アイダ設計の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

アイダ設計

アイダ設計の詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(4.2)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
ブラーボスタンダード本体価格の目安:1000~1200万円坪単価の目安:32~40万円
ブラーボコンフォート本体価格の目安:1350~1600万円坪単価の目安:45~53万円
アイベスト本体価格の目安:1600~2000万円坪単価の目安:53万円~66万円
断熱材
グラスウール・現場発泡の吹き付けウレタンフォーム
窓仕様
アルミ樹脂複合サッシ+Low-Eペアガラス
換気システム
第3種
制振装置
制震装置「SSダンパー」

目次

アイダ設計ってどんな会社!?

アイダ設計は「正直価格」をコンセプトに、「紛らわしい価格設定をしない」「誤解されるような価格交渉はしない」「不信感を抱かせるような対応はしない」という3点を徹底し明朗会計なスタンスを心がけているハウスメーカーです。

アイダ設計の最大の特徴は「ローコストで自由設計の注文住宅を提供している点」でしょう。商品ごとに価格帯は異なりますが、主力となる「ブラーボスタンダード」では「坪単価32~40万円」と非常に安い価格帯で自由設計の注文住宅を建てることが可能です。ローコストだからといって品質が悪いわけではなく、住宅設備の大量一括仕入れ・自社プレカット工場での構造材加工、自社一貫施工など独自の工夫をすることでコストダウンを実現しています。また、アイダ設計は社名のとおり、もともと「設計」からスタートした会社です。現在でも社内に設計専門の部署を設け年間2000棟以上の実績を重ねるなど設計分野に強みを持っています。コストを抑えつつ、きめ細かい自由設計プランが実現できる点もアイダ設計の嬉しい特徴と言えるでしょう。

自由設計のローコスト住宅をお求めであればアイダ設計は魅力的な選択肢の一つと言えると思います。マイホームの初期費用を抑えたいならば、アイダ設計のカタログをぜひ一度チェックしてみましょう!

アイダ設計の会社概要

工務店名アイダ設計
会社名株式会社アイダ設計
所在地埼玉県 さいたま市 大宮区桜木町2丁目286番地
電話番号048-650-0222
代表者會田 貞光
設立1981年
資本金216(百万円)
売上高50000(百万円)
従業員数1054名
着工数2000件
施工エリア埼玉,東京,神奈川,千葉,茨城,群馬,栃木,宮城,福島,新潟,長野,山梨,静岡,愛知,三重,岐阜,京都,大阪,福岡,佐賀,熊本,鹿児島,沖縄
キャッチコピー正直価格でお客様に向き合う
売り文句・強み「良い家は高い」を覆す

アイダ設計の価格や坪単価を知る

次にみんなが気になるアイダ設計の具体的な価格・坪単価を商品ラインナップごとに割り出していきます。

アイダ設計は多数の商品ラインナップを揃えているハウスメーカーです。この項目ではアイダ設計の主力モデルである「ブラーボスタンダード」、耐震性・断熱性をアップした上位モデル「ブラーボコンフォート」、そして設備・構造ともに最上位モデルの「アイベスト」の3つのタイプの商品をピックアップしてご紹介させて頂きます。

ブラーボスタンダード

  • 本体価格の目安:1000~1200万円
  • 坪単価の目安:32~40万円
ブラーボスタンダードはアイダ設計の主力モデルとなるスタンダードプランです。アイダ設計の商品のなかでもっともローコストで自由設計の注文住宅を実現できるタイプです。 ブラーボスタンダードは間取りプランは自由設計ですが、住宅資材が指定されることと住宅設備が規格設備とすることでコストダウンしています。選択できる住宅設備の幅は他の商品モデルより少なく、またグレードも低い代わりに価格帯ももっとも安く設定されています。 ブラーボスタンダードは上位モデルとは異なり、木造軸組み工法が採用され、断熱材のグレードも低いため、耐震性・断熱性を重視する方はオプションによるアップグレードを検討してもいいでしょう。
ブラーボスタンダード外観画像
ブラーボスタンダード内覧画像1
ブラーボスタンダード内覧画像2

ブラーボスタンダードの特徴

  • アイダ設計のローコストモデル
  • 自由設計の注文住宅
  • 一般的な木造軸組み工法を採用
  • 断熱材にはグラスウールを採用
  • アルミ樹脂複合サッシを採用

ブラーボコンフォート

  • 本体価格の目安:1350~1600万円
  • 坪単価の目安:45~53万円
ブラーボコンフォートは、ブラーボシリーズのハイグレードプランです。ブラーボコンフォートは住宅性能表示制度における「耐震等級」「劣化対策等級」「維持管理対策等級」「断熱等性能等級」「一時エネルギー消費量対策等級」において最高等級に対応するなど、住宅性能に優れた商品モデルです。 特に耐震性・断熱性は優れており、構造には木造軸組み工法をベースにダイライトと呼ばれる耐力面材を施工し強固な耐震構造となっており、また断熱材もグラスウールではなく吹き付けウレタンフォームを採用し高い断熱性を有します。 ブラーボスタンダードと比べて価格帯はやや高めになりますが、住宅性能を重視する方にはオススメのモデルです。
ブラーボコンフォート外観画像
ブラーボコンフォート内覧画像1
ブラーボコンフォート内覧画像2

ブラーボコンフォートの特徴

  • ブラーボシリーズのハイグレードモデル
  • 自由設計の注文住宅
  • 木造軸組み+パネル工法を採用
  • 断熱材には吹き付けウレタンフォームを採用
  • アルミ樹脂複合サッシを採用
  • 住宅性能表示5項目で最高等級に対応
  • 外観・内装・設備グレードが高い

アイベスト

  • 本体価格の目安:1600~2000万円
  • 坪単価の目安:53万円~66万円
アイベストは設備・構造ともにアイダ設計の最高クラスとなる最上位モデルです。構造には通常よりも太いオール4寸柱を採用し、耐力面材を施工し強固な耐震構造を実現。また断熱材には吹き付けウレタンフォームを採用し窓断熱には高性能な樹脂サッシを採用し断熱性能にも優れています。他にも水回り・リビング・居室すべてに「贅沢」を感じられる上品でグレードの高い商品モデルとなっています。 アイダ設計はローコスト住宅であることが大きな特徴ですが、最上位モデルのアイベストは坪単価53~66万円前後となり中堅ハウスメーカーと同等レベルの価格帯となります。ただし、住宅性能・デザイン・設備ともにグレードが高くなっているため、コストを抑えつつハイグレードな住まいを実現したい方にはオススメです。
アイベスト外観画像
アイベスト内覧画像1
アイベスト内覧画像2

アイベストの特徴

  • アイダ設計の最上位モデル
  • 自由設計の注文住宅
  • 木造軸組み+パネル工法を採用
  • 構造躯体にオール4寸柱を採用
  • 断熱材には吹き付けウレタンフォームを採用
  • 断熱性能の高い樹脂サッシを採用
  • オール電化システムを採用
  • 外観・内装・設備グレードが高い

アイダ設計の家の住宅性能を確かめる

アイダ設計で家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

アイダ設計の住宅性能等バランス評価

【解説】
アイダ設計の注文住宅は主力商品の「ブラーボスタンダード」と、そのほか上位モデルの商品で工法(構造)が異なります。ブラーボスタンダードは耐力壁に筋交いを用いる一般的な「木造軸組み工法」を採用し、その他上位モデルでは、耐力壁に構造用面材(パネル)を施工した「木造軸組み+パネル工法」で家を建てています。

ブラーボスタンダードが採用する「木造軸組み工法」は地震エネルギーが構造躯体の接合部に集中しやすく、比較的地震に弱いと言われていますが、上位モデルの木造軸組み工法にパネルを施工したハイブリッド工法は地震に強いです。建物を面(パネル)で支える構造は地震の負荷がパネルを伝わり建物全体にバランス良く分散するため耐震性が高いです。アイダ設計のローコスト商品(ブラーボスタンダード)は標準仕様の構造ではそれほど地震に強くないと思われますので、耐震性の高い建物を希望する場合は「木造軸組み+パネル工法」の商品を選択するか、オプションによる構造アップグレードを検討すると良いでしょう。

またアイダ設計は断熱性能も商品ごとに違いがあります。ブラーボスタンダードは断熱材に一般的な「グラスウール」を採用しているのに対して、その他上位モデルでは断熱材に「現場発泡の吹き付けウレタンフォーム」を採用しています。いずれも断熱層の厚みや具体的な断熱性能の数値は非公開となっておりますので、詳しくは直接ヒアリングすることが必要です。アイダ設計はZEH仕様のモデル(ブラーボゼネクト)以外は、断熱性の具体的な数値(UA値)を公表していないため、気密性・断熱性は弱点と考えておくのが妥当です。

価格帯は主力モデルの「ブラーボスタンダード」は坪単価32万円~40万円前後となりローコストで建てられますが、標準仕様そのままで建てるケースよりもある程度のオプションを付け「坪単価40~50万円」前後となるケースが多いようです。また上位モデルになると坪単価60万円~65万円前後となりますので商品によってはローコストとはいえない価格帯です。

なお、アイダ設計の商品はいずれも自由設計となりますが、商品ごとに標準仕様として選べる住宅設備などは変わります。上位商品ほど選べる住宅設備の選択肢は増え、またグレードもアップします。もっとも基本的モデルとなるブラーボスタンダードはコストを抑えているだけあって外観・内装・住宅設備などのグレードは低いようです。


アイダ設計の耐震性および耐震等級を知る

次に「アイダ設計の注文住宅は地震に対してどれほど強い家なのか?」という点についてもう少し掘り下げて解説していきます。

アイダ設計の注文住宅は「木造軸組み工法」と「木造軸組み+パネル工法」の2つの工法を採用しており、もっともローコストで建てられる主力モデル「ブラーボスタンダード」では木造軸組み工法を採用、そのほかの上位モデルでは木造軸組み+パネル工法を採用しています。

木造軸組み工法は「建物を柱・梁などで支える工法」ですが、木造軸組みパネル工法は「建物を面(パネル)で支える工法」となり、地震に対しては木造軸組みパネル工法の方が強いです。また、アイダ設計は独自に震度7クラスの耐震実験を行い耐震性を実証していますが、この耐震実験をクリアしているのは「木造軸組み+パネル工法」であり、一般的な木造軸組み工法においては耐震実験を行っているか不明です。この点は直接担当者にヒアリングすることが必要です。

また、アイダ設計では「セーフティハウス」という耐震性に特化したコンセプトモデルを販売していますが、こちらは標準仕様で制震システム「SSダンパー」が装備されています。この制震装置はメンテナンスを必要とせず半永久的に地震エネルギーを軽減する効果があり、地震時における建物の揺れをおよそ2分の1に軽減します。

制震システム「SSダンパー」はセーフティハウス以外の商品でもオプション追加で搭載可能ですので、より地震に備えたい場合は採用を検討してみるのも良いでしょう。

なお、アイダ設計の注文住宅はコスト削減のため基本的には耐震等級を取得していません。木造軸組みパネル工法を採用した上位モデルは標準仕様で「耐震等級3に対応可能」となりますが、実際に耐震等級を取得するには申請にかかる実費を負担する必要がありますので注意しましょう。

アイダ設計はローコストモデルのブラーボスタンダードは一般的な木造軸組み工法を採用しているため、あまり地震に強いとは言えませんが、上位モデルの「木造軸組みパネル工法を採用したモデル」であれば地震に強いと言えると思います。またローコストモデル(ブラーボスタンダード)でも、構造をパネル施工の構造にアップグレードしたり、制震システム「SSダンパー」をオプション採用することで地震に強い構造体にすることは可能です。


アイダ設計の断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

次にアイダ設計の断熱性能についてもう少し深堀りしていきます。

アイダ設計の注文住宅は商品モデルによって断熱仕様が異なるため、一概に断熱性が良い・悪いの判断は難しいですが、基本的にZEH仕様の商品(ブラーボゼネクト)以外は、気密性・断熱性の詳しい数値などが非公表となっているので、気密性・断熱性の面はあまり得意としていないと判断するのが妥当です。

まずアイダ設計の主力商品「ブラーボスタンダード」では断熱材にグラスウールを採用しています。グラスウールは日本の一戸建て住宅でもっとも一般的な断熱材で、性能が著しく悪いわけではありませんが、アイダ設計の場合はグラスウールの密度や厚みなども詳しく記載されておらず、また断熱性能の数値も不透明なため「前面にだしてPRできる数値ではない」と判断するのが妥当です。ブラーボスタンダードの詳しい気密性・断熱性の数値は直接ヒアリングしてみましょう。他社と比較してそこまで優秀な数値ではないと思います。

また、ブラーボスタイル・ブラーボコンフォート・アイベストなどの上位モデルでは断熱材に「現場発泡の吹き付けウレタンフォーム」が採用しています。グラスウールと吹き付けウレタンでは、単純な断熱性能では吹き付けウレタンフォームの方が優秀ですので、吹き付けウレタンフォームを採用している上位モデルの方が住宅のトータル的な断熱性能も高いと思われますが、こちらも残念ながら断熱層の厚みや具体的な気密性・断熱性の数値(C値・UA値)は不透明です。アイダ設計の上位モデルでもそこまで気密性・断熱性は高くないと判断するべきかもしれません。

ただし上位モデルのブラーボコンフォートでは「断熱等性能等級4」に対応可能と記載がありますので、ブラーボコンフォートでは「UA値0.87以下」の水準はクリアしていると思われます。いずれにしても、アイダ設計の気密性・断熱性について詳しく知りたい場合は直接担当者にヒアリングすることをオススメします。


アイダ設計のZEH住宅の取り組みについて

アイダ設計はZEH住宅に積極的に取り組んでいるハウスメーカーです。

アイダ設計は「ブラーボゼネクト」というZEH仕様の商品ラインナップを用意しています。

ブラーボゼネクトは他の商品とは異なり、硬質ウレタンフォームを内蔵した「断熱材一体型高性能オリジナルパネル」を採用しており、断熱性能を表すUA値は「0.46以下」を指標としています。UA値0.46という数値は北海道レベルの断熱性能をクリアするレベルですので、非常に優秀です。ブラーボゼネクトは高い断熱性能にくわえ太陽光発電システムhがHEMS(電力を見える化するシステム)などを採用しています。

アイダ設計のブラーボゼネクトはおおよその「坪単価:50~60万円」となり、他社ハウスメーカーのZEH住宅と比べてもリーズナブルな価格帯でZEH住宅を実現することが可能です。ZEH住宅の初期費用をできる限り抑えたいならアイダ設計のブラーボゼネクトは魅力的な選択肢と言えるでしょう。

アイダ設計の実例を一部紹介

次にアイダ設計の手掛けた建築実例をいくつかピックアップしてみましょう。実例をご覧頂くとイメージしやすいはずです。

アイダ設計 建築実例1

アイダ設計の建築実例です。外壁は2色使いでシンプルで飽きのこないデザインに。広いベランダも使い勝手が良さそうです。

アイダ設計 建築実例2

アイダ設計の完全分離型の二世帯住宅プランです。玄関を別々にしてプライベートを確保しています。白とグレー、ツートンの外壁がモダンな雰囲気です。

アイダ設計 建築実例3

アイダ設計の平屋住宅の建築実例です。重心の低い平屋は耐震性も高く、また楽な生活動線を確保できる住まいです。

アイダ設計 建築実例4

アイダ設計のロフトの実例です。およそ3帖で書斎のような使い方ができるスペースです。

アイダ設計 建築実例5

アイダ設計のモデルルームの実例です。天井を高くして開放感抜群のリビングに仕上がっています。

アイダ設計の保証やアフターサービスを紹介

次はアイダ設計の保証やアフターサービスについてみていきましょう。

アイダ設計はローコスト住宅メーカーとしては珍しく「35年長期保証」を採用しています。ただし、注意しないといけないのは初期保証は「10年間」で、その後の保証延長には定期的な点検・有償メンテナンス工事を受ける必要がある点です。アイダ設計は建物の引き渡しから「5年、10年、15年、20年、25年、30年、35年」のタイミングで無償点検を行っており、その都度必要とされる有償メンテナンス工事を受けることで最長35年まで保養が延長するシステムとなっています。

新築マイホームを建築する場合は「品確法」という法律によって「構造躯体の重要な部分」と「雨漏りを防止する部分」に関しては10年間の初期保証が義務付けられています。アイダ設計でも「建物の引き渡しから10年間」は初期保証が付きますが、初期保証10年満了後はアイダ設計が必要と判断する有償メンテナンスを受けないと保証が延長されない点に注意しましょう。

アイダ設計の初期保証は品確法で定められた最低限の範囲ですが、ローコスト住宅メーカーでは保証延長システムも用意されていないケースも多いため、アイダ設計の「最長35年の保証延長システム」は評価できるポイントと言えるでしょう。

アイダ設計は値引きできる?

次にアイダ設計は値引き交渉が可能かどうか?と言う点を見ていきましょう。

結論から言うと、アイダ設計は個別の値引き交渉には消極的なハウスメーカーです。ほとんど対応してくれないケースが多いと思われます。

アイダ設計は「正直価格」をコンセプトの一つとして掲げており、公式ホームページにも「お客様に誤解されるような価格交渉はしたくない」と記載があります。個別の価格交渉に対応してしまうと「常に正直価格でお客様と向き合う」というコンセプトがブレてしまうため、基本的に価格交渉には応じず始めから顧客全員に平等な価格帯で商品を提供している、ということでしょう。

アイダ設計はもともとローコスト価格帯で住宅を提供しているハウスメーカーですので、金額的な部分でサービスを受けるのは難しいと思われます。ただしアイダ設計は注文住宅だけでなく、建て売り分譲住宅なども手掛けており、建て売り住宅は売れ残ってしまっているものは値引きせざるを得ません。建て売り住宅の場合は、多少なりとも価格交渉の余地はあると思われます。

なお、値引き交渉やオプション交渉のやり方・コツに関しては下記のページで詳しく特集しています。ぜひチェックしてみてください。

アイダ設計の口コミから評判を確認

【アイダ設計への口コミ】
アイダ設計でブラーボスタンダードで建てました。決め手は価格です。土地があるなら積水ハウス、住友林業、ダイワハウスなど有名どころも検討したかったですが、土地探しから始める注文住宅だとローコスト住宅で限界ですよ。どちらかというと建物本体よりも立地のいい土地にこだわって建てたので後悔はありません。住み心地も悪くないですよ。贅沢な家というわけではありませんが、普通に暮らす分には全く問題ありません。

【アイダ設計への口コミ】
アイダ設計はローコスト住宅のなかでは設備なども良い方なのではないでしょうか。オプションで吹き付け断熱に変更したので断熱性も悪くないと思います。断熱材を変えてもコストパフォーマンスは他社と比べても優秀だと思いますよ。

【アイダ設計への口コミ】
アイダ設計は営業マンの対応も他社ローコストメーカーより良かった印象です。報連相もよくできていた。結局アイダ設計では契約に至らず、他社の建て売り住宅を購入してしまいましたが、営業マンの評価だけならアイダ設計は一番良かった。ただ、ネットの口コミをみると「アイダ設計の営業マンはレベルが低い」とかなり言われているみたいですね。どこもそうだと思いますが営業マンには当たり外れがあるのでしょうね。

【アイダ設計への口コミ】
アイダ設計の家は外観も内装も安っぽいですよ。よくある建て売り住宅まんまって感じです。せっかく人生で一番の買い物をするのに、どうにも安物だらけの設備だと気分が乗らないよ。

【アイダ設計への口コミ】
アイダ設計で建てるならブラーボスタイル以上のモデルが良いですよ。ただの在来工法のブラーボスタンダードは構造上ちょっと不安。制震ダンパーまではいらないと思っていますが、最低限パネル施工の耐震工法にはしておいた方が安心できると思います。それに、ブラーボスタイル以上なら断熱材も吹き付けウレタンなので、気密・断熱の面でもアドバンテージがあります。

【アイダ設計への口コミ】
自分もそうだけどマイホームの資産価値を重視すると建物は最低限でOK、その代わり土地にはお金をかけたいという層にはアイダ設計は魅力的な選択肢です。建物のグレードは価格相応とはいえこれだけ安く建てられるところはそうないと思います。

【アイダ設計への口コミ】
アイダ設計はメンテナンスコストが高過ぎる。初期費用を安く抑えられてもこんなにランニングコストがかかる家はコスパがいいとは言えないですよ。アイダ設計の公式HPのメンテスケジュール見てみるといいですよ。

【アイダ設計への口コミ】
基本モデルのブラーボスタンダードを標準仕様で建てるなら坪単価30万円ちょっとで建てられるみたいですけど、結局オプションを付けるのでそこまで安くならないです。結局オプションを付けて坪単価50万円超えるということだったのでお断りしました。坪単価50万円超えるなら別にアイダ設計でなくても建てられるので。

アイダ設計のインターネット上での口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

アイダ設計の口コミ・評判をまとめると
  • ローコストで注文住宅が建てられる
  • 建物よりも土地にお金をかけたい人にオススメ
  • ローコスト住宅では設備グレードが良い
  • 営業マンのレベルは評価が分かれる
  • 外観・内装が安っぽい
  • パネル施工ではない木造軸組み工法は耐震性が不安
  • メンテナンスコストが高くつく
  • オプションを付けると結局そこまで安くない

アイダ設計の口コミ・評判は、ローコストで注文住宅を建てられる点については肯定的な内容が見受けられましたが、家のクオリティやメンテナンスコスト、営業マンの対応などに関しては評価が分かれるようです。また建物のクオリティは価格相応ですが、建物よりも土地にお金をかけたい場合にも魅力的な選択肢と言えるようですね。

当ページの冒頭でも述べたとおり、アイダ設計の注文住宅の最大の特徴は建物本体価格を低コストで抑えられる点です。住宅性能や外観、内装グレードなどは価格相応ですが、ローコストで自由設計の注文住宅を建てられる点はメリットです。ローコスト住宅を検討しているならば、アイダ設計の「家のグレード」「住宅性能」「価格帯(坪単価)」は指標の一つとなると思います。

ローコスト住宅でマイホームを検討されている場合は是非一度アイダ設計の注文住宅をチェックしておくと良いでしょう。

関連記事

  1. 大進建設 青森 口コミ 評判

    大進建設の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. ジブンハウス 口コミや評判

    ジブンハウスの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. アサヒアレックス 工務店 口コミ 評判

    アサヒアレックスの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. 健康住宅

    健康住宅の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. ヒロ建工の口コミ評判

    ヒロ建工の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. 七呂建設の口コミや評判

    七呂建設の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名

    安いのは間違いないけど、制限は結構多いと思っておいた方が良いです。完全自由設計って割にはオプション採用しようとすると結構な金額上乗せされます。他でも同じかもしれないけど、設備のオプション価格を比べると結構高いなぁと感じたね。

    • 匿名

    確かにオプションは割高に感じるかもしれないですね。我が家は断熱や壁紙と床材、キッチン変更などを行いましたが300万円弱のオプション費用が上乗せされました。結局1800万円を超えてしまったので、この値段なら他所でも良かったかな~と。

    • 匿名

    うーん、私はオプション変更してもアイダは安いと思いますけどね。他社と比較するとかなり割安に感じますよ。営業マンがかなり忙しそうにしてたけど、人気の理由もわかりますよ。

工務店の対応エリアから選ぶ