

東栄住宅の会社概要

工務店名東栄住宅
会社名江東東栄住宅株式会社
所在地東京都 西東京市 芝久保町四丁目26番3号
電話番号0120-137-567
代表者佐藤 千尋
設立1951年
資本金7819(百万円)
売上高調査中
従業員数707名
着工数5100件
施工エリア東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県
キャッチコピー今の時代、大切なのはブランドじゃない。
売り文句・強み低価格でも完全自由設計、長期優良住宅認定、耐震等級3、断熱等性能等級4

東栄住宅(趣暮)の価格や坪単価を知る

東栄住宅は建売分譲住宅がメインですが、完全自由設計の注文住宅も取り扱っています。建売分譲住宅をベースにカスタマイズをしますが、基本的には施主のあらゆる要望に応える事が可能な設計自由度も大きな魅力となっています。

趣暮(しゅくら)

  • 本体価格の目安:1500万円~
  • 坪単価の目安:48万円~54万円
東栄住宅の注文住宅は完全自由設計のフルオーダー住宅、商品は「趣暮」一本となります。完全自由設計と言えども、長期優良住宅認定や耐震等級3などの住宅性能表示項目で認定を受けているので、ある程度の制限は必要になります。またデザイン性に関しては他社に比べると少し地味に感じられるかもしれませんが、価格を抑えながらも高い住宅性能を実現している点は高評価ポイントです。
趣暮(しゅくら)外観画像
趣暮(しゅくら)内覧画像1
趣暮(しゅくら)内覧画像2

趣暮(しゅくら)の特徴

  • 住宅性能表示制度認定書を交付
  • 長期優良住宅認定も標準装備
  • 価格安くコスパ優秀

東栄住宅の家の住宅性能を確かめる

東栄住宅で家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

東栄住宅(趣暮)の住宅性能等バランス評価

【解説】
東栄住宅は価格を抑えながらも標準仕様で「耐震等級3」「断熱等性能等級4」を取得しています。国が定めた住宅性能基準を超える性能を有しているのは安心感があると思います。但し、それ以上の耐震性能(制震や免震)や断熱性能(ZEH基準)といった優れた性能までは達しておらず、他社と比較した場合に少し物足りない印象を受けるかもしれません。

趣暮では、完全自由設計のオーダーメイドとしていますが、基本は建売住宅をベースとした自由設計、規格住宅に比べれば設計の自由度は高いですが、イチから設計をスタートするタイプとは違うので、設計にある程度の制限がある点は考慮する必要があるでしょう。

価格に関してはローコスト住宅の価格帯の中でもやや高めの設定とはなりますが、この価格帯での「コストパフォーマンス」は抜群に高い印象を受けます。また保証やアフターサービスに関しても「大手の安心感」は高評価ポイントです。


東栄住宅の耐震性および耐震等級を知る

東栄住宅では「在来工法」「2×4工法」を採用していますが、どちらの工法を選んだ場合でも、基本的に「耐震等級3(最高等級)」の取得を前提とした家づくりを行っています。建築基準法に定められた数百年に一度の地震に倒壊しない基準から1.5倍の耐震性を実現しています。

在来工法の場合は建物強度を高める為に接合金物を採用し、適切な箇所に耐力面材を採用する事で耐震性能を向上させています。設計の自由度を保ちながらも頑丈な構造躯体を実現する、現代の木造住宅における主流工法が採用されています。

また2×4工法は元々、壁で建物を支える構造なので地震に強いのが大きな特徴。東栄住宅では「3.5倍」の耐力壁を採用する事で更なる強度向上に努めています。

ちなみに2019年の「耐震等級3(最高等級)」を取得した住宅メーカーランキングは以下の通り。東栄住宅では年間5614戸全てで「耐震等級3」を取得、この信頼性の高さは特筆すべき点です。

住宅メーカー別 耐震等級3(最高等級)取得戸数(2019年度)

1位アーネストワン11277戸
2位タマホーム8529戸
3位住友林業7380戸
4位東栄住宅5614戸

東栄住宅の断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

東栄住宅は「省エネ対策等級4」を取得しています。つまり「断熱等性能等級4(最高等級)」を獲得している事と同義になります。断熱性能や省エネ性能に優れていると冷暖房のエネルギー消費量が少なく、毎月の光熱費も安く済むというメリットがあります。また部屋によっての温度差も小さければ結露を防ぐ事になりますし、ヒートショック等の健康被害を防ぐ事も出来るでしょう。

東栄住宅では断熱材にはグラスウール「アクリア」を「天井90㎜」「壁90㎜」「床下80㎜」の厚みで施工しています。高気密高断熱をウリにしている競合他社に比べると、断熱仕様は及第点レベルですが、国が定めた断熱等性能等級4(最高等級)を取得しているので「UA値0.87」の基準はクリアしているものと思われます。スペック上は寒冷地以外では必要十分な性能は備わっていると考えて良いでしょう。

但し、競合他社に比べると断熱仕様としては少し物足りなく感じる部分は否めません。この辺りは良く比較検討を行い検討すべき項目と思われます。


東栄住宅の第三者評価制度について

東栄住宅の「趣暮」では、第三者評価制度を導入しており、「長期優良住宅」と「住宅性能評価」を受ける事が出来ます。これらの認定を受けると、税の優遇やローン金利の優遇など、様々なメリットを享受する事が可能となります。

・住宅ローンの金利が下がる
住宅性能評価書を提示すると、通常のフラット35と比べて年金利が当初10年0.25%引き下げられます(※2021年12月31日迄)

・固定資産税の減税期間が延びる
長期優良住宅に認定された住まいは、固定資産税の減税措置期間が5年間延長されます(※2022年3月31日まで)

・地震保険料が安くなる
耐震等級3を取得している住まいは、地震保険料50%割引が適用されます。

他にも「住宅性能評価書」や「長期優良住宅認定」がある事で、資産価値の高い住まいとなるので、万が一の転売時に良い評価をされる可能性も高まります。

これらの認定制度は国がお墨付きを与えてくれる認定制度なので、メリットが大きいのですが、キッチリと認定を受けている所が少ないのが現状です。

例えば「耐震等級3相当」と記載している会社は、耐震等級3相当の構造や工法を採用しているにも関わらず、取得する為には費用や手間が掛かる為に「住宅性能評価書」を取得していないケースが多いようです。

その点、東栄住宅は「全棟標準」でこれらの認定制度を受ける事が出来るので、その点でも大きなメリットがあると考える事が出来るでしょう。

ちなみに「長期優良住宅」「住宅性能評価」などを受けた件数では東栄住宅が毎年上位にランクインしています。国が定めた住宅性能基準をクリアしているので、安心感がありますね。

東栄住宅(趣暮)の実例を一部紹介

東栄住宅実例外観

※シンプルモダンな外観スタイルの実例

東栄住宅のリビング実例

※リビングから開放的な吹き抜け空間へ

東栄住宅の内装実例

※広い脱衣所スペースも都会的な印象です

東栄住宅の実例書斎

※ウィズコロナ時代のワーキングスペースも確保

東栄住宅(趣暮)の保証やアフターサービスを紹介

東栄住宅の保証とアフターサービス

東栄住宅は保証やアフターサービスも充実しています。

新築の住まいを建築した場合、法律で「構造躯体の重要な箇所」と「雨漏りを防止する箇所」に関しては10年間の初期保証が義務付けられています。

この10年間の初期保証期間は無償で受ける事が出来ますが、10年目以降は「5年毎の有償メンテナンスの実施」を行う事を条件に、最長30年目まで保証期間を延長する事が可能となります。ローコスト住宅は保証延長システムが用意されていないケースもあるので、この点は厚待遇が用意されていると考える事ができるでしょう。

尚、引き渡し後の無償点検は「3ヶ月」「2年目」「5年目」「10年目」の計4回、10年目以降に保証延長を行った場合は、「15年目」「20年目」「25年目」の最大7回に渡る定期点検を実施しています。

東栄住宅(趣暮)は値引きできる?

工務店値引き

東栄住宅は価格を抑えながらも「長期優良住宅」に対応した住まいを提供している会社なので、これ以上の値引き交渉は難しいと考える方も多いかもしれませんが、値引き交渉自体が無理筋という訳ではありません。

注文住宅業界では多くの会社が値引き交渉に応じているケースが多く、一般的に本体価格の5%程度が値引き交渉の相場ともされています。交渉のタイミングややり方次第では、東栄住宅からも値引きが可能になるかもしれません。

もし本体価格からの値引きが難しい場合でも、造作やオプションをサービスして貰えないか交渉をシフトしてみるのも手かもしれません。交渉のタイミングややり方次第では思わぬ譲歩を引き出す可能性もあります。

値引き交渉を上手に進める為のコツや裏技、タイミングなどは下記特集ページにまとめました。興味がある方は是非チェックしてみては如何でしょう。

東栄住宅(趣暮)の口コミから評判を確認

【東栄住宅への口コミ】
趣暮は最初から長期優良住宅の認定通知書の費用が含まれていて、それにプラスして住宅性能評価書が交付されます。国のお墨付きなので、凄く安心感があります。特に地震への強さはかなりのものなので、南海トラフや首都直下地震が怖いので、やはり耐震等級3の安心感は大きいと思います。

【東栄住宅への口コミ】
色々なハウスメーカーや工務店を廻って、比較をしてみたんだが、結局は趣暮らが一番費用対効果が高いと思った。もっと安い所はあったけど、耐震等級が不明瞭だったり、設備のグレードが低かったり。デザインは地味だし、あまり高級感とかは無いけど、安心感という意味でここが一番価格とのバランスが良かったね。高い買い物だから、安心出来る所に頼むのが一番良いと思ったよ。

【東栄住宅への口コミ】
土地も一緒に探していたので、土地情報に強い東栄さんに依頼しました。この価格帯では珍しく完全自由設計だし、耐震性も良いし、価格も結構安く抑えられています。ただ、他の性能に比べて断熱性能は少し物足りなく感じます。関東なら必要十分なのかもしれないけど、最近は猛暑続きなので、夏の2階は熱が篭り易く、暑さが気になりました。

【東栄住宅への口コミ】
外観も内装もデザインが地味ですね。特に外観は凄く建売チックというか、個性のあるデザインは苦手みたいですよ。輸入住宅風のデザインも出来なくはないようですが、凄く安っぽい造りになります。シンプルモダンなタイプも高級感が無くてハリボテ感。住宅性能が高いのは評価するけど、所有する満足感は薄い感じしましたね。なので結局他社で契約しました。

【東栄住宅への口コミ】
安かろう悪かろうなんて思っていましたが、逆の意味で期待を裏切られたというか…ここよりコスパの良い所って存在するのでしょうか。折り上げ天井とか勾配天井みたいな設計の自由度があるし、設備も相応なものが備わってます。それにアフターサービスが飯田グループの安心感、これは大きいと思いました。タマホームと迷いましたが、最終的に東栄さんの方が価格も安かったのでこちらにしました。

東栄住宅の「趣暮」での口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

東栄住宅の口コミ・評判をまとめると
    • ・耐震等級3の安心感
      ・長期優良住宅に対応している
      ・価格が安い
      ・保証やアフターサポートが良い
      ・デザインが地味
      ・断熱性能は他社と比べるとイマイチ

東栄住宅は日本一のパワービルダーである飯田グループHDの一員です。飯田グループ全体での一戸建て建築戸数は年間4万6000戸以上、東栄住宅単体でも年間5000棟以上も手掛けています。

これだけ多くの建築戸数があれば、住宅資材や住宅設備の大量生産、または一括仕入れが可能となるので大幅にコストを削減する事が可能となります。「スケールメリット」を活かすという点においては、恐らく飯田グループHDに勝てる工務店は存在しないのではないでしょうか。その位、年間4万6000戸のスケールメリットは圧倒的です。

これだけ多くの建築戸数を手掛けていれば、コスト面だけではなく、施工経験や提案力の面でも大きなメリットがあるでしょう。施主のあらゆる要望に対して、過去に施工した経験があるので安心して依頼する事が出来るのは大きなメリットです。

また建築後のアフターサービスに関しても、小さな工務店の場合、倒産してしまったら以降のアフターサポートを受けられない等のリスクが有るのに対し、これだけ大きな会社の場合、倒産するリスクは相当少ないと考える事が出来るので、安心出来るのも高評価ポイントだと思います。

これらの事を考慮しても、価格に対しての「満足度」はかなり高いのではないでしょうか。決して「高級感」がある訳ではありませんが、価格を抑えながらも一定水準以上の住宅性能や安心感が欲しいとお考えの方にとってはベストな選択肢の一つだと思います。候補に含んでおいて損はないと思われるので、興味がある方はまずはカタログのお取り寄せをされる事をオススメします。

関連記事

  1. ヒロ建工の口コミ評判

    ヒロ建工の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. ファーストホームの口コミや評判

    ファーストホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. サンワ設計 茨城栃木 口コミ 評判

    サンワ設計の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. 石友ホーム

    石友ホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. 益岡工務店

    益岡工務店の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. ステーツ口コミ評判

    ステーツの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • 検討中

    趣暮良いですね。
    住宅性能の評価認定書がキチンと交付されるので安心感が段違いです。
    家を建てる時に一番不安なのって欠陥住宅だと思うのですが、そのストレスがほぼ無くなるメリットは大きいと思います。
    値段もリーズナブルなのも良いですね。
    私も東栄住宅を候補にしたいと思いました。

      • 匿名

      私も趣暮で建てました。ちょっと都会的な箱型のシンプルスタイルに憧れていて、ゼロキューブとかも見たんですけど、不安が付きまとってたんですよね。趣蔵は7項目も最高等級取得してて、しかも自由設計だからデザインの融通も利いたので箱型の家にして貰いました。かなりかっこいい家になったと思います。

    • 匿名

    飯田グループの中で長期優良住宅に標準対応しているのはここだけですからね。他の飯田グループの家よりも明らかにワンランク上の家づくりをしています。元々、飯田グループの家は頑丈さだけは評判が良いので、もう少し品質を上げたい人に合うと思います。

工務店の対応エリアから選ぶ

工務店への最新口コミ