新昭和(ウィザースホーム)の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

新昭和(ウィザースホーム)の口コミ評判

新昭和(ウィザースホーム)の詳細スペック

性能レビュー
★★★★★
★★★★★
(4.2)
  • 高い断熱性能
  • 高い耐震性能
  • 長期優良住宅
  • 低炭素住宅
  • ZEH対応
  • 高い窓性能
  • 省エネ住宅
  • 換気システム
  • 地盤保障
  • 長期無料保証
価格調査
設備・仕様
商品名本体価格坪単価
プレステージリアード本体価格の目安:2100万円~坪単価の目安:60万円~
リモージュ本体価格の目安:1900万円~坪単価の目安:55万円~
ラ・ヴィアンシュ本体価格の目安:1900万円~坪単価の目安:55万円~
断熱材
硬質ウレタンフォーム
換気システム
1種
制振装置
オリジナル制震装置「J-ECSS(ジェイ・エックス)」

目次

新昭和(ウィザースホーム)ってどんな会社!?

株式会社新昭和は千葉県を拠点に関東エリアで注文住宅を手掛けるハウスメーカーです。フランチャイズ展開している《クレバリーホーム》の主宰を手掛けるほか、注文住宅ブランド「ウィザースホーム」も事業の柱としています。

新昭和の「ウィザースホーム」は北米生まれの「木造2×6工法」「外壁タイル」を標準採用しており、累計2万5000戸以上、年間1200棟以上の施工実績を誇る人気の注文住宅ブランドです。

木造2×6工法と言えば高級注文住宅メーカーが採用する工法としても有名ですが、新昭和の「ウィザースホーム」は価格を抑えながらも「木造2×6工法」を採用しています。一般的な2×4工法に比べて壁に厚みを持たせる事が出来るので、居住空間は少し狭くなりますが、断熱材を分厚く施工する事が可能になり、高気密高断熱住宅を実現する事が出来る工法となります。

「外壁タイル」は家の外観に重厚感や高級感を与えてくれるだけではなく、一般的なサイディング外壁に比べて、メンテナンスが楽で耐久力があるのが大きな特徴です。築20年、30年経っても新築のような綺麗な外観を保つ事が出来るのは大きな魅力ではないでしょうか。他社で外壁タイルを採用しようとすると高額オプションが当たり前ですが、ウィザースホームでは標準装備。これが人気の理由の一つでしょう。

新昭和のウィザースホームは家づくりにおいて3つの拘りを持っています。

・人も家もロングライフ
人生100年時代を見据えたライフサイクルコストと住む人の健康にまで配慮した家づくり

・暮らしに寄りそうデザイン
施主の要望やライフスタイルに合わせた提案や収納コンサルティングによる将来を想定した収納スペースの提案

・安心が続く強い家
木造2×6工法による頑丈な構造で災害に強い構造躯体を実現

これら3つの拘りにより「100年住む家」を実現するのが新昭和「ウィザースホーム」のコンセプトです。特に「収納コンサルティング」による提案は間取りに工夫を取り入れる事が出来るので必見の内容です。

マイホームを建ててから「失敗した」「後悔している」と感じる部分で最も多いのは「収納の不満」です。収納スペースが足りなかったり、使い勝手の悪い収納への動線は日々の生活の中でストレスが溜まってしまいます。

使用頻度の多い収納や将来を想定した収納スペースの配置など、ウィザースホームの提案プランは「なるほど」と感じる間取りが多いのが特徴です。もし他社で検討されている方にとってもウィザースホームを候補に入れておけば新しい発見が有るかもしれません。まずはカタログのお取り寄せをしてどのような提案があるのか、チェックしてみては如何でしょうか。

新昭和(ウィザースホーム)の会社概要

工務店名新昭和(ウィザースホーム)
会社名株式会社新昭和
所在地千葉県 君津市 東坂田四丁目3番3号
電話番号043-209-6380
代表者松田 芳己
設立1970年
資本金1082(百万円)
売上高5456(百万円)
従業員数1187名
着工数1270件
施工エリア千葉県,茨城県,東京都,埼玉県,神奈川県,山梨県
キャッチコピー人も家もロングライフ
売り文句・強み木造2×6工法による「災害に強い家」「高気密高断熱な家」、そして外壁タイルが標準装備

新昭和(ウィザースホーム)の価格や坪単価を知る

新昭和「ウィザースホーム」はライフサイクルコストを抑えた「人生100年時代」を見据えたロングライフ住宅を手掛けています。

ライフサイクルコストとは、建築時に掛かる初期費用の他に、毎月の光熱費等の「エネルギーコスト」や、修繕等に掛かる「メンテナンスコスト」を合わせた「生涯で住まいに掛かるコスト」の事です。

初期費用だけではなく実際にマイホームに住み始めてから掛かる費用を抑える為の家作りが考慮されています。その一例として挙げられるのが「タイル外壁標準装備」です。一般的なサイディング外壁の場合、10年~15年に一度はメンテナンスが必要とされていますが、「タイル外壁」はメンテナンスコストを大きく抑える事が可能です。新昭和の試算では、50年間で外装メンテナンスに掛かる費用が、一般的なサイディング外壁に比べて「約400万円以上削減できる」としています。

新昭和「ウィザースホーム」の商品は、全商品で「タイル外壁」が標準装備。その時点でかなり「お得」に感じられる方が多いのではないでしょうか。商品や提案プランは多数用意されていますが、その中でも人気の3商品をピックアップして紹介させて頂きます。

プレステージリアード

  • 本体価格の目安:2100万円~
  • 坪単価の目安:60万円~
「時代に左右されない格調の高い邸宅の系譜」をコンセプトにしたウィザースホームのフラッグシップモデルです。上質なスクラッチブリックタイルを採用する事で、外観に重厚感を演出しています。その佇まいはまるで西洋の洋館を彷彿とさせます。高性能な2×6工法をベースに高気密高断熱住宅も実現しています。価格は高いですが、高級注文住宅に負けない品質を実現する事が可能です。
プレステージリアード外観画像
プレステージリアード内覧画像1
プレステージリアード内覧画像2

プレステージリアードの特徴

  • 上質なデザインと品質
  • 標準装備も全て上位グレード
  • 2×6工法と外壁タイルが標準装備

リモージュ

  • 本体価格の目安:1900万円~
  • 坪単価の目安:55万円~
木造2×6工法をベースに「シンプルモダン」な外観と外壁タイルを組み合わせた近代デザイン。フランス磁器の聖地を冠したモデルは外観タイルへの強い拘りを表しています。「オーセンティック」「スタイリッシュ」「ナチュラル」「ジャパニーズ」「アーバンコード」「ファザードコレクション」の6つのタイプから好みの外観デザインを選択する事が可能です。
リモージュ外観画像
リモージュ内覧画像1
リモージュ内覧画像2

リモージュの特徴

  • 6つのデザインタイプから好みのものを選択可能
  • 2×6工法と外壁タイルが標準装備

ラ・ヴィアンシュ

  • 本体価格の目安:1900万円~
  • 坪単価の目安:55万円~
スペイン南部アンダルシア地方を彷彿させる外観デザインに外壁タイルを融合したスタイル。可愛さと洗練さを組み合わせる事で、新しい一面を見せてくれる外観デザインです。アースカラーが優しさを演出する波瓦屋根が印象的です。内装は「ライトヴィンテージ」「フレンチシック」から選ぶ事が出来ますが、そちらも木の温もりを感じる優しいデザインを採用しています。女性に人気のモデルです。
ラ・ヴィアンシュ外観画像
ラ・ヴィアンシュ内覧画像1
ラ・ヴィアンシュ内覧画像2

ラ・ヴィアンシュの特徴

  • 3つの外観デザインと2つの内装スタイルから選択可能
  • 2×6工法と外壁タイルが標準装備

新昭和(ウィザースホーム)の家の住宅性能を確かめる

新昭和(ウィザースホーム)で家を建てるにしても、他社で建てるにしても、新築の住宅性能表示を参考にすれば、すべての家の性能が同じ基準で性能を比較できます。どんな家でも新築の場合は必ず掲示されている事項で、家づくりに欠かせないチェックポイントとなりますから、必ず確認しましょう。

1.耐震等級

災害からご家族と住宅を、強固な躯体で守る

耐震性能や耐震等級は、あとから上げたいと考えても躯体の構造計算からやり直ししなければならないですし、一部の家屋を取り壊ししないと耐震等級は上げられないレベルの大規模な改修工事が必要となります。

2.断熱等性能等級

1年中快適な暮らしをしたいなら断熱気密は重要

断熱材は主に基礎部分と床の間、壁内部、天井や屋根に施工されています。断熱等性能等級を上げるということは、すなわち断熱材をアップグレードすることになり、壁や床を壊してやり直さなければなりません。

3.一次エネルギー消費量等級

今やエコ住宅は常識。電気代0円のZHE住宅も人気

こちらはリフォーム可能ですが、新築時の取付設備に省エネ性があった方が光熱費も安く家計と環境に優しい。長期優良住宅認定やフラット35S適合証明も取得できるので、光熱費の削減だけでなく金利や住宅ローン控除のメリット部分も大きい。
※これらは後から付け加えたり変更する場合は大きな支出が発生します。容易に変更が難しい項目のため、契約の前に調査・比較しておく必要があります。

新昭和(ウィザースホーム)の住宅性能等バランス評価

【解説】
新昭和のウィザースホームは耐震性や断熱性など、住宅性能に力を入れている会社です。全商品で耐震等級3相当の耐震性能を保持出来ているのも、強固な木造2×6工法を採用しているのが大きいでしょう。6面体で建物を支えるモノコック構造で、重量のある外壁タイル材もしっかりと支えています。

木造2×6工法は壁が分厚いので断熱材も厚く施工する事が出来ます。断熱性能に関しても関東エリアのZEH基準を大きく超える性能を示しています。

これだけコストを掛けた家づくりを行っているので、価格は相応に高めとはなりますが、他社では高額オプションとなる外壁タイルが標準装備されている事も考慮して、比較検討を行うようにしたいですね。


新昭和(ウィザースホーム)の耐震性および耐震等級を知る

新昭和のウィザースホームは耐震性を重視した家づくりを行っています。北米生まれのツーバイ工法は壁で建物を支える構造で、天井と床を合わせた6面体構造(モノコック構造)とする事で強靭な構造躯体を実現する事が出来ます。このモノコック構造は新幹線や航空機でも採用されている構造で外力に強いのが特徴。耐震性に優れた工法として広く認知されています。

ウィザースホームで採用される壁は「壁倍率5.0倍」の非常に優れた耐力壁が採用されており、開口部の耐久性を高める「エンジニアリングウッド」や床根太の部材として「I型ジョイスト」を採用。構造だけでなく使用される資材も強度の高いものが採用されています。

新昭和のウィザースホームは標準装備で外壁タイルが採用されています。外壁タイルはサイディングに比べて重量があるので、より頑丈で耐震性の高い構造躯体をつくる必要があります。ウィザースホームは全商品で「耐震等級3相当」の耐震性を実現しているので、外壁タイルも安心して採用出来ると思います。

また制震技術もオプションで採用可能で、オリジナル制震装置「J-ECSS(ジェイ・エックス)」を採用する事が出来ます。耐震性能を更に強化したい方はこちらのオプション採用を検討してみては如何でしょうか。


新昭和(ウィザースホーム)の断熱性能・断熱材および断熱等級を知る

新昭和のウィザースホームは壁の分厚い「木造2×6工法」を採用しています。具体的には2×4工法に比べて約1.6倍もの壁の厚さがあり、壁が分厚ければそれだけ断熱材も分厚く施工する事が出来るので、高気密高断熱住宅を実現し易くなります。

ウィザースホームでは「エアロフォーム断熱」と呼ばれる硬質ウレタンフォームの吹付断熱を採用しており、隙間無く施工する事で断熱性だけではなく気密性を高める施策も取り入れられています。

また天井部分には「ブローング工法」で300㎜の厚みで断熱材を隙間なく施工し、床下には熱伝導率が世界最高水準のネオマフォームを採用。家の中をぐるんと断熱材で包み込む事で魔法瓶のような効果が期待出来ます。

断熱性能を表す数値として「UA値」が採用されますが、新昭和のウィザースホームでは公式ホームページ上で「UA値0.39」と公表しており、かなり高水準な断熱性能がある事が判ります。少なくとも関東エリアでは夏涼しく冬は暖かい、快適な家を実現する事が可能です。


新昭和(ウィザースホーム)は外壁タイルが標準装備

新昭和のウィザースホームは外壁タイルが標準装備されている事で人気の住宅メーカーです。新昭和を選ばれる方の多くは、この外壁タイルに魅力を感じられているのではないでしょうか。

他社で外壁タイルを採用しようと思えば、高額オプションです。数百万円追加で掛かってしまうケースも珍しくありません。新昭和では外壁タイル材を自社で開発・製造しているので標準装備が可能となっています。勿論、外壁タイル材分の費用は最初から上乗せされている訳ですが、自社製造だからこそ価格を抑える事が可能となっています。

外壁タイルの魅力は、基本的にはメンテナンスフリーで大丈夫な点が挙げられます。一般的なサイディング外壁に比べてメンテナンスコストを抑えられる分、初期費用が掛かっても実際に暮らしてから掛かる費用を抑える事が可能な点は大きなメリットです。

また外観に高級感や重厚感を齎す事が出来るので、「所有する喜び」を得る事が出来るのも醍醐味。但し、標準装備で選べる外壁タイル材は造詣が少し浅いものが多く、造詣の深いタイル材は追加オプションが必要な場合があるので予算オーバーにならないよう気を付けるようにしましょう。

新昭和(ウィザースホーム)の実例を一部紹介

新昭和実例外観1
新昭和実例外観2
新昭和実例外観3
新昭和実例外観4

新昭和のウィザースホーム最大の魅力は外壁タイルが標準装備されている事。外観に重厚感や高級感を与えてくれるだけではなく、メンテナンス費用もグッと抑えてくれます。

新昭和内装実例1
新昭和内装実例2

開放感のあるリビング実例。好みに合わせて多様なスタイルから内装デザインを選択する事が可能です。

新昭和(ウィザースホーム)の保証やアフターサービスを紹介

新昭和のウィザースホームで新築した場合、引き渡しから10年間は「構造躯体の重要箇所」「雨漏りの侵入箇所」について無償で保証を受ける事が出来ます。この保証は法律で義務付けられている初期保証期間であり、最低限受ける事の出来る保証期間です。

尚、10年目以降に5年毎の有料メンテナンス工事を受ける事で、保証期間は最大で30年目まで延長する事が可能です。保証を延長する為には有料のメンテナンス工事が必要なので、費用がどの位掛かるのかについては、事前に確認を取るようにしましょう。

無料定期点検に関しては「1ヶ月目」「2ヶ月目」「6ヶ月目」「1年目」「2年目」「10年目」の頻度で点検を行ってくれます。これに関してはかなり厚遇な印象があります。尚、保証延長制度を利用した場合は引き続き無料の定期点検を行ってくれるそうです。

新昭和(ウィザースホーム)は値引きできる?

工務店値引き

マイホーム購入は人生で一番大きな買い物になる方が殆どだと思います。金額が大きいので金銭感覚がマヒしがちですが、1万円でも10万円でも安く購入出来るのなら安く購入したいですよね。この項目では新昭和の注文住宅ブランド「ウィザースホーム」は値引き交渉が可能なのかについてチェックしたいと思います。

基本的に注文住宅業界は値引き交渉が当たり前のように行われている傾向があり、多くのハウスメーカーや工務店で値引きに応じて貰えるケースが多々あります。値引き額の相場としては本体価格の5%程度が一般的ですが、値引き交渉のやり方やタイミング次第でももっと大きな譲歩を引き出せる場合もあります。

また、金額面での値引き交渉が難しい場合でもオプションをサービスして貰えたり、カーテンや照明などの設備をサービスして貰えたりする場合もあります。少しでもお得にマイホームを新築したいとお考えの方は、下記の値引き交渉のコツや、効果的な交渉等をまとめた特集ページをチェックしてみて下さい。

新昭和(ウィザースホーム)の口コミから評判を確認

【新昭和(ウィザースホーム)への口コミ】
新昭和の全面タイル貼りの家に憧れて3年前に建てました。一条工務店やセキスイハイムなどもタイルの家をやっていますが、値段的に手が出なかったので新昭和さんに決めた次第です。3年経ちますがやはりタイル外壁は存在感があって、外観がとても良いですね。二軒隣に大和ハウスの家が建ちましたが、全く見栄えは負けていないです。素晴らしい家を建ててくれた新昭和には感謝しています。

【新昭和(ウィザースホーム)への口コミ】
最初は木造でタイル外壁なんて重たくないのか不安でしたが、2×6工法と聞いて安心しました。在来工法にタイルは流石に耐震性に不安がありますからね。2×6工法を扱っているHMや工務店は高い所が多いし、新昭和が一番コストパフォーマンス的に優れているように感じました。

【新昭和(ウィザースホーム)への口コミ】
キャンペーンで全館空調が付いている商品があって、それで申し込みしました。新昭和の全館空調はヒノキヤのやつと仕組みが似てるみたいですね。外壁のタイルもメンテナンス費用が安く済みそうですし、ちょっと割高に感じる部分はありますが、標準装備されているものを考えれば安いのかもと自分に納得させました。

【新昭和(ウィザースホーム)への口コミ】
パッと見はタイルや瓦屋根のせいで凄く高く見えます。その割に価格はそこそこ安く抑えられています。なので価格以上に高く見える家が欲しい人には丁度良いのだと思います。ただ、標準の外壁タイルは安っぽい質感で、少し高級感のあるものは全てオプション。結局こういうところでお金儲けしているんですよね。それに外観に比べると内装はかなり物足りない印象です。外観に全振りした会社って印象ですかね。

【新昭和(ウィザースホーム)への口コミ】
断熱性も良くて、タイルも豪華だし、少し予算オーバーでしたが新昭和で建てて良かったですね。ただ営業マンのレベルはかなり低かったですし、現場作業員もちょっと…と思う部分がありました。アフターサービスもこちらから連絡しても中々担当の方に繋がらない事もあり、その辺りはストレスに感じましたね。

新昭和の「ウィザースホーム」の口コミをまとめるとこのような評判が多いようです。

新昭和(ウィザースホーム)の口コミ・評判をまとめると
    • ・外壁タイルが高級感ある
      ・2×6工法で頑丈な造りで安心
      ・ローコストに比べると価格が少し割高に感じる
      ・外観に比べると内装の質感が物足りない
      ・営業マンに対する不満が多い
      ・現場施工に対する不満が多い
      ・アフターサポートに対する不満が多い

新昭和は全国フランチャイズ展開している《クレバリーホーム》の主宰もしていますが、自社の注文住宅ブランドとして「ウィザースホーム」も手掛けています。ウィザースホームは北米生まれの木造2×6工法をベースに頑丈な構造躯体を実現し、重量のある外壁タイルでも必要十分な強度や耐震性を実現しています。

また夏涼しく冬暖かい家を実現する事が可能な点も推しポイントです。元々、ツーバイ工法は気密性に優れた構造をしているので、断熱性能の確保が容易なのですが、断熱材を分厚く施工する事で更に高い断熱効果を得る事が出来ます。「UA値0.39」は関東エリアでは必要十分な基準を満たしているので快適な住環境を実現する事が出来るでしょう。

新昭和の注文住宅はローコスト住宅に比べればやや割高に感じられるかもしれませんが、高級注文住宅で採用される事の多い木造2×6工法である事や、他社で外壁タイルを採用した場合の費用を考慮した場合、かなり「お得」に感じられる方も多いのではないでしょうか。価格帯的にはミドルクラス以上ですが、外壁タイルに魅力を感じられている方は候補に含めておきたい会社だと思います。まずはカタログのお取り寄せをして頂き、競合他社と良く比較される事を推奨致します。

関連記事

  1. トータテハウジングの口コミや評判

    トータテハウジングの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  2. 石井工務店 口コミ 評判

    石井工務店の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  3. アイ工務店の口コミや評判

    アイ工務店の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  4. 日栄商事

    日栄商事の坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  5. BESS

    BESSの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

  6. アイフルホーム 口コミ 評判 工務店

    アイフルホームの坪単価とみんなの口コミや評判をリサーチ!

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名

    新昭和と比較するならどこが妥当でしょうか。住友林業も気になっていて、友人に相談したら住友林業の方をおすすめされました。

    • 匿名

    住友林業あたりと比べたら格落ち感はあるだろうけど、値段もその分安い訳だし。比べるなら一条工務店あたりの方が妥当かも。あっちも同じ2×6工法だし。

    • 匿名

    新昭和は外壁タイルが注目される事多いけど、個人的には2×6工法の部分に魅力を感じています。居住スペースこそ狭くなりますが、壁が分厚くて断熱材を目一杯詰める事が出来るので高気密高断熱になり易いです。2×6工法を採用しているハウスメーカーって三井ホームとか一条工務店とか、大手が多いですから、予算的にも新昭和の家が希望です。リモージュで建てた場合はどの位の予算を見ておいた方が良いでしょうか。

      • 匿名

      我が家はリモージュでほぼ標準仕様の中から選択して、何とか坪単価60万円ちょっとに抑えました。標準仕様で十分満足出来ると思ったので。外壁タイルや陶器瓦を他社でオプション採用したら100万円以上は掛かりそうなので、その分を差し引くと結構コスパも良いんじゃないかと自画自賛してます。

工務店の対応エリアから選ぶ